2018/05/06

【国家総合職の体験記】俺は不合格を確信した!?初めての面接はこうだった!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

1年で公務員に一発合格した24才

周りの人みたいに真面目に就活できる気がしなくて公務員を志望。

公務員試験に関する情報を知ってるだけで難易度が一気に下がることを実感しました。

見て下さるみなさんが簡単に合格できるよう貴重な情報を拡散していきたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

国家総合職の試験に関する僕の体験記を

「筆記試験(1次)」「説明会」「筆記試験(2次)」「人物試験

この4パートに分けて書いていきたいと思います。

[国家総合職の体験記]

4月の第4日曜日:1次試験日

5月の終わり:本府省合同業務説明会

5月の第4日曜日:2次試験日(筆記)

5月の終わり~6月の中旬:2次試験日(人物・政策討議試験)

クリックすれば読みたい部分の体験記が見れます!

筆記試験(1次、2次)に関する記事では、実際の試験日の雰囲気や僕が受験した感想などを紹介していけたらかと思います。

人物試験に関する記事では、面接試験と政策討議試験の試験日の雰囲気や僕の体験談・感想を書いていけたらかと思います。

「説明会」に関する記事では、国家総合職で合格を勝ち取るために重要な「本府省合同業務説明会」の雰囲気について紹介していきますね!

このページでは「赤文字の部分である”人物試験(面接・政策討議試験)に関する体験談”」について紹介していきたいと思います!

俺は公務員一本だから総合職の面接が一発目の面接なんだよ~

当日の流れや雰囲気をおしえてくれ!

ネコ23歳

【国家総合職の体験記】人物(面接・政策討議)試験当日の雰囲気と僕の感想

試験までの前置き

1次試験を突破した人全員に面接と政策討議試験の権利が与えられます。

僕も初めは辞退しようかと思っていたのですが、本番の面接の雰囲気を味わってみたい思い、受けに行くことにしました。

まぁ筆記試験で合格圏内にはいたと思ったので受けに行ったという考えもありました。

ですが僕は面接試験が超苦手で、自分の思っていることや考えをうまく伝えることができないんですね。

そのうえ勉強に力を入れすぎたせいで、面接に使える時間もあまりありませんでした。

この時点でペース配分をミスっているわけですが、そもそも国家総合職の試験を練習のつもりで受けた僕にとってはしょうがないことでした。

そしてこの時は面接練習よりも面接カードの対策を主にやってしまいました。

この時は気づかなかったんですが、自己分析って意外と時間がかかるんですね!

まぁ面接カードも重要ではあるのですが、やはり実戦形式の面接練習の方がよっぽど自分の力になります。

これに気づくのが遅すぎた僕はなんとか面接カードを完成させ、面接の練習もほとんどできないまま面接試験に臨んだわけです。

それに加え、政策討論と呼ばれる市役所の集団討論のような特別な試験の対策はまったくやっていなくて、ぶっつけ本番で試験に臨みました。

ちなみに僕は田舎の大学に通っているので、泊りで試験会場に足を運びました。

これもお金はすべて自腹なので金銭的にかなり痛かったです。

書き方的にお気づきかもしれませんが、面接試験でボコボコにされましたw

でも試験の流れや雰囲気は伝えられると思いますので、今からこれらを紹介したいと思います。

国家総合職を目指すなら、面接の対策は早めに行うようにな!

試験前はやることがいっぱいで手が付けられんからな。

せんせい

なるほど!

参考になるよ、サンキュー!

ネコ23歳

試験前の雰囲気

たしか試験開始が9時くらいだったと思います。

なので30分くらい前に会場入りしました。

まずは受付があって「住民票記載事項証明書」や「面接カード・採用志望カード」などの提出しなければいけない書類を提出し、自分の受験番号がある席に向かいました。

みなさん緊張しているようで落ち着かない人が多かったことを覚えています。

服装に関しては、これから夏という事もありクールビズの人が3割くらいと、普通のスーツの人が7割くらいでした。

この待機室の雰囲気はこんな感じでした。国家総合職の人物試験の会場はコレ1青の●は僕が受験した列で工学区分で受験した人を示しています。

このように縦の列で受験区分ごとに6人ずつ振り分けられるというわけです。

この6人がグループであり、ともに政策討論を行う仲間ということですね!

 

面接試験の流れや雰囲気

まず午前中は面接試験からです。

ひとり当たりの持ち時間はだいたい15分くらいだと思います。

まずは簡単にルールを説明します。

[面接試験のルール]

①席が前の人から順番に面接を行う

②面接をしている人から次の3人は面接試験の部屋の前で待機する

③前の人の面接が終わった後1分待ってからノックをして部屋に入る

この中でもとくに重要なのが②の待機時間です!

他の受験生とコンタクトがとれる貴重な時間なんですね。

面接の順番が一人目になってしまうと待機時間はないんですが、こればっかりはどうしようもありませんよね

その待機できる場所と面接の部屋の概略図はこちらです。

国家総合職の面接試験の会場はコレ1

この青の□がイスで、ここで他の受験者と話すことができるんです!

左の机は自分のカバンを置くためにあります!

面接試験の感想

僕の面接は5番目でした。

なので他の受験者と話す機会が多かったんですね!

前の2人は1人が情報系の学科でそれに関する研究をしていて、もう1人が原子力の研究をしているといってました。

僕の後ろの1人は僕と同じ大学の人で、この試験がきっかけで仲良くなりました。

午後の政策討論について話をしたり、面接の事や公務員試験に関することなどたくさん話しました。

なにせ1時間ちかく面接室の前で待機しなければいけないので、時間があるんですね。

では肝心の面接試験の内容ですが、ボロボロでしたw

はじめての面接試験という事でかなり緊張してしまってほとんど思ったことをうまくしゃべれませんでした。

国家総合職の面接試験の会場はコレ2

先ほどの面接試験の概略図と同じものですが、もう一度はりますね!

試験官は以下の3人でした。

①が国土交通省の方

②が人事関係の偉い方

③が文部科学省の方

個人的には③の文部科学省の方が足を組んでにらめっつらでとにかく威圧感が半端なかったです。

①の国土交通省の方は、説明会で僕が興味を示していた「港湾・空港・鉄道」の業務の説明を丁寧にしてくださった方でした。

②の人事の方はとてもやさしく話しかけてくれた印象があります。

とにかく内容はひどかったですねw

例えば、「面接カードに~と書いてあるが、これ以外に工夫した点はある?」と聞かれたんですが、緊張してしまってこれに対して面接カードに書いてある内容を言ってしまいました。

ほかにも「リーダーシップ力がある」と書いておいたのですが、これに対しても「他の人が推薦してくれたので、リーダーになりました」的な回答をしてしまいました。

これに関しては試験官の方も再度「自分の意志ではなく、ほかの人が推薦したってことでいいんだよね?」と確認してくれましたが、「はい」と答えてしまいましたw

正直リーダーシップ力なんて無いのに、面接カードにあるって書いたこと自体が反省点です。

とまぁこんな感じではじめての面接はボロボロでした。

面接試験は5段階評価なんですが、個人的にはEもしくはDって感じですw

あと印象に残っているのは、面接試験が終わって待機室に戻ったらみなさん結構ワイワイしゃべっていたことです。

面接の順番が早かったとしても、終わった後に他の受験者と待機室でしゃべることができそうですね!

細かい質問内容などは僕が他のページで徹底的に解説しているので参考にしてみてください!

国家総合職でよくある質問集

公務員試験でよくある質問集

失敗してしまったとしても、実際の面接を受けることができたというところが非常に大きいんだ。

面接を受けたことで自分の今の実力がわかるし、自分としても成長できるからな!

ネコ君も失敗してもいいから本番の面接を体験してくるように!

せんせい

何言ってんだよ!

俺は合格目指してやってるんだ。

この記事の失敗した部分を活かして頑張ってくるぜ!

ネコ23歳

政策討議試験(院卒)の流れ

国家総合職の政策討論の流れをつかめ!

政策討議試験に関するポイントや対策方法のページで説明しているので、今回は簡単に紹介しておきます!

上の画像の通りです。

①資料(英文を含む)をもとにレジュメを作成する(25分)

②別室に移動して全員分のレジュメのコピーを渡される。

③順番に自分のレジュメについて発表(1人3分)

④全員で資料のお題について討論(30分)

⑤討論が終わったら、自分の見解を発表する(1人2分)

この試験は午後からあるのですが、昼ご飯を食べるための時間が用意されていませんので注意してください!

これ以外は試験官の指示に従うだけで、注意する点はありません。

 

政策討議試験の雰囲気と感想

まずはレジュメの作成ですが、先ほどの待機室で全員一斉に行いました。

25分後にレジュメの作成を終了し、試験官がそれのコピーをとりにいく時間が多少あります。

コピーが終わったグループから試験官の指示に従い、試験室に向かいます。

では討論をするための実際の試験室の概略図を紹介します。国家総合職の政策討論の流れをつかめ!2

僕の記憶が正しければ、試験官は4人ですが、もしかしたら違うかもしれません。

ですが雰囲気は伝えられるんじゃないかなと思います。

図の一番左側の机に6人分のカバンが置けるようになっています。

そして試験の感想ですが、正直僕は早く終わってくれ!としか思っていませんでしたw

僕のグループには司会になりたそうな人が2人いて、その2人が討論を仕切っていくという感じでした。

僕は目立つわけでもないし、目立たないわけでもないといった感じで討論に参加していました。

僕が受験した年は内容が内容ということもあり、全員が同じ意見だったため、討論というよりもメリットやデメリットなどについて話をまとめていくといった感じでしたね。

ちなみに内容は「火災保険の加入を義務付けるか、それとも自由参加のままにするのか」といったテーマでした。

ほとんどの受験生が義務付けるべきだという意見だったと思います。

あえて思ったことと反対の意見を選んで討論を盛り上げるというテクニシャンな方もいらっしゃるそうですが、僕にはその勇気はありませんでしたw

英文に関してはほぼ話し合うことはありませんでしたね。

まぁ英語って全部読めない人が多いだろうし、大事な試験の場でわざわざそのネタを振らないですよね!

それに僕がレジュメに’’反論側の意見’’を書いていたこともあり、これを取り上げられて話す機会も多々ありました。

レジュメの書き方は少しだけ対策していたので、ある程度はうまく書けましたね。

こんな感じで討論も終わり、終わったグループから解散という事だったので同じグループの6人で一緒に駅まで歩いて帰りました。

これくらいで人物試験に関する体験談は終わりにしたいと思います。

政策討議試験も5段階評価なんですが、振り返ってみて自分で採点してみるとDもしくはCくらいだったのかと思います。

レジュメの作成方法や政策討議試験のポイントはこちらのページですのでチェックしてみてくださいね!

【公務員試験の政策討論】誰も教えてくれない試験の流れと対策方法を徹底解説!

こういう情報を知っているだけで他の人よりも落ち着けるもんだぞ!

ラッキーだなネコ君!

せんせい

そうだな!

まぁ俺は面接や討論得意だから普通にいけそうだけどな!

ネコ23歳

なめてかかると痛い目にあうぞ!

気をつけろよ!

せんせい

余談

こういった難しい試験のグループ活動というものはなぜか仲間意識というものが強くなるようで、駅までの帰り道でグループのメンバーとかなり仲良くなりました。

もちろん全員工学区分で受験したのですが、おもしろいくらいに出身学科が違いました。

「電気・電子」「機械」「土木」「物理」「建築」「情報」といった具合にバラバラでしたね。

そんなことを話しながら解放感もあり、全員ではないですが昼から居酒屋に行って飲んできましたw

なんか人気漫画の「宇宙兄弟」の宇宙飛行士の難しい採用試験のようでした。

まぁ結果的に不合格だったんですが、確実に僕の面接力不足でした。

そういったことにも気づけただけよかったと思います。

この経験があったからこそ、ほかの面接試験の時には落ち着いて話せてたと思います。

だらだら書いてしまいそうなので、ここで終わりにしたいと思います。

僕の経験が参考になれば幸いです。

ありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -