2018/05/06

【国家総合職の体験記】初めての試験で緊張しすぎたぜ!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

1年で公務員に一発合格した24才

周りの人みたいに真面目に就活できる気がしなくて公務員を志望。

公務員試験に関する情報を知ってるだけで難易度が一気に下がることを実感しました。

見て下さるみなさんが簡単に合格できるよう貴重な情報を拡散していきたいと思います。

公務員試験面接対策

この記事を書いている人 - WRITER -
公務員合格を応援・サポートする現役公務員

国家総合職の試験に関する僕の体験記を

筆記試験(1次)」「説明会」「筆記試験(2次)」「人物試験」

この4パートに分けて書いていきたいと思います。

クリックすれば読みたい部分の体験記が見れます!

筆記試験(1次、2次)」に関する記事では、実際の試験日の雰囲気や僕が受験した感想などを紹介していけたらかと思います。

「人物試験」に関する記事では、面接試験と政策討議試験の試験日の雰囲気や僕の体験談・感想を書いていけたらかと思います。

「説明会」に関する記事では、国家総合職で合格を勝ち取るために重要な「本府省合同業務説明会」の雰囲気について紹介していきますね!

このページでは「赤文字の部分である”筆記試験(1次)に関する体験談”」について紹介していきたいと思います!

実際の試験日の雰囲気って気になってたんだよな!

ネコ23歳

この記事を読めばなんとなく当日の雰囲気がつかめると思うぞ!

せんせい

【国家総合職の体験記】1次試験日(4月の第4日曜日)の雰囲気と僕の感想

国家総合職の筆記試験の日程はコレ

試験開始前の出来事

僕は田舎の大学に通っているので試験会場が近くになかったんですね。

なので朝6時に車で家を出発してだいたい8時前に試験会場の大学に到着しました。

朝食は簡単におにぎりなどを車の中で食べておきました。

緊張している人が多いようで、みなさんベンチなどに腰かけて速攻の時事(時事の対策本)やノートを見て復習しているようでした。

記念受験のような人もいて、友達としゃべっている人も多かったです。

正直僕も大学の授業は真面目に聞いてはいなかったし、受験先に学科の授業と被っているものが無かったので記念受験のつもりでした。

土木系での採用を希望していたので「工学区分」で受験しました。

「実際の試験日の雰囲気を味わえればいいな」くらいの勢いでしたね。

そして受付開始時間が迫ったころに係りの人が「大卒のかたはこちらの列に並んでください」「院卒の方はこちらの列へお願いします」などと言って受験者を誘導していました。

僕もその列に並び自分の受験番号の部屋に移動しました。

受付の際、受験要項なるものを渡され、それを熟読するようにと係りの人から指示がありました。

そして試験についての注意やルールについて説明があった後、専門試験と教養試験の両方のマークシートに自分の名前や受験番号を書いていきました。

書き終わった後、スタートまで待機していました。

国家総合職の試験は午前中が専門多肢式、午後が教養試験なのでここは注意ですね。

ここまでが試験前までの出来事です。

朝はトイレが混むから気を付けてな!

せんせい

了解!

少し落ち着いてからトイレに行くのがベストだね!

ネコ23歳

専門多肢式の感想

総合職の対策は工学の基礎(専門試験多肢式)以外はすべてやっていたので、「1次試験くらいは受かるかもな」と思っていました。

地元でのんびり暮らしたかった僕にとっては国家総合職の試験は練習のつもりでした。

専門試験の時間は3時間30分と長く、実力がきちんと出る試験だと感じました。

そして試験を受けてみて成功したことと失敗したことがそれぞれひとつずつあります。

まず成功したことは「順番通りに解かずに得意科目から攻めていったこと」です。

総合職の試験は非常に難しいですが、得意科目から攻めたことで良いリズムをつくることができました。

解けないと焦ってしまって頭がはたらかないですからね!

これは初めて試験を受けた割にはよくできたと感じる点でした。

そして失敗したことは「できたと思った問題を確認せずに、難しい問題を解きにいってしまったこと」です。

時間が長いので難しくて解けなかった問題に時間をかけるのではなく、一度解いた問題を見なおす方が高得点につながると終わってから感じました。

というのも凡ミスというのを何個かしてしまったんですね。

どれだけミスを減らせるかという事が非常に大事だと改めて実感しました。

初めての試験という事もあって緊張していて失敗してしまったんですね。

結果的には4~5割くらいしかできませんでした。

ちなみに鉛筆を使う必要はなく、すべてシャープペンでOKです!

どれだけミスを減らせるかというのは非常に重要なんだ!

ネコ君も実際の試験で一度解けたと思った問題もきちんと見直すように!

時間は余るほどあるからな。

せんせい

それがコツってことか!

オッケーオッケー!

ネコ23歳

教養試験の感想

教養試験の対策としては「数的・判断推理」「資料解釈」「現代文」「時事問題」の4つの重要科目だけを集中的に勉強しており、あとはすべて捨てていました。

教養試験は院卒者は2時間20分で30問を解くといったシステムです。

教養試験に関しては実際に受けてみた結果、反省する点はなく、よかった点が2つありました。

それは「解く順番を決め打ちしていたこと」と「時間配分を意識して解いたこと」です。

教養試験のプラン

開始~30分 現代文の3問

30~40分 時事の3問

2.3分で勉強してない科目を適当にマーク

43~60分 資料解釈

60~140分 数的・判断推理

このような配分で攻めようとあらかじめ決めていました。

もちろん実際の試験では予定よりずれることが多かったですが、一応作戦通りには進めることができました。

「現代文」と「資料解釈」は時間さえあれば確実に正解を出せるので時間をかけて確実な解答を狙いました。

僕は現代文なんて超苦手なんですけど、公務員試験の問題はじっくりよめば答えがわかりますし、もしわからなくてもかなり選択肢を絞ることができます。

資料解釈も同様に時間をかけて選択肢をチェックすれば確実に答えがわかるので、時間を使ってときました。

資料解釈に関しては選択肢⑤から④、③、②、①と順番にチェックしていくことが早く解くコツです。

僕も実際の試験でこのやり方をつかい、早めに答えを見つけ出すことができました。

そして最後は残りの時間をすべてかけて僕の得意な「数的・判断推理」を解きました。

このやり方で結果的に自己採点で5~6割くらいとることができました。

ちなみに時事問題以外の一般知識の問題と英語に関しては、自分の好きな数字をひとつ選んですべてその数字にマークしました。

英語が5問あったらすべて③にマークしたという事です。

なんか適当に選んで外すのが嫌だったので一問取れたらいいかな~って思って同じ数字にマークしました。

別に確率なんて変わんないですけど気持ちの問題ですよね。

午前中に専門試験を経験していたので午後の教養試験は少し落ち着いて受験することができました。

こちらも鉛筆を使う必要はなく、すべてシャープペンでOKです!

あらかじめ作戦を立てておくことが大事なんだ!

作戦はその人次第だけどな。

せんせい

なるほどね!

俺はこの記事を参考にしてみようかな。

ネコ23歳

この記事を書いている人 - WRITER -
公務員合格を応援・サポートする現役公務員