2018/05/06

【地方上級の体験記A】冷静沈着な俺が叫んだ!小学生でも解けた問題が俺には解けなかった

 

この記事を書いている人 - WRITER -

1年で公務員に一発合格した24才

周りの人みたいに真面目に就活できる気がしなくて公務員を志望。

公務員試験に関する情報を知ってるだけで難易度が一気に下がることを実感しました。

見て下さるみなさんが簡単に合格できるよう貴重な情報を拡散していきたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

地方上級の試験に関する僕の体験記はA日程の市役所とB日程の市役所に分けて書きたいと思います。

A日程の市役所では4日に分けて試験が行われたので

「筆記試験(1次)」「集団面接(1次)」「一般教養筆記(2次)」「面接(2次)」

この4パートに分けて書いていきたいと思います。

※A日程の市役所に関しては、説明会に一度も参加していません。

クリックすれば読みたい部分の体験記が見れます!

「筆記(1次)試験に関する記事では、実際の試験日の雰囲気や僕が受験した感想などを紹介していけたらかと思います。

「集団面接(1次)試験」に関する記事では、集団面接の流れと雰囲気、僕の感想を書いていきたいと思います。

一般教養筆記(2次)試験に関する記事では、貴重な一般教養の筆記試験の体験を書いていきたいと思います。

面接(2次)試験」に関する記事では、市役所の面接試験の流れや雰囲気を僕の体験を通して紹介していきますね!

このページでは「赤文字の部分である”一般教養筆記(2次)試験に関する体験談”」について紹介していきたいと思います!

※この記事はA日程の市役所の体験を記したものです。

市役所の一般教養ってどんな問題なんだ?

ネコ23歳

簡単に言えば漢字の読み書きや計算、それに時事問題といったところか。

詳しいことはこのページをみればわかるぞ!

せんせい

【地方上級の体験記】一般教養筆記(2次)試験(8月の頭)の雰囲気と僕の感想

一般教養筆記(2次)試験日までの前置き

なんとか1次試験の筆記と集団面接を終え、無事に合格をもらうことができました。

僕が受験したA日程の市役所はリセット方式を採用していたため、ここからが本当の勝負ということになります。

[リセット方式とは]

1次試験終了時に持ち点がリセットされることです。

僕が受けたA市に関しては、1次試験が「筆記+集団面接」で2次試験が「一般教養+面接」となっていますが

1次試験はボーダー点を超えているか超えていないかだけを判断するものとなります。

1次試験(筆記+集団面接)でボーダーぎりぎりのA君と

1次試験(筆記+集団面接)で満点のB君

合格さえしていれば立場が同じということです。

1次試験の点数がリセットされて、2次試験のみで合否が決まるということです。

1次試験の点数は関係なくて、「面接試験+一般教養筆記試験」の合計点が高い人が合格できるってわけです。

この一般教養筆記と呼ばれる試験、基本的には対策なんて必要ないと言われましたが、A市について詳しくない僕にとっては非常に難しい試験でした。

正しくは地元のニュースや時事問題について詳しい人は対策はいらないということですね。

僕はそれを知らなかったんです。

なので適当に買った「一般常識」という1000円くらいの本を参考に漢字の読み書きを主に練習していたんですね。

練習といっても2~3日パラパラ読んだだけでしたが。

そんな状態で試験に臨んだ僕の体験と感想をこれから書いていきたいと思います。

 

一般教養筆記(2次)試験の概要と流れ

一般教養筆記(2次)試験は13時~14時までの1時間ぽっきりの試験でした。

いきなりですが、概要については市役所の一般教養筆記試験の対策方法やポイントをまとめたページで紹介しているので、こちらを見てみてください。

【市役所の一般教養筆記とは】俺は騙された!漢字や計算なんかより大事なのは○○!

このページでは簡単に試験の流れや問題の雰囲気について書きたいと思います。

一般教養筆記試験の問題の内訳はこの通りです。

※あくまで僕が受験した市役所の場合です。

一般教養筆記の試験内容内訳

僕は説明会に参加していなかったので、”この試験がほとんど市政情報で構成されている”なんて知らなかったんですね。

本当に情報を知らないというのは怖いことです。

そしてこの一般教養は筆記試験なので、これら70問の穴埋めをしていくといった感じでした。

※服装に関しては全員がスーツでした。

この試験もシャープペンでオッケーです!

試験の流れや概要については以上です。

ちなみに私も市政情報で大爆死したからな。

市政情報について知らないものだらけだったよ。

せんせい

県外の受験者を毛嫌いしているってことだな。

俺は地元の市役所を受けるから大丈夫だぜ!

ネコ23歳

一般教養筆記試験の実際の問題と僕の感想

漢字の読み書きは4~5割くらいしかできず、得意の計算問題も5問だけしか出題されませんでした。

4寺熟語に関しても5問中2問しかわかりませんでした。

時事問題に関しても微妙な感じでした。

そんな状態から絶望の市政情報35問・・・。

完全に詰みましたw

そして申し訳ないんですが、漢字や計算問題がどのような問題だったか詳しく覚えていないため、ここの説明は省かせていただきます。

(個人的には漢字はかなり難しかった印象があります。)

 

市政情報についても、簡単な問題しか答えることができませんでした。

こちらは参考程度にどんな問題が出たのかをいくつか紹介したいと思います。

[実際の問題]

例題① アニメ○○○の舞台となったのは△△県の何区でしょう。

例題② △△県の□□区が生産量日本一の食べ物は?

例題③ 観光地◎◎のマスコットキャラクターの名前は?

その地域にずっと住んでいる人なら簡単な問題かもしれませんが、僕みたいに全然知らないとやばいくらいできないですw

地元愛がある受験生を有利にしている」と感じました。

なんせ技術の専門試験が合否の対象になってないのに、この一般教養筆記は合否に関係があるんですからね~。

市役所は人物重視ってことですね。

対策としては「実際に観光してみる」「市のニュースを細かくチェックする」なんかがいいと思います。

とくに県外からの受験の場合、勉強の休憩がてら旅行をしてみてはいかがでしょうか。

リラックスもできるし、対策にもなるしで一石二鳥だと思います!

なんとなく一般教養筆記の雰囲気はつかめたでしょうか?

まぁこれは僕の体験であって、全国共通のパターンの問題ではないので、あくまで参考程度でお願いいたします。

先ほども載せましたが、市役所の一般教養筆記試験の対策方法やポイントを知りたい方はこちらを見てみてくださいね!

【市役所の一般教養筆記とは】俺は騙された!漢字や計算なんかより大事なのは○○!

では今回もありがとうございました!

俺は市のニュースは毎日チェックするようにこころがけているぜ!

面接対策にもなるし、いい勉強方法だろ。

ネコ23歳

そうだな。

あとは市のHPもきちんとチェックしておくようにな!

まぁネコ君は地元を受けるからいいけど、休憩がてら観光してきたらどうだ?

せんせい

そうだな。

週末にちょっくら観光地めぐりしてくるわ!

ネコ23歳

この記事を書いている人 - WRITER -