2018/03/19

【地方上級試験に関する質問】気になる疑問を僕が解決します!公務員の知恵袋 Q&A

 

この記事を書いている人 - WRITER -

1年で公務員に一発合格した24才

周りの人みたいに真面目に就活できる気がしなくて公務員を志望。

公務員試験に関する情報を知ってるだけで難易度が一気に下がることを実感しました。

見て下さるみなさんが簡単に合格できるよう貴重な情報を拡散していきたいと思います。

公務員試験面接対策

この記事を書いている人 - WRITER -
公務員合格を応援・サポートする現役公務員

地元で働きたいと思って公務員試験を受ける人って多いですよね。

とくに県庁や市役所といった地方上級試験はかなり人気の試験です。

そんな地方上級の試験で他の人より有利に試験を進めていきたいですよね!

逆に情報を知らないだけで不利になってしまうこともあります。

なので僕がこの記事を通して地方上級の試験に関する気になることや疑問を解決していけたら!と思いまして

今回は地方上級の試験に関する疑問をならべて、質問コーナーとして公務員試験に合格した僕が回答していきたいと思います!

市役所の試験って複雑なんだよな~

色々種類があってさ!

よくわかんないや。

ネコ23歳

ちょうどいい機会だな。

今日はそんな地方上級の試験に関する疑問を解決してもらおう!

せんせい

地方上級の試験とはどんな試験か?

地方上級の試験内容は自治体ごとに異なります!

  • 「教養試験のみ」
  • 「専門試験無し」
  • 「集団討論あり」
  • 「小論文あり」

このように受験する自治体によって試験内容が違うんですね!

なので受験する自治体のHPをあらかじめチェックしておく必要があります。

一般的な地方上級の試験は1次試験、2次試験の2段階で構成されています。

[1次(筆記)試験]

①教養多肢式試験

②専門多肢式試験

[2次(人物)試験]

③小論文or集団討論

④人物(面接)試験

このほかにも「集団面接」や「適性検査」、「一般教養(記述式)」などがあったりもします。

勉強を始める前にまずは「○○市役所(県庁等) 受験案内」と検索して、試験科目をチェックしておきましょう!

 

地方上級の試験では学歴は関係あるか?

学歴は関係ありません。

多少関係があるとしたら、面接試験の時に大学生時代の出来事がネタになるということだけです。

学歴がいいから採用とか学歴が悪いから不採用というようなことは一切ありません!

公務員試験は実力の世界なので実力がある人が採用されます!

学歴なんか気にせずに勉強を頑張っていきましょう!

 

高卒だけど大卒の試験を受けることができるのか?

できます!

自治体のHPをきちんとチェックしなければいけませんが、「大卒程度」と記載されている自治体は受験可能です。

このような条件の自治体はもちろん「大学中退」の人でも受験可能です!

ただ試験の内容が大学レベルってだけです。

中には「大卒のみ」や「大学卒業」、「大学卒業見込み」などの条件を課している自治体もあるので注意してくださいね!

実はおれも大学中退しているんだ。

でも公務員試験は実力の世界だからしっかり勉強して実力で合格してやるぜ!

ネコ23歳

いい意気込みだな!

その調子で”大卒程度”の試験に合格できるように頑張れよ!

せんせい

地方上級の試験は何個受験(併願)することができるのか?

日程さえ重ならなければいくつでも受験可能です!

国家系の試験を考えずに地方上級試験のみで考えてもメイン日程のみで5個は受験できます。

例えばH30年度の場合で併願可能なメインの試験は次のようになります。

[地方上級の併願]

東京都庁・特別区 5月6日、5月12日

大阪市役所 5月の終わり

政令指定都市・都道府県庁A日程 6月24日

市役所B日程 7月22日

市役所C日程 9月16日

もちろんこれ以外にもたくさんあります。

とくに最近は「先行枠」として5月や6月頭に試験を行ってくれる自治体も増えているんですね!

うまく日程を調整して無理はせず、受けれる範囲で受けてみてくださいね!

 

地方上級の筆記試験の難易度はどれくらいか?

先ほども簡単に説明しましたが、筆記試験は次の2つがあります。

[1次(筆記)試験]

①教養多肢式試験

②専門多肢式試験

地方上級の試験は基礎的な問題から出題されるので難易度はそこまで高くありません。

国家一般職の問題と比較しても同じレベルです。

教養試験の難易度としては大学のセンター試験レベルです。

中には難しい問題もありますが、そんな問題は解けなくてもいいんです!

他の受験生もほとんど解けませんからね。

確実に解ける基礎的な問題をいかに落とさないか、これがポイントってわけです。

専門試験の多肢式に関しても、過去問だけやっておけば大丈夫です。

それでも合格するためには勉強はある程度きちんとやらなければいけませんが、問題自体のレベルは決して高くはありません。

専門試験の難易度としては大学の授業の基礎の問題って感じのレベルです。

ですが勉強し始めのころはどうしても難しく感じてしまうものです。

確実に合格したいなら最低でも試験日の1年前からは勉強を始めることをオススメします。

 

地方上級の試験は独学でも大丈夫か?

独学でも大丈夫なのかは自治体の試験内容によって異なります。

試験内容に「集団討論がある」場合は独学で突破することは難しいかもしれません。

この集団討論だけは一人で練習することもできないうえに、練習すればするほどうまくなります。

集団討論の対策ができないと他の受験者よりも不利になってしまいますよね!

大学生の方であれば就職支援室や就職サポートセンターなどで練習することが可能です!

ですが社会人や大学に滞在していない人はどうしてもこの集団討論の対策がうまくいきません。

逆に「集団討論がない」場合は独学でもすべて対策することができます!

そのために大事なのは「地方上級の試験に関する情報」を入手することです。

「科目の中でも何を勉強して、何を捨てればいいのか」

「面接でどんな質問がされるのか」

「小論文の対策方法は?」

これらもすべて”地方上級の試験に関する情報”です。

情報を”知っているか・知らないか”、これだけで有利・不利がでてきてしまうんですね!

とくに勉強面では捨て科目や重点を置いて勉強する科目をきちんと分けることが合格への近道ですよね!

「自分じゃあ勉強のペースもわからないし、情報も講師に聞いた方が早い」って思い方は公務員講座に加入することをオススメしますし、

「自分で情報を集めて勉強していけそうだな」って思う方は独学が向いています。

僕も地方上級の試験に関する情報をできるだけ記事にしているのでチェックしてみてくださいね!

地方公務員に関する記事

勉強方法に関する記事

集団討論のページ”や”面接カードの書き方”の記事は俺にはすごく参考になったな。

ネコ23歳

よかったな!

これでネコ君は他の人よりは有利ってことになるな!

せんせい

地方上級試験で最近流行りの「リセット方式」って何?

[リセット方式とは]

1次試験終了時に持ち点がリセットされることです。

基本的に1次試験が筆記試験で2次試験が面接や小論文となっていますが

筆記試験はボーダー点を超えているか超えていないかだけを判断するものとなります。

1次試験(筆記)でボーダーぎりぎりのA君と

1次試験(筆記)で満点のB君

合格さえしていれば立場が同じということです。

1次試験終了時に点数がリセットされて、2次試験の面接や小論文のみで合否が決まるということです。

最近このリセット方式を採用している自治体が急増しています!

「地元の市の職員として活躍していきたいんだ!」

「だけど”勉強が嫌い”なんだ!」

地元愛ややる気が強くても勉強するのが嫌で採用試験を受けないって人が結構いるんですね!

他にも「社会人で勉強する時間が取れない」、「就職活動が忙しくて勉強する時間がない」などと勉強のせいで採用試験の受験をや諦めてしまう人もいます。

そんな人たちのためにこの「リセット方式」があるんですね!

自分が受験する自治体が「リセット方式」であるかは一番最初にチェックしておかなきゃダメなんだ!

ネコ君は調べたか?

せんせい

おう!

俺の受験する自治体は2つともリセット方式だよ!

勉強苦手な俺にとってはありがたいかぎりだぜ!

ネコ23歳

市役所上級と地方上級の違いは?

地方上級試験とは一般的に大卒程度のA日程の都道府県庁や政令指定都市の試験の事です。

1次試験の日程としては主に6月の第4日曜日に行われています。

市役所上級とは大卒程度で一般的に政令指定都市以外の市役所の試験の事です。

1次試験の日程は自治体ごとに異なります。

ほとんどはB日程の7月の第4日曜日かC日程の9月の第3日曜日に1次試験があります。

 

国家一般職と地方上級に両方受かった場合どちらを選ぶか?

この質問はよくありますね!

結局選ぶのは自分なので今回は特徴をそれぞれ紹介していこうと思います。

国家一般職の特徴

転勤がある

地上に比べて大規模な仕事ができる

国土交通省や経済産業省などと名前にかっこいいイメージがある

地方上級の特徴

地元(ひとつの土地)で働くことができる

国家公務員と比較して残業が少ない

給料も安定している

このような特徴があります。

公務員を目指す人は「やりがい」を求めている人よりも「地元で働いていきたい」と思っている人が多く、僕もその一人でした。

転勤が嫌な人は絶対に地方上級の自治体で働くべきだと思います。

逆にがつがつ働いていきたいって人は国家一般職の方が向いていると思います。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
公務員合格を応援・サポートする現役公務員