2019/11/22

【労働基準監督官の倍率】俺のサイトも見てよ(泣)ボーダーが下がってるらしいよ!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

私が噂のせんせいです(笑)

「こんな『せんせい』がいたらよかったのに!!!」

という受験生の想いを叶えるべく私が存在してます(笑)

・誰かに相談したい…

・面接が苦手…

・何からやればいいかわからない…

あなたの状況に応じてアドバイスしてます。

「フォローするかしないか、悔いが残らない方を自分で選べ」  

公務員試験専門家
@マジ指導

公務員試験面接対策

この記事を書いている人 - WRITER -
公務員試験専門家@マジ指導
私が噂のせんせいです(笑)「こんな『せんせい』がいたらよかったのに!!!」という受験生の想いを叶えるべく私が存在してます(笑)・誰かに相談したい...・面接が苦手...・何からやればいいかわからない...あなたの状況に応じてアドバイスしてます。「フォローするかしないか、悔いが残らない方を自分で選べ」→  Twitterアカウントはコチラ

足切り=ボーダーってマジ!?

私は公務員試験の専門家として活躍させていただいている『せんせい』といいます。

統計学が大好きなので、試験の倍率やボーダーについて解説・考察するのも大好きなんですね(笑)

 

ということで、今回は皆さんが気になる『労働基準監督官の倍率』関係の情報をまとめて紹介!

倍率を知るだけなら他のサイトで満足できると思いますので、私は難易度・ボーダーについて深く考察していきたいと思います!

 

これらについて紹介していきますが、まずは簡単に試験の区分について触れていきたいと思います!

 

労働基準監督官は採用枠が年々増加しているからね!

年々倍率が下がっていっているんだ!

せんせい

マジか!これは今年チャンスかもしれないな…!!

難易度について詳しく教えてくれ!

ネコ23歳

 

【労働基準監督官の倍率】まずは試験区分について解説!

労働基準監督官の試験はA区分とB区分にわけられています。

簡単に違いを説明すると、文系理系かの違いです。

A区分が法文系と呼ばれる基本的に文系の方が受験する区分で、

B区分が理工系と呼ばれる基本的に理系の方が受験する区分となっています。

どちらの試験を受けるのかというのは自由に選べるので、数学や物理が得意な文系の人がB区分で受験することに何の問題もありません!

 

傾向としては、A区分の方が受験生も採用枠が多いですが、B区分の方が倍率やボーダー点が低めといった感じですね!

 

難易度やボーダーについて話す前に、労働基準監督官の倍率について紹介していきますね!

 

 

【労働基準監督官の倍率】A区分(法文系)とB区分(理工系)の合格倍率を徹底解説!

労働基準監督官の倍率については、『1次試験倍率』『2次試験倍率』『最終合格倍率』の3つについて紹介していこうと思います!

 

先に計算方法だけ紹介しておきます!

計算方法

  • 1次倍率は『受験者数』÷『1次合格者数』
  • 2次倍率は『1次合格者数』÷『最終合格者数』
  • 最終倍率は『受験者数』÷『最終合格者数』

で計算しています。

では、平成24~令和元年までの倍率一覧をA区分とB区分にわけて、それぞれ紹介していきますね!

 

労働基準監督官A区分(法文系)の倍率

労働基準監督官Aの倍率はこんな感じですが、まとめてみると面白いですよね!

筆記の倍率は年々下がっていますが、面接倍率は少し上がっています。

『適性』が見られる労基ならではですよね!

 

ボーダーについては後程触れていきます。

続いてB区分をチェックしていきましょう!

 

労働基準監督官B区分(理工系)の倍率

この表をみて気になるのは、1次(教養+専門択一)の倍率がありえないくらい低いという点ではないでしょうか。

実はB区分は筆記試験のボーダーがめちゃくちゃ低いんですね。

 

筆記のボーダーが低いということもあって、特に社会人の方に人気の試験となっています。

これも職務適性重視の労基ならではですよね。

 

 

  • 1次試験は『教養』+『専門択一式』
  • 2次試験は『専門記述式』+『面接』

専門記述式は1次の合否に影響しません!
2次が面接だけだと勘違いしている方が意外に多いので、気を付けて下さい!

せんせい

 

労働基準監督官の試験はなぜ倍率が低くなってきているのか

倍率一覧をみてわかる通り、面接試験での『適性』を重視しているのが労働基準監督官の特徴と言えます。

筆記試験ができたところで、職務適性が無かったら合格できませんし、労基としても活躍できません。

ということで1点、労働基準監督官の筆記倍率を下げて、面接の受験生を増やしたいからという理由があると思います。

人物重視の市役所とかと一緒の考え方ですよね!

 

そして、労働基準監督官という職業自体、かなり人手不足になっています。

長時間労働、サービス残業、職場環境問題等、労働基準監督官がいないと世の中まわっていかないわけですよ。

現に採用予定数は昔の何倍にもなっていますからね!

 

それにもかかわらず『全国転勤アリ』という条件があったので、毛嫌いしている受験生が多かったです。

このような懸念点があったので、最近『労働局ごとの採用』に変更し、全国転勤をなくしたということですね。

 

全国転勤アリのままだと受けてくれる受験生も減りますし、併願先として利用されるだけされて内々定を蹴られるというパターンも多かったですから、分母を増やすためにも、最終ボーダー点(難易度)を下げていますよね!

ということで次は『労働基準監督官の難易度・ボーダー』について解説していきたいと思います!

 

【労働基準監督官のボーダー点】難易度下がりすぎじゃないのか?

こちらは標準化した点数なのですが、パッと見てわかるのは年々ボーダーが下がっているということですよね!

じつはこの標準点というのは「偏差値」をもとに算出するんですね。

 

わかりにくいと思いますので、簡単に説明すると、1次試験科目は『教養』+『専門択一』ですよね。

この2つの試験で平均点を取ったA君がいたとします。

  • 教養の平均点は標準点で142点
  • 専門択一の平均点は標準点で214点

A君の標準点は142+214=356点ということになります!

 

そこでもう一度表を見てみましょう!

理工系の令和元年、219点って低すぎだと思いませんか?

偏差値で言うと約37ですよ。

 

そうなんです。

近年のB区分(理工系)は足切り点=ボーダー点になっています。

40点満点の試験なので12点とれば合格ということですよ。

難易度低すぎて大丈夫か?

とちょっと思います(笑)

 

ちなみに文系の方も令和元年度の筆記突破ラインは偏差値約45です(汗)

 

めちゃくちゃ簡単そうに聞こえるけどな~!
労基の試験って難しそうな印象だったわ!

ネコ23歳

そう!労働基準監督官の試験って難しそうなイメージがあるけど、筆記試験に関してはそんなことないんだ!
難しいのは『面接試験』ということだね!

せんせい

 

労働基準監督官の筆記試験(教養+専門択一)のボーダー点まとめ

労働基準監督官の最低合格点(素点)も紹介しておきますね!

最低合格点(素点)

【A(法文系)区分】

  • 令和元年:教養17、専門18
  • 平成30年:教養20、専門18
  • 平成29年:教養20、専門18
  • 平成28年:教養17、専門23
  • 平成27年:教養20、専門26
  • 平成26年:教養22、専門26
  • 平成25年:教養23、専門24
  • 平成24年:教養26、専門30
  • 平成23年:教養29、専門23

【B(理工系)区分】

  • 令和元年:教養12、専門12
  • 平成30年:教養14、専門12
  • 平成29年:教養12、専門12
  • 平成28年:教養12、専門19
  • 平成27年:教養15、専門15
  • 平成26年:教養20、専門22
  • 平成25年:教養13、専門14
  • 平成24年:教養23、専門28
  • 平成23年:教養22、専門19

労働基準監督官の最低合格点(素点)を見れば明らかですが、ボーダー点がどんどん下がっていますよね!

もしかしたら上司の方は皆超エリートかもしれません(笑)

 

労働基準監督官の面接試験のボーダー点

労働基準監督官の面接では『職務適性』が超重要ということで、他の試験みたいにA~E評価などという生ぬるいことはしません。

判定は『合否のみ』です!

 

仮に1次試験がボーダーぎりぎりだったとしても、B区分なら記述試験で4割、A区分なら記述試験で5割以上取れていれば、合格できちゃうわけですね!

それくらい職務適性が重要視されるということで、面接の攻略ポイントは非常に大切になってきます。

労働基準監督官の面接で落ちたくない方は、以下のページをすべてチェックしておきましょう!

 

【労働基準監督官の採用面接倍率】下位数%は危ない?

労働基準監督官の試験は、最終合格≠内々定なので注意が必要です!

全国転勤が無くなって、労働局ごとの採用になったので、最終合格発表後にある各労働局の『採用面接』を突破しなければ内々定をもらうことができません!

この『採用面接の倍率』も気になっている方が多いと思いますので、わかっている情報をまとめて紹介します。

採用面接の倍率が○○倍と、断言することはできませんが、最低でも内々定無しの数だけは、採用漏れの方がいるということになります。

意向届を出さない方を含めるともう少しいることになりますよね。

合格順位というのはほとんど内々定に影響しないので、基本的に内々定がもらえなかったという方は志望度が弱い、人物的に問題がある、就職先にこだわりがある、このどれかが該当します。

基本的にこだわりをなくせばどこかしらの労働局に内定をもらえる仕組みにはなっていますので、どうしてもという方はこだわりをなくしましょう!

 

採用面接の真実合格した先輩からのアドバイスはこちら

【労働基準監督官の体験談】採用面接の「真実」と合格者のアドバイス!

 

労働基準監督官は今が熱い試験だと思います!
私も全力で合格をサポートしてますので、わからないことがあれば気軽に話しかけて下さい(^^)

せんせい

 

労働基準監督官に受かりたい方は私の作った『受験案内』を見よう!試験の攻略法を徹底解説!

労働基準監督官をゼロから合格までサポート!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
公務員試験専門家@マジ指導
私が噂のせんせいです(笑)「こんな『せんせい』がいたらよかったのに!!!」という受験生の想いを叶えるべく私が存在してます(笑)・誰かに相談したい...・面接が苦手...・何からやればいいかわからない...あなたの状況に応じてアドバイスしてます。「フォローするかしないか、悔いが残らない方を自分で選べ」→  Twitterアカウントはコチラ
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Comment

  1. アバター たか より:

    平成24年度の労働基準監督官試験はなぜあんなにも倍率が高いのですか。

    • koumuinyarou koumuinyarou より:

      こんばんは!
      私の個人的な意見ですけど
      昔って今より職場の労働環境にうるさくなかったので
      それを取り締まる労基の職員はそんなに数必要なかったんだと思います。
      まぁ募集人数の話ですよね。
      最近は働き方改革等で労基の職員募集数自体が上がってますので
      昔に比べて倍率が低くなっているんだと思います。
      採用枠も今後右肩上がりで増えていくと思われますし。
      ここら辺の社会の変化というものが倍率に影響しているのだと思います。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です