2018/05/06

【地方上級の体験記B】イスが豪華だった!合格した俺が面接の雰囲気を教える

 

この記事を書いている人 - WRITER -

1年で公務員に一発合格した24才

周りの人みたいに真面目に就活できる気がしなくて公務員を志望。

公務員試験に関する情報を知ってるだけで難易度が一気に下がることを実感しました。

見て下さるみなさんが簡単に合格できるよう貴重な情報を拡散していきたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

地方上級の試験に関する僕の体験記はA日程の市役所とB日程の市役所に分けて書きたいと思います。

B日程の市役所は

「説明会」「筆記試験(1次)」「面接試験(2次)

この3パートに分けて書いていきたいと思います。

[市役所B日程の体験記]

4月の中旬:説明会

7月の第4日曜日:筆記(1次)試験日

8月の終わり:面接(2次)試験日

クリックすれば読みたい部分の体験記が見れます!

「説明会」に関する記事では、説明会の雰囲気や流れを紹介していきたいと思います。

「筆記(1次)試験」に関する記事では、筆記試験の雰囲気と僕の感想を書いていきたいと思います。

面接(2次)試験に関する記事では、市役所の面接試験の流れや雰囲気を僕の体験を通して紹介していきますね!

このページでは「赤文字の部分である”面接(2次)試験に関する体験談”」について紹介していきたいと思います!

※この記事はB日程の市役所の体験を記したものです。

市役所の面接って難しいんだろ?

ネコ23歳

そうだな。

国家系の面接試験よりは難しいかもしれんな。

でもきちんと準備して試験に臨めば大丈夫だ!

せんせい

【地方上級の体験記】面接試験(8月の終わり)の雰囲気と僕の感想

面接試験日までの前置き

B日程の市役所の面接は8月の終わりでした。

国家系の試験の内定も内定が出終わっている時期ですね。

僕もB日程の市役所の面接の前に国家公務員の内定を2ついただくことができ、少し安心して面接試験に臨むことができました。

筆記試験も通過できたし、小論文も自分なりにはうまく書けたしということで、B市の市役所の試験に関してはいいスタートを切ることができました。

ではさっそく実際の面接試験の雰囲気や実際に受けた感想を書いていきたいと思います。

 

面接試験の概要と流れ

僕の面接試験の日程は8月の終わりの午後からでした。

30分前に市役所まで足を運び、待機室に向かいました。

僕は珍しい地域の出身だったので、それがきっかけとなり、係りの人と雑談をしながら試験開始までの時間を過ごしました。

「筆記試験はできたか~?」「趣味は~なんだ?」などと話しかけてくれたので、緊張もほぐれた気がしますw

そして僕の順番が来て面接試験が始まりました。

面接試験について簡単にまとめて紹介しておきますね!

[面接試験の概要]

1人の面接時間はだいたい30分前後

面接官は5人

面接カード(自己紹介シート等)に沿って行われる

※あくまで僕の体験をもとに書いているものです。

A日程の市役所の時には、面接カードの項目が2個しかなかったこともあり、面接カードに書いたこと以外の質問をたくさんされたのですが、B日程の市役所の場合は面接カードに沿って面接が行われました。

でも深く突っ込まれるという点においては同じです。

そして面接官や試験時間に関しては、A日程の時と同様に面接時間が30分前後、面接官が5人と人物重視の傾向が見て取れました。

では肝心な面接試験の部屋の図を紹介しますね!

市役所の面接試験の雰囲気1

カバンに関しては、待機室に置いていってよいとのことでした。

そしてどうでもいいことかもしれませんが特徴的だったのがイスです。

今までの試験はすべて折り畳みのタイプや重ねて収納できるタイプの簡単なイスでしたが、この時はオフィスチェアと言いますか、座り心地の良いふっくらとしたタイプのイスでしたw

面接試験の説明はこれくらいにして、これから僕の面接試験の感想を書いていきたいと思います。

 

面接試験を受けた感想や反省点など

面接試験の内容に関しては、A日程の市役所と同様に”市の職員となった後にどう行動するのか”を聞かれることが多かったです。

そしてあらかじめ提出しておいた面接シードに沿って面接が行われました。

僕が受験したB市の面接カードは以下の6つで構成されていました。

  • 志望動機
  • 自己PR
  • 部活やボランティア、アルバイト等
  • 趣味・特技など
  • 自覚している性格
  • 希望する仕事

ここに書いてある内容について、深く突っ込まれることが多かったです。

なので面接カードに書いた内容についてはいろいろな質問を想定しておいて、きちんとしゃべれるように準備しておかなければいけませんね。

実際に受けてみて、それを痛感しました。

これ以外でも「市役所でよくある質問集」「公務員試験でよくある質問集」の記事で書いた内容の質問が多かったので、これらの基本的な質問も絶対に用意しておかなければいけませんね。

では次に面接カードに書いたもの以外で印象的だった質問をいくつか紹介していきますね!

[印象的だった質問]

○○市のどこが好きか

○○市の~(スローガン的なもの)を知っているか

この2つが僕の中では印象的でした。

[○○市のどこが好きか]

市のいいところを3つ言ってくださいって言われたのを覚えています。

1つではなく、3つというところで印象に残っていました。

  • 自然豊かなところ
  • 温暖な気候で住みやすいところ
  • 交通のアクセスが良いところ

こんな感じで答えた覚えがあります。

今更反省しても遅いですが、こういった質問にはこの市にしかない特徴を言うのが良いのかもしれませんね。

[○○市の~(スローガン的なもの)を知っているか]

僕も○○市が掲げているこのスローガン的なものは知っていたんですが、本番でど忘れしてしまったんですねw

ちょっと考えてみて、思い出せなかったので正直に「申し訳ありません、忘れてしまいました」と答えました。

そしたら面接官の方が教えてくれました。

僕は「ありがとうございます。思い出しました。」と答えました。

続けて面接官が「ではあなたにとって△△とはなんですか?」と聞いてきました。

この△△とはスローガン的なものに書かれている文字で、例えば「挑戦」とか「仕事」とかそんなものです。

△△は意味的には「目標」のような言葉だったので

「子供から大人まで○○市で暮らすすべての人がが安心して快適に暮らせるように市を支えていくこと、活気あふれるまちをつくっていくこと、それが僕にとっての△△です。」と答えました。

実際はもう少し長く話しましたが、内容的にはこんな感じ(↑)でした。

この質問が一番印象に残っています。

こういったスローガン的なものも市のHPに大きく書かれているので、覚えておいた方がいいかもしれませんね!

参考になるかわかりませんが、僕の場合は主な質問は面接カードに沿ったもので、それ以外の質問もよくある質問ばかりでした。

先ほども簡単に紹介しましたが、「市役所でよくある質問集」「公務員試験でよくある質問集」これらの記事で質問の内容に関しては深く説明しているので、面接を受ける予定の方はチェックしてみてくださいね!

これくらいでB日程の市役所の面接試験に関する体験談は終わりにしたいと思います。

ありがとうございました!

このページは当日の雰囲気をつかむものだからな。

質問内容に関する細かい説明は

市役所でよくある質問集

公務員試験でよくある質問集

この2つを見ておくようにな!

せんせい

オッケー!

当日の雰囲気はなんとなくわかったよ!

俺はこれから質問集のページをみて面接対策をはじめるよ!

ネコ23歳

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です