2018/03/19

【労働基準監督官の試験に関する質問】気になる疑問を僕が解決します!公務員の知恵袋 Q&A

 

この記事を書いている人 - WRITER -

1年で公務員に一発合格した24才

周りの人みたいに真面目に就活できる気がしなくて公務員を志望。

公務員試験に関する情報を知ってるだけで難易度が一気に下がることを実感しました。

見て下さるみなさんが簡単に合格できるよう貴重な情報を拡散していきたいと思います。

公務員試験面接対策

この記事を書いている人 - WRITER -
公務員合格を応援・サポートする現役公務員

労働基準監督官は最近とても人気な試験なので目指している人も多いと思います。

他の人より有利に試験を進めるためにも労働基準監督官の試験における情報は知っておきたいですよね!

なので僕がこの記事を通して労働基準監督官の試験に関する気になることや疑問を解決していけたら!と思いまして

今回は労働基準監督官の試験に関する疑問をならべて、質問コーナーとして公務員試験に合格した僕が回答していきたいと思います!

俺も受験するつもりなんだけどわかんないこといっぱいあってさ!

教えてくれよな!

ネコ23歳

ちょうどいい機会だな。

今日はそんな労働基準監督官の試験に関する疑問を解決してもらおう!

せんせい

労働基準監督官の試験とはどんな試験か?

労働基準監督官の試験はまずA区分(法文系)とB区分(理工系)にわけられます。

文系だけではなく理系の採用も増えているんですね。

そんな労働基準監督官の試験は1次試験と2次試験の2段階で構成されています。

[1次(筆記)試験]

①教養多肢式試験

②※専門多肢式試験

③※専門記述試験

[2次(人物)試験]

④人物(面接)試験

⑤健康診断

このように2次試験を合格すれば内定をもらうことができます。

国家総合職や国家一般職と違って官庁訪問と呼ばれる試験がないんですね!

大卒でも社会人でも目指しやすい試験となっています。

※A区分とB区分で②と③の出題内容が異なります。

 

労働基準監督官の筆記試験の難易度はどれくらいか?

先ほども簡単に説明しましたが、筆記試験は次の3つがあります。

[1次(筆記)試験]

①教養多肢式試験

②専門多肢式試験

③専門記述試験

労働基準監督官の試験は基礎的な問題から出題されるので難易度はそこまで高くありません。

教養試験の難易度としては大学のセンター試験レベルです。

中には難しい問題もありますが、そんな問題は解けなくてもいいんです!

他の受験生もほとんど解けませんからね。

確実に解ける基礎的な問題をいかに落とさないか、これがポイントってわけです。

専門試験の多肢式・記述式に関しても、過去問だけやっておけば大丈夫です。

それでも合格するためには勉強はある程度きちんとやらなければいけませんが、問題自体のレベルは決して高くはありません。

専門試験の難易度としては大学入試の問題って感じのレベルです。

大学の内容からの出題があったとしても、基礎的な問題ばかりです。

ですが勉強し始めのころはどうしても難しく感じてしまうものですよね!

確実に合格したいなら最低でも試験日の1年前からは勉強を始めることをオススメします。

労働関係の問題だけは別に対策しなきゃいけないけどね!

これも過去問だけやっておけば大丈夫だ!

せんせい

労働関係の問題も全員がゼロからスタートするわけだし俺も頑張るよ!

ネコ23歳

労働基準監督官の試験に合格するための勉強方法とは?

労働基準監督官の試験に合格するためには効率よく勉強してしっかりと知識をつけていかなければいけませんよね!

なので最初に勉強する科目と捨てる科目をきちんと知る必要があります!

苦手な教科を無理して勉強する必要はありません。

例として僕の勉強方法を紹介しますね!

教養試験は数的・判断推理と資料解釈、現代文と時事問題、それに物理・化学だけです。

僕はB区分(理工系)で受験したので物理と化学は専門試験の勉強と並行して行いました。

とはいっても専門試験の勉強をしているだけで自然と教養試験の物理や化学は解けるようになりました。

なので結局僕がやった教養試験対策は①数的・判断推理、②資料解釈、③現代文、④時事問題対策の4つだけです。

なんか科目がたくさんありすぎるとやる気出なくないですか?

とくに数的・判断推理は問題数も40問中13問とかなりの比重をしめていますので非常に力を入れて勉強しました。

このような”重要度の高い科目を重点的に勉強する”というのが合格するための勉強方法であり、合格への近道だと考えています。

よかったら僕が書いた勉強方法のページもチェックしてみてくださいね!

勉強方法の記事一覧

教養:専門多岐:専門記述の配点は2:3:2なんだ。

専門多岐式が一番重要度が高いんだ。

どういうことかわかるなネコ君!

せんせい

その重要度が高い専門多岐式で高得点を狙えるように勉強しろってことだろ?

ネコ23歳

そういうことだ!

重要度が高い科目や捨て科目はこちらのページにすべて載っているから参考にしてみるように!

労基の教養試験の内訳と重要度

労基Bの専門試験の内訳と重要度

せんせい

労働基準監督官の試験は独学でも大丈夫か?

労基は独学でも合格しやすい試験だと思います!

労基の試験は”集団討論や小論文”といった対策のしにくい試験科目がありません!

教養試験と専門試験のそれに面接の対策だけで合格までたどりつけるんですね!

教養試験や専門試験などの筆記試験対策においては取捨選択が大事ですが、その情報もインターネットで調べればでてきます。

面接対策に関してもハローワークなどでやってもらえますしね!

僕もみなさんに情報を提供したくてこのサイトを運営しています。

労働基準監督官に関する記事もたくさん書いているのでよかったら参考にしてみてください!

労働基準監督官に関する記事

取捨選択が大事ですのでこちらの勉強方法に関する記事も読んでみてくださいね!

勉強方法に関する記事

 

労働基準監督官の試験では学歴は関係あるか?

労基の試験では学歴が一切関係ありません!

筆記試験はもちろん学歴なんて見られる機会がありませんし、面接の際も学歴を隠して行われます

学歴が評価されるポイントが一切ないんですね!

よく「労働基準監督官になりたいけど、どこの大学に行ったらいい?」などの質問がありますが、大学は関係ありません。

強いて言うなら法律について勉強できる学部か、公務員の専門学校に入るかのどちらかがいいと思います。

受験者全員に平等なチャンスが与えられています。

公務員試験自体実力勝負なのでしっかりと対策をして合格を目指していきましょう!

学歴も関係あるのかと思ってたぜ!

せんせい

意外と知らない人が多いんだよな。

公務員試験は実力勝負なんだ!

ネコ23歳

労働基準監督官の転勤について

労基の場合、全国転勤が当たり前です。

採用されてから始めの3年間は自分が今住んでいる都道府県と出身地から2ブロック以上離れた土地での勤務となります。

ブロックは全部で北海道、東北、関東信越、東海北陸、近畿、中国四国、四国、九州の8ブロックです。

そして基本的に2年ごとに転勤があるんですね。

採用されてから7年間は希望エリア(地元など)に帰ってくることはほぼありません。

8年目からは最終定着しとして希望を聞いてもらえることが多く、希望エリアの部署に配属されたら幹部になるまでは基本的に希望エリアでの勤務となります。

そして幹部に昇進後、2年ほど他局に移動し、また自分の希望エリアに戻ってこれるシステムとなっています。

しかし、このシステムも労働局ごとによって異なるため一概には言えません。

希望がほとんど通らないエリアもあれば、あっさり希望が通ってしまうエリアもあります。

おおむね7年間は地元に帰ることができないという点だけは試験に臨むうえで覚えておかなければいけませんね。

なるほどな~

俺も最終的には地元ではたらきたいんだけどな。

ネコ23歳

ネコ君も真面目に頑張っていたら8年目から地元で働いていけるぞ!

それに親の介護や結婚を理由に地元(都道府県内)での勤務として希望を通してくれることがもあるしな。

せんせい

労働基準監督官と国家一般職の厚生労働省のどちらを受験するのがいいか?

労働基準監督官と厚生労働省では働き方が異なります。

ですがもし労働関係の仕事をしたいというのであればどちらも受験することをオススメします。

難易度で言うなら労働基準監督官の方が若干低いような気もします。

国家一般職の方は厚生労働省の方に官庁訪問(面接)をしなければいけません。

やはり官庁訪問があるとその分合格できる確率も下がってしまうと思います。

その点労基は2次面接の一発勝負なので気持ちも楽ではないでしょうか。

個人的な意見ですがぜひ参考にしてみてくださいね!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
公務員合格を応援・サポートする現役公務員