2018/03/19

【国家総合職の試験に関する質問】気になる疑問を僕が解決します!公務員の知恵袋 Q&A

 

この記事を書いている人 - WRITER -

1年で公務員に一発合格した24才

周りの人みたいに真面目に就活できる気がしなくて公務員を志望。

公務員試験に関する情報を知ってるだけで難易度が一気に下がることを実感しました。

見て下さるみなさんが簡単に合格できるよう貴重な情報を拡散していきたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

国家総合職を目指そうと思ってもわからないことや知らないことってたくさんありますよね!

とりあえずは国家公務員総合職の試験を突破しないといけません。

でもとくに国家総合職の試験に関する情報って非常に少ないんですね!

なので僕が国家総合職の試験に関する気になることや疑問を少しでも解決していけたら!と思いまして

今回は国家総合職の試験に関する疑問をならべて、質問コーナーとして公務員試験に合格した僕が回答していきたいと思います!

そうなんだよ。

細かい説明は全然インターネット上で出回ってないんだよな~

ネコ23歳

そうなんだよな。

今日はそんな国家総合職の試験に関する疑問を解決してもらおう!

せんせい

国家総合職の試験とはどんな試験か?

国家総合職の試験は1次試験、2次試験、官庁訪問の3段階で構成されています。

[1次(筆記)試験]

①教養多肢式試験

②専門多肢式試験

③専門記述試験

[2次(人物)試験]

④政策論文(大卒)or政策討論(院卒)

⑤人物(面接)試験

[官庁訪問]

⑥省庁ごとの面接試験

この2次試験を突破した段階で国家公務員としての名簿に載ります。

でも名簿に載っただけでは採用ではないので注意が必要です。

最終的には官庁訪問と呼ばれる面接試験をクリアして、ようやく就職先がきまるってわけですね!

官庁訪問について詳しく知りたかったらこのページを見ておくんだな。

国家総合職の官庁訪問の対策方法とポイントまとめ

せんせい

この記事読み終わったらみてみるわ!

ネコ23歳

国家総合職と国家一般職の違いは?

僕が考える違いという点は2つあります。

1番の違いは”待遇の差”です。

やはり出世スピードに差が出てしまいますね。

そのせいで給料や年収といった点にも差が生じてしまいます。

もうひとつは”転勤地の差”ですかね。

基本的に国家総合職では転勤が全国区ですが、国家一般職の場合はそうでもありません。

国家一般職では全国を9ブロックに分けていて、基本的にはそのブロック内で転勤があるといった感じです。

例えば四国地域で受験した場合、転勤先はその四国のうちのどれかという事になります。

まぁ総合職の場合、初めのころは本省(霞ヶ関)勤務がほとんどだけどね。

せんせい

なるほどね~

でも一番の違いはやっぱり出世なんだね!

ネコ23歳

国家総合職の試験では学歴は関係あるか?

ぶっちゃけ総合職の試験では学歴が関係あります。

関係がないのは2次試験の合格時までです。

官庁訪問と呼ばれる面接試験は、簡単に言えば○○省という名前の会社面接みたいなものです。

その官庁訪問(面接)の際に学歴を重要視されることがあるんですね!

省庁ごとによって学歴の重要度は異なりますが、見られてないことはないと思います。

とはいっても公務員試験は実力の世界です。

学歴が低いからと言って、それだけで優秀な人材を切るようなことはしません!

受験者全員に平等なチャンスが与えられています。

学歴なんてものを気にさせないくらい実力をつけてから試験に臨みましょう!

学歴が高いから絶対受かるなんてことはない!

学歴が高い人の中で実力がある人が合格までたどり着いているんだ!

せんせい

じゃあ俺も学歴なんて考えずに実力だけで合格を目指していくぞー!

ネコ23歳

国家総合職の筆記試験の難易度はどれくらいか?

先ほども簡単に説明しましたが、筆記試験は次の3つがあります。

[1次(筆記)試験]

①教養多肢式試験

②専門多肢式試験

③専門記述試験

①の教養試験と②の専門多岐式試験は国家総合職の問題といえど基礎的な問題が多いです。

難易度的には国家一般職・地方上級の問題を少し難しくしたような印象です。

参考書を4~5周くらいきちんとまわしているだけで突破できるレベルだと思います。

個人的に難しいと感じたのは③の専門試験記述式です。

僕はゼロからのスタートだったために非常に難しく感じましたが、大学の学部や学科と被っている科目がある場合はそれだけで勉強難易度も下がると思います。

やはりこの専門試験記述の対策は数カ月前からきちんとやっていなければ対応できないと感じました。

大学で学んだ内容の試験というだけあって、センター試験や大学入試の筆記試験よりもはるかに難しいと思います。

仮に僕のように無知からのスタートの人がいるなら、毎日4~5時間の勉強を土日休みなしで1年間続けてやっと突破できるといった難易度の試験だと思います。

 

国家総合職の試験は独学でも大丈夫か?

独学でも絶対に受からないという事はありませんが、冒頭でも話したように国家総合職に関する情報というのがほとんど出回っていません。

講座に加入すれば、細かい情報も手に入りますし、何より難しい専門試験などの対策がスムーズに進みます。

さらに政策論文や政策討論といった試験の相手をしてもらうこともできますしね!

なので総合職を希望するなら講座に加入することをおススメします。

講座に加入するメリットはこちらです。

[講座のメリット]

勉強のスケジュールを管理してくれる

勉強のわからないところを講師に質問できる

面接や集団討論などの練習ができる

公務員試験に関する情報が手に入る

国家総合職の試験ではとくにこの「公務員試験に関する情報」というものが重要だと思います。

「科目の中でも何を勉強して、何を捨てればいいのか」

「どうやって勉強すればいいのか」

「面接でどんな質問がされるのか」

これらはすべて公務員試験に関する情報なんです!

情報を”知っているか・知らないか”、これだけで有利・不利がでてきてしまうんですね!

僕もこのサイトを通してできる限り情報を発信していきたいとは思いますが、やはり講師に聞くのが一番効率が良く早いですよね!

独学でがんばるぞ!って人は僕が総合職に関する記事も書いているのでたくさん読んでみてくださいね!

⇨ 国家総合職に関する記事

このサイトには国家総合職に関する情報もかなり多いからな!

ネコ君も総合職目指すんなら全部チェックしておけよ!

せんせい

了解!

やってやるぜ!!

ネコ23歳

国家総合職と民間企業の併願は可能か?

もちろん可能ですが、個人的には国家総合職が第一志望であるならほかの公務員試験と併願することをオススメします。

というのも、民間企業の就職活動の時期と公務員試験の時期が重なっているんですね。

忙しくなってしまって、本命である公務員試験の対策をしている時間がないという声をよく耳にするので、どちらも中途半端にやるならどちらか片方を!というのが僕の意見です。

ですがデメリットだけではなくメリットもあります。

それは「本番の面接の雰囲気を知ることができる」という点です。

やはり面接には慣れが必要なので、民間企業で面接を経験している人の方が公務員試験でも面接がうまくいきやすいです。

自分の将来の事なので、真剣にどうするかをきちんと考えていきましょう!

国家総合職の試験は公務員試験の中でも一番最初にあるんだ。

だから初めての面接試験が本命の総合職の面接ということになってしまうな。

民間企業も受けてみて、面接の雰囲気を知ることができたらちょうどいいんだけどね。

せんせい

なるほどな。

でも俺は公務員一本でいくぜ!

せんせい!面接練習はよろしくな!

ネコ23歳

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です