2019/08/16

【国税専門官の面接カード】適性が見られるってホント?書き方・コツを紹介!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

私が噂のせんせいです(笑)

「こんな『せんせい』がいたらよかったのに!!!」

という受験生の想いを叶えるべく私が存在してます(笑)

・誰かに相談したい…

・面接が苦手…

・何からやればいいかわからない…

あなたの状況に応じてアドバイスしてます。

「フォローするかしないか、悔いが残らない方を自分で選べ」↓  

公務員試験専門家
@マジ指導

公務員試験面接対策

この記事を書いている人 - WRITER -
公務員試験専門家@マジ指導
私が噂のせんせいです(笑)「こんな『せんせい』がいたらよかったのに!!!」という受験生の想いを叶えるべく私が存在してます(笑)・誰かに相談したい...・面接が苦手...・何からやればいいかわからない...あなたの状況に応じてアドバイスしてます。「フォローするかしないか、悔いが残らない方を自分で選べ」→  Twitterアカウントはコチラ

国税専門官は国税の刑事です!

適性+人物をアピールしていきましょう!

さて今回は国税専門官の2次試験の人物試験の際に使用する面接カードについて詳しく紹介していきたいと思います。

まぁいきなり面接カードといわれてもわけがわかりませんよね。

このページだけで面接カードの概要からポイントまで徹底的に解説していきたいと思います。

面接カードを書く際の注意点をはじめに言っておきます。

それは

自己分析をきちんとしてから面接カードを書くこと!

です!

ちなみに面接カードの内容は国家総合職、国家一般職、労働基準監督官、市役所などの自治体ごとに異なります。

なので試験ごとに面接カードに沿って書き方やポイントを詳しく説明していきたいと思います。

 

自分が受ける予定の面接カードはチェックしておきましょう!

 

今回は国税専門官編です!

では参りましょう!

 

じつは国税と労基は面接カードが一緒なんだ!
まぁ国税は面接カードに沿って行われないことが多くて困っちゃうけどね!

せんせい

なるほど。
でも、とりあえずはコレを上手く作っていかなきゃならないんだよね!

ネコ23歳

 

面接カードとは?

公務員志望の人は数えきれないほどいます。

そんな公務員志望の人全員を対象に面接試験を行うためには効率よく面接する必要がありますよね。

なのであらかじめ面接カードというものを書かせておいて、それに沿って面接試験が行われるんですね!

志望動機、自己PR、今まで頑張ってきたことなどを書いた紙を提出しておいて、それに対して面接官が気になったことをズバズバ質問していくといった感じです。

もちろん面接カードに書いたこと以外のことも質問されますが、基本的には面接カードに沿って面接が行われます。

なのでこの面接カードをいかにうまく作ることができるかが重要になってくるわけです。

ちなみに国家公務員の面接時間はひとり当たり約15分となっています。

市役所の場合は面接が重要視されているのでひとり当たり20~40分で行われるのが一般的です。

では国税専門官の面接カードを見てみましょう!

ちなみに国家公務員専門職の面接カードが国税専門官の面接カードとなります。

 

自己分析をして、強みを把握してから面接カードを書くとスムーズにかけるよ!

せんせい

なるほど!
じゃあグッドポイント診断やっておくわ!

ネコ23歳

この診断は自分の本当の強みがわかるから、合格率も大幅にUPだね!
ちなみに私の強みもマジで当たっててびっくりしたよ!

せんせい

 

国税専門官(専門職)の面接カード

労働基準監督官の面接カードを極めようこれ(↑)が国税専門官の面接カードとなります。

専攻・得意分野までが自分のプロフィールとなりますので、ここは自分のものを書けばOKです。

主な内容はここからです!

  • [志望・受験動機] 
  • [専攻分野・得意分野]
  • [最近関心や興味を持った事柄]
  • [印象深かったこれまでの体験]
  • [自己PR]
  • [趣味、特技など]

国税専門官の面接カードはこの6段落構成となっています。

国税専門官の面接カードは、補助線が無いので行数を自分で決めれるという点が特徴的ですね!

 

最初に補足説明をしていきたいと思います。

[志望・受験動機]
補足説明なし[4行がベスト]

[専攻分野・得意分野]
学業や職務経験を通じたもの(あれば、専攻演習、卒論・修士論文のテーマ等)[3行がベスト]

[最近関心や興味を持った事柄]
社会生活、時事問題、社会情勢など[2行がベスト]

[印象深かったこれまでの体験]
学校生活や職務、ボランティア活動、アルバイトなどの体験を通じて[2行がベスト]

[自己PR]
長所や人柄について。[4行がベスト]

[趣味、特技など]
補足説明なし[4行がベスト]

補足説明は以上です。

 

補足説明少なすぎだと思いませんか?(汗)

書き方も誰も教えてくれないし…どうやって書けば良いか全然わかりませんよね。

とくに細かく書こうとしすぎてしまって、うまく書けずに悩んでしまう人も多いと思いように感じます。

面接をスムーズにこなすためにも面接カードはうまく書いていきたいですよね!

 

ちなみに志望動機だけあえて4行にしましたが、これは個人的なオススメポイントとなります。

面接カードをパッと見た時に志望動機だけちょっと細かく書いてあったらそれだけでイメージが違いますからね!

 

ではさっそく面接カードを書くポイントについて細かく解説していきたいと思います。

 

国税も学歴が関係ないのね!

ネコ23歳

そう!公平に試験が行われるんだ!

せんせい

 

国税専門官の面接カードを書くポイント『記入例あり』

[面接カードを書くポイント]

  • ①字は大きく
  • ②具体的に書きすぎない
  • ③結論を最初に書く
  • ④項目ごとにしっかりとエピソードを用意する

ポイントはこの4つだけです!

ではこれらのポイントについて簡単に紹介していこうと思います!

 

ポイント1:字は大きく!

①”字は大きく”というのも、米粒みたいな字で書く人が非常に多いんですね。

面接官も何十人もの受験生の面接カードを見るので、目が疲れてしまいますよね!

目安としては一行あたり30~35文字くらいがベスト!

多くても35~40文字以内にはまとめるように。

面接カードは大きな文字でなるべく丁寧に書くようにしましょう!

 

 

ポイント2:具体的に書きすぎない!

②”具体的に書きすぎない”ということがふたつ目のポイントです。

数字などを用いて具体的に書くことももちろん大事ですが、すべて具体的に書いていたらきりがありません。

また、細かく書きすぎてしまうと面接官が質問することが無くなってしまいますしね!

ある程度抽象的に書いて足りない部分は言葉で説明しましょう!

 

ポイント3:結論を最初に書く!

③”結論を最初に書く”ということがみっつ目のポイントです。

例えば自己PRで

  1. 「私は運動部で部長を任されるという経験から、リーダーシップ力が身に付きました。」
  2. 「私にはリーダーシップ力があります。それは運動部で部長を任された経験から身に付きました。」

この2つの文は同じ意味ですが、先にだらだらと説明を書いている1よりも、ビシっと最初に結論を持ってきている後者2の方がすっきりした文章になります。

 

 

ポイント4:エピソードは奥深くまで用意!

”エピソードについてはどんな質問がきても説明できるようにしておくこと”がよっつ目のポイントです。

面接カードに書いてあることについて、面接官からいくつも質問されるので、自分が頑張ったことや自己PRなどすべての項目で、それを裏付けるエピソードをきちんと用意しておきましょう!

その分面接カードに書く内容は簡潔に要点だけ書いておけばいいという事です。

 

先に突っ込みポイントだけ紹介しておきます!

エピソードの質問ポイント

  • ①エピソードの概要について話せるか
  • ②なぜそれに取り組もうと思ったのか
  • ③目標・目的・問題等はあったか
  • ④③を達成(改善)するために工夫して行動・努力した点はなにか(重要)
  • ⑤つらかったこと・失敗したことはあるか
  • ⑥⑤のときどう対処・行動したか
  • ⑦これらの経験を通してどんな力が身に付いたか
  • ⑧得た力を今後どのように活かせるか

エピソードについてはこの8項目すべてを用意しておきましょう!

 

それではこの4つのポイントを踏まえて、国税専門官の面接カードに沿った細かい説明をしていきたいと思います。

 

一般企業のES(エントリーシート)は参考にしちゃいけないよ!
公務員の面接カードは枠が小さいから端的に書かないと!
足りない部分は口で説明すればOKだからね!

せんせい

面接カードは伝えたいところだけうまくまとめて書いていけばいいってことね!

ネコ23歳

 

コンピテンシー型の面接試験とは?

最近は行動特性を見られるコンピテンシー型の面接方式が採用されています。

[コンピテンシー型面接とは]

ぺらぺら話すだけではなく、受験者がある壁にぶつかったときどのように考え、どのように行動してきたのか、また、どのように改善することができたのかなどを聞かれる受験者の行動特性を見られる面接試験の事です。

例えば、

「部活でキャプテンをしていた」というひとつの発言に対して

面接官が

「なぜキャプテンになったの?自主的に?それとも回りの人から推薦されたのか?」

「なにかつらいことはあった?」

「その壁をどう乗り越えた?」

このように行動特性を深く突っ込まれる面接方式のことをコンピテンシー型面接といいます。

 

嘘が通用しなから、なるべく本当の自分の強みやエピソードを書かないとね!
面接官にバレたらアウトさ!

せんせい

なるほど!
留学してないのに留学したなんて言ったらすぐばれちゃうね(汗)

ネコ23歳

 

【国税専門官の面接カード】書き方・コツを紹介!

もう一度、国税専門官の面接カードの項目を紹介しておきます!

【面接カードの項目】

  • [志望・受験動機] 
  • [専攻分野・得意分野]
  • [最近関心や興味を持った事柄]
  • [印象深かったこれまでの体験]
  • [自己PR]
  • [趣味、特技など]

これからこの項目ごとに書き方やコツを紹介していきたいと思います!

では参ります!

 

 [志望動機・受験動機] 記入例あり

志望動機を書くポイントは3つです。

  • なぜ国税専門官になろうと思ったのか、そのきっかけを書く
  • ”国税専門官として~がしたい”という強い意志を書くこと
  • 活かせる強みがあればそれを書くのも可

「なんでわざわざ専門職である国税を受験したの?」というのが面接官が突っ込んでくるポイントなんですね。

なんせただの併願先として受ける受験生が多いですから。

面接官もそれを見抜きたいわけですよ!

 

これらの疑問を解決してあげるような、納得されられるような、そんな志望動機が書きたいですよね!

なのでまずは国税専門官になりたいと思ったきっかけを書くことをオススメします。

「大学の講義で税に興味を持った」「説明会で興味をもった」「ドラマを見てあこがれた」などと、国税専門官について魅力を感じた点について書きましょう!

目指そうと思ったきっかけなので自由に書いてOKです。

 

次に国税専門官として~がしたいという強い思いは絶対に書いておきましょう。

「~として活躍していきたい」「職場環境を~していきたい」などと、国税専門官になった後、どのようにして活躍していきたいのか、強い思いを書きましょう。

そのために大事なことは仕事内容について詳しく勉強しておくことです。

仕事内容をきちんと勉強しておくことで、うまく思いを伝えることができるうえに、質問されても詳しく説明することができます。

とくに合格できる人は国税専門官の役割というのがきちんと理解できています!

国税専門官には~な役割がある→私も~を通してそれに貢献していきたい。

このように役割が理解できているからこそ、貢献したいことがうまくささるんですね!

 

国税専門官の志望動機が書けない』という受験生が多かったので、仕事内容のページを作ってみました!

国税専門官の仕事内容!あなたは適性があるか?

めんどくさい人は国税専門官をテーマとしたドラマ”トッカン””マルサの女”などを見ましょう!

目で見て学ぶことが何より大事だと個人的には思っております。

 

では合格者が書いた志望動機を記入例として紹介したいと思います。

「国税専門官になるのが夢でした。中学生の時に見たテレビドラマがきっかけで国税専門官の仕事に興味を持ち、~~~が非常に魅力的でした。私の強みである~~を活かして、国の~~に貢献していきたいです。」

構成としては「きっかけ」→「魅力」→「将来やりたい仕事」と繋げています。

おまけに自分の強みも活かせると書いてあるので、うまくアピールに繋げられますよね!

 

面接カードは簡単に書いておいて、聞かれたら詳しく説明できるという姿勢で臨むのがベストかと思います。

 

↓「志望動機」は重要過ぎて別ページでも徹底解説してます!

面接官のココロにささる志望動機の作り方!

 

この「国税専門官になるのが夢でした」ってフレーズいいよね!
第一志望感が一発で伝わるからね!

せんせい

うむ。確かにこれは良い志望動機だ!

ネコ23歳

 

[専攻分野・得意分野] 記入例あり

この専攻分野や得意分野に約3行も使って面接カードに書かせるのは専門職ならではですね。

専門職ということで一生国税関係のエキスパートとして働いていくことになりますよね!

なので受験者が何かひとつのことに対してどれだけ集中して頑張ることができていたのかという点が見られるのだと思います。

文章構成としては

文章構成コツ

この4段構成が良いと思います!

  • 自分の専攻分野・得意分野を書く
  • 目標・大変だったことを書く
  • それに対してどう工夫して行動してきたか書く
  • 結果・成果を書く

こちらはしゃべるときのおまけ文章です。

  • (裏付けるエピソードから身に着けた力を書く)
  • (身に着けた力を今後どのように活かしていけるのかを書く)

この4段階構成で書くのが良いかと思います。

卒論じゃ書きづらい!
ということで今回は、得意分野の記入例を紹介したいと思います。

「私の得意分野は〇〇です。大学時代、「〇〇は誰にも負けない」と決めて、毎日3時間の勉強を1日も休まずに続けてきました。結果、〇〇関連の試験では常にトップの成績を収める事ができました。」

このように書くことがないって人は得意な教科を書いておきましょう!

得意教科なら書けそうな気がしませんか?

もちろん職務でなにか専門的なことをやってきた人や学業関連でなにか専攻分野がある人はそれらについて書けばOKです。

 

一応、卒業論文についての記入例も紹介しておきます。

「~というテーマで研究を行っています。~(研究の目的)をするために、○○という目標に向かって~(工夫した点)~研究に励み、○○という結果が得られました。」

文章構成だけなのでわかりにくいとは思いますが参考にしてみてください。

 

[最近関心や興味を持った事柄] 記入例あり

補足説明に社会生活、時事問題、社会情勢などと書いてあります。

自分が詳しい+明るい話題のニュースについて書くのがベストかと思います。

 

まずはニュースを選ぶポイントから紹介しますね!

[ニュース選びのポイント]

  • 面接官が知っているようなニュースを選ぶ
  • ②政治経済系のニュースは書いてはいけない
  • ③必ずしも税金関係のニュースを選ぶ必要はない
  • ④賛否両論があるニュースは書いてはいけない

①、②に関しては言葉通りの意味です。

 

③はよく質問されるのですが、無理に自分の苦手な税のニュースにする必要はありません!

税のニュースも懐に1つかくしておくべきですが、基本的には自分が話しやすいニュースを話せばOKです!

 

④だけ簡単に補足説明しますね。

例えば、広島カープが優勝したことをネタに面接カードに書いたとします。

単純に面接官が熱狂的な阪神ファンだったら困りますよね。

それだけのことですので、こういったネタは書かないようにしましょう!

 

参考程度に記入例を紹介します。

「電子決済の不正利用について興味があります。電子決済は、今後より一層利用者が増えていくことが予想され、消費者の重要な個人情報・金融情報を保護するために、これからセキュリティの教科にさらに取り組んでいくべきだと思います。」

 

毎年2月に速攻の時事という時事問題対策本が発売されるので、その中から明るいニュースを探すのもひとつの手です。

余裕がある人は常にニュースをチェックしておくと良いでしょう。

 

毎日ニュースをチェックしていればいいけど、勉強も忙しいしそうもいかないよね!
自分が得意な分野をチョイスしてそれについてはあらかじめ勉強しておこう!

せんせい

選んだニュースは徹底的に調べておく!

ネコ23歳

 

 [印象深かったこれまでの体験] 記入例あり

できればアルバイトや部活動など”チーム(集団)で活動した経験”を書くのが好ましいです!

なんせ国税の面接では集団でのあなたの立ち位置や役職などは非常に良く質問されますからね!

また、国税はスポーツも大好きです(笑)

ある人はここら辺のエピソードを書けると最高ですね。

アルバイト・部活をしていなかった人も、サークルや勉強などなんでもいいので学生生活の間に何か頑張ったものがあるはずです。

 

補足説明に学校生活や職務、ボランティア活動、アルバイトなどの経験を通じてと書いてあるので、なにか身に着けた能力を書くのがいいと思います。

それを記入例として紹介しますね。

「〇〇というアルバイトをしており、クレームをいただく機会が多くありました。初めは対応に苦戦していましたが、~という工夫をし~~した結果~することができました。」

①概要→②印象深かった経験(問題点)→③工夫して行動した点→④その結果

文章構成としてはこのような4つの流れとなってます。

書くスペースが無かったら③工夫した点まででOKです!

 

そもそもこの面接カードって書くスペースが少ないので、普通の就活のESのようにだらだら書くことができないんですね。

ある程度抽象的で全然オッケーなので、自分が頑張ったことを整理して書いていきましょう!

身についた力なんかは口でしゃべればOKです!

 

何かスポーツやってた?
その時なにか役職やってた?
なんて聞いてくることがよくあるよ!
無理にリーダーぶる必要はないから、自分がどうチームに貢献しようとしたのかを考えてみよう!

せんせい

なるほど!
大事なのは役職じゃなくて、どうチームに貢献しようとしたかってところだね!

ネコ23歳

 

 [自己PR] 記入例あり

自己PRについては自分が持っている本当の強みを書くようにしましょう。

例えば、リーダーシップ力が無い人がリーダーシップ力がある、と嘘を書いたとします。

面接官から質問された時に深いエピソードや過去に自分がした行動などを説明することができなくなってしまうんですね。

どんなにしょぼいことでもいいので、自分が持っている強みを書きましょう。

まぁできれば国税の適性をアピールしたいですけどね!

適性が知りたい方はこちらのページ見てみてください。

国税の仕事内容!あなたは適性があるか?

 

自己PRの記入例を載せておきます!

「私は相手の立場に立って物事を考えることができます。~~塾講師のアルバイト(話す概要)では、効率よく理解してもらうため、~~とい工夫をしていました。」

まぁ100字くらいがベストですかね。

 

「自分の本当の強み×適性アピール」

この形で攻めたいですね。

仕事でどう強みを活かすかという質問にも対応できますしね!

 

書き方としては

自己PRの欄は自分の強みを最初に書いて、その説明を簡単に書いておくのがベストかと思います。

主にはエピソードの概要+工夫して行動した点を中心に書くと伝わりやすいです!

 

深い内容に関しては、つっこまれたときに口で説明できるようにしておけばOKですからね!

しゃべるときは自己PRは1分間程のものを用意しておくと良いでしょう!

 

1分間自己PRの作り方ポイントはこちらです。

[ポイント]

①まず強みを書く!
②エピソードの概要(話す内容)
③目標・目的は何か
④挫折ポイント・問題点は何か(壁)
⑤その壁をどう工夫して乗り越えてきたか!
⑥その結果どうだったのか
⑦今後の業務でどう活かせるか(しゃべるときは具体的に)

 

エピソードについては突っ込まれることが多いので、自分の強みを裏付けられるようなエピソードをきちんと準備しておいてくださいね。

そのために自分の過去の行動を深く掘り下げておきましょう!

 

本当の強みを書くって言うのも大事だし、国税の仕事に活かせる強みを書くのも大事なんだ!
このグッドポイント診断をやってみて、国税にあった強みを書いてみよう!

せんせい

俺は責任感が強いかもしれない!

ネコ23歳

 

[趣味、特技など] 記入例あり

趣味や特技って個性が出ると思うんですよね!

なので面接官もポップな話題として話やすいんだと思います。

ドライブが好き、読書が好き、変な事でなければなんでもオッケーです。

先ほども言いましたが、国税はスポーツ大好きなんですね!

特技として大学まで続けていたスポーツの事なんかを書くと突っ込まれやすいかもしれません。

ということで個人的にオススメの書き方を紹介しますね!

 

趣味、特技についてどちらかひとつを詳しく説明するのではなく、特技と趣味をどちらも書く方法です。

ひとつのことについて詳しく書く方法が一般的ですが、2つ書く方法にはメリットがたくさんあるんですね。

  • 話題が増えるので面接官が突っ込みやすくなる。
  • 細かい説明を口でしゃべればよくなる。
  • 面接カードが書きやすくなる。

メリットとしてこのような点が挙げられます。

 

書き方としては

  • 「趣味は~で、特技は~です。」
  • 「[趣味] ~。[特技] ~。」

このようにきちんと伝わるように書けばどんな書き方でも大丈夫です!

趣味、特技の記入例を参考程度に紹介していきますね。

「趣味は○○(スポーツ)で、小学校から高校まで8年間続けていました。特技は韓国語で会話をすることです。(50字程度)」

趣味、特技に執着しなくてもOKです。

まぁ強みなんかにつなげるとしても話やすいものが一番かと思います。

何か特別な資格などを持っている人はそれを書いたら面白いでしょうね!

とにかくこの欄は自由に書けるので自分が話しやすい内容を気楽に書いていきましょう!

 

エピソードの突っ込みポイント

重要なので最後に突っ込みポイントだけ紹介し終わろうと思います。

エピソードの質問ポイント

  • ①エピソードの概要について話せるか
  • ②なぜそれに取り組もうと思ったのか
  • ③目標・目的・問題等はあったか
  • ④③を達成(改善)するために工夫して行動・努力した点はなにか(重要)
  • ⑤つらかったこと・失敗したことはあるか
  • ⑥⑤のときどう対処・行動したか
  • ⑦これらの経験を通してどんな力が身に付いたか
  • ⑧得た力を今後どのように活かせるか

エピソードについてはこの8項目すべてを用意しておきましょう!

すべて面接カードに書く必要はありませんが、口ではすべて回答できるようにしておきましょうね!

 

ではこれで国税専門官の面接カードの説明は終わりです。

おつかれさまでした!

 

国税専門官」の面接質問集はこちら

[体験記]1次~内定までを細かく紹介!囲い込みの電話来た?

 

【面接カードを書く前に最強の”自己分析”を!面接A評価を狙え!】

 

 

【面接が不安すぎる人に向けて新サービス(有料)】

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
公務員試験専門家@マジ指導
私が噂のせんせいです(笑)「こんな『せんせい』がいたらよかったのに!!!」という受験生の想いを叶えるべく私が存在してます(笑)・誰かに相談したい...・面接が苦手...・何からやればいいかわからない...あなたの状況に応じてアドバイスしてます。「フォローするかしないか、悔いが残らない方を自分で選べ」→  Twitterアカウントはコチラ