2018/05/06

【労働基準監督官の仕事内容】今すぐ知るならコレ!現役公務員が徹底紹介!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

1年で公務員に一発合格した24才

周りの人みたいに真面目に就活できる気がしなくて公務員を志望。

公務員試験に関する情報を知ってるだけで難易度が一気に下がることを実感しました。

見て下さるみなさんが簡単に合格できるよう貴重な情報を拡散していきたいと思います。

公務員試験面接対策

この記事を書いている人 - WRITER -
公務員合格を応援・サポートする現役公務員

労働基準監督官ってなに?

労働基準監督官ってどんな役割があるの?

労働基準監督官の仕事内容は?

労働基準監督官に向いている人は?

このような労働基準監督官の気になることを紹介していきたいと思います。

俺も気になってたんだよ。労働基準監督官について詳しく教えてくれよ。

ネコ23歳

労働基準監督官ってなに?

労働基準監督官って言われても全然イメージできませんよね。

最近は少子高齢化や不況の影響もあり、労働に関する問題が目立つようになりました。

サービス残業に違法解雇、過重労働など解決しなければいけない労働問題は山ほどあるんですね。

そんな労働者の権利が守られていない世の中ではダメなんです。

なので労働問題に関するエキスパートとして違法な現場がないか取り締まる人が必要なんです。

その取り締まる人たちのことを労働基準監督官と呼ぶんですね。

要は労働関係の警察といった感じです。

労働基準監督官の役割って?

労働基準監督官は、事業主に対して労働基準関連法令を説明し、理解してもらうことによって、適切な労働環境へと導いていく役割を担います。

労働環境を改善することで労働災害を未然に防ぐことができたり、

適正な労働環境をサポートすることができるので、労働者のモチベーションが上がることから仕事の効率化にもつながります。

例えば、

・残業代を払ってもらえない

・過重労働を強いる

このような問題は精神的疲労をためるだけでなく、慢性的な疲れから労働事故にもつながってしまいます。

労働基準監督官がこのような問題を取り締まり、安全な労働環境を作り出さなければいけないんですね。

過重労働などによる自殺のニュースも聞いたことがるだろう?労働問題は早急に解決しなければいけない課題なんだ。

せんせい

俺もニュースで見たよ。労基って労働関係の警察なんだね。イメージつかめたよ!

ネコ23歳

労働基準監督官の仕事内容って?

労働基準監督官の仕事内容は大きく分けてこの4つ!

労働基準監督官の業務は大きく4つにわけられるんですね。

臨検監督

労働基準関係法令に基づいて、定期的に管轄の事業所に立ち入り調査を行います。

労働者からの相談があった場合でも立ち入り調査を行います。

現場では、「業務で使用する機械や設備が安全であるか」「帳簿を調べて適正な労働時間で働いているか」など

労働者が適正な条件で働くことができているのかを厳しくチェックします。

司法警察事務

事業主が労働基準関係法令に違反している場合、その違反が重大で悪質である場合には、特別司法警察員として、事業所の捜査、差押え、逮捕などの強制捜査を行い、検察庁に送検することができます。

簡単に説明すると、法律に反する労働条件で労働者を働かせていた場合は事業主を逮捕できるということです。

労働関係の警察をいうだけあって、逮捕もできちゃうんですね。

安全衛生業務

工事現場などでは、事業主が適正な労働環境で働かせていなかったことが原因で事故が起こり、

死亡者がでてしまうといった労働災害が起こることがあります。

労働基準監督官が実際に災害の発生現場に行き、災害の発生状況や原因を調査し、同じ事故が起こらないように指導をします。

大震災などではとくに復興作業を第一に考えてしまって、危ない状況で作業してしまう人が多くいるんですね。

そういった人たちに安全に作業してもらえるよう指導したりもします。

労災補償業務

仕事の関係(通勤も含む)で労働者の負傷、疾病、傷害、死亡等といった労働災害にあわれた場合に、

必要な保険給付を行うために事実関係の調査を行います。

通勤途中に転んでケガをしてしまったなどの場合には保険がききます。

そういった相談が多いので、労働基準監督官が適正に対応するんですね。

労働基準監督官の仕事まとめ

労働基準監督官の仕事は

  • 事業所が適正な労働環境で運営しているかの監督と指導
  • 労働者からの労働問題にかかわる相談への対応
  • 労働災害が起きた場合に現場に事実調査に行く

などがあげられます。

事業所や現場に足を運ぶことが多いので

仕事をする時間のだいたい60%くらいは現場や事業所などへ外出、

残りの40%は事務処理業務などの内勤を行います。

内勤では、事実確認書類などの多くの書類を作成したりします。

労働基準監督官に向いている人は?

性格の適正は僕の考えになってしまいますが

  • 正義感が強い人
  • 一人が好きな人
  • 人とかかわるのが好きな人
  • 全国転勤がOKな人
  • 自分の意志で行動できる人
  • 自分の意見をきちんと発言できる人

このような人が向いていると思います。

やはり労働関係の警察というだけあって正義感が大事なんですね。

そして一人で行動するのが好きで、自らの意志で動ける人も良いかもしれません。

あとは全国転勤があるのでそれも大丈夫な人が良いですね。

労働基準監督官って意外とかっこいいんだな。

ネコ23歳

その通り!最近は人気でな、労働基準監督官を第一志望にしている人はかなり多いんだ。ネコ君もきちんと仕事を理解したうえで試験を受けないとな。

せんせい

簡単に労基について知りたいならコレ!

労働基準監督官の仕事内容についていろいろ説明しましたが、

やはり一番わかりやすいのは目で見て学ぶことですよね。

労働基準監督官を受験しようと思っている人は絶対にこれを見るべきです。

そえは「ダンダリン 労働基準監督官」というドラマです。

実際の仕事風景や雰囲気、仕事をするうえで大切なものなど

労働基準監督官について詳しく知ることができるドラマです。

記事を読んでみても文字ばかりでよくわからない方は一度みてみてくださいね。

労基を目指す人は絶対にみましょう!

そして、最近は労働基準監督官の採用人数が一気に増えているので、受験する方はチャンスです!

ダンダリンを見てモチベーションを高めてから勉強がんばりましょう!

実は私も「ダンダリン」2回みたんだ。ネコ君も絶対見ておけよ。

せんせい

わかったよ。俺も文字を読むのより、ドラマみて仕事内容を学べるほうが楽でいいよ。

ネコ23歳

この記事を書いている人 - WRITER -
公務員合格を応援・サポートする現役公務員