2018/03/19

【公務員の質問集】俺が面接でされた質問に俺が回答!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

1年で公務員に一発合格した24才

周りの人みたいに真面目に就活できる気がしなくて公務員を志望。

公務員試験に関する情報を知ってるだけで難易度が一気に下がることを実感しました。

見て下さるみなさんが簡単に合格できるよう貴重な情報を拡散していきたいと思います。

公務員試験面接対策

この記事を書いている人 - WRITER -
公務員合格を応援・サポートする現役公務員

今回は公務員試験で共通してよくある質問をまとめて解説していきたいと思います。

質問だけでは雰囲気がつかめないと思うので、回答方法も併せて解説していきますね!

「志望動機」や「学生時代に力を入れて取り組んだこと」などの面接カードに書かれている内容は別のページで紹介しているのでそちらをチェックしてくださいね!

国家総合職の面接質問集と回答方法

国家一般職の面接質問集と回答方法

労働基準監督官の面接質問集と回答方法

市役所の面接質問集と回答方法

では面接カードに書いてあること以外の頻出質問の説明していきますね!

公務員試験でよくある質問集と回答方法

公務員の面接試験を全体的に見て多い質問を抜粋し、それに対する回答の仕方を紹介したいと思います。

まずはよくある質問を並べて紹介しますね!

よくある質問

  • [緊張してますか系]の質問
  • [面接への意気込み系]の質問
  • [併願状況]に関する質問
  • [長所と短所]について
  • [関心のあるニュース]について
  • [専攻分野]に関する質問
  • [ストレス解消方法]に関する質問
  • [大学を選んだ理由]について

これらの質問が多くあります。

ではこの区分ごとに実際の質問内容や、回答の仕方を細かく説明していきたいと思います!

【公務員の質問①】[緊張してますか系]の質問内容と回答方法

公務員の面接試験では受験者の緊張を和らげるために、最初に簡単な質問をしてくれる事が多いんですね。

  • 緊張してますか?
  • 今日の朝ご飯は何を食べましたか?
  • 今日は何時ごろ起きましたか?
  • ここまでどうやって来られましたか?

面接官も優秀な人材が欲しくて面接試験をしてるわけですから、素の受験者が知りたいわけです。

そのためにこのように簡単に答えられることを質問してくれるんですね。

回答方法としては、

緊張してますか ⇨ はい。第一志望の面接試験という事で緊張しています。

朝ご飯 ⇨ 今日は~を食べました。

起きた時間 ⇨ 今日は緊張して~時に目が覚めました。

どうやってきたか ⇨ ○○(バスやタクシー、電車など)で~分くらいかけてきました。

とまぁシンプルに答えていれば大丈夫です。

「では面接試験を始めますね。リラックスして質問に答えてください。」

などと面接官が言ってくれると思います。

【公務員の質問②】[面接への意気込み系]の質問内容と回答方法

意外に面接での意気込みを聞かれることが多いです。

  • 面接への意気込みを教えていただけますか?
  • 待ち時間何を考えていましたか?

少し緊張を和らげる質問と被りますが、このような質問を最初にされることがあります。

回答方法としては

面接への意気込み ⇨ 第一志望の面接という事でものすごく気合いが入っています。

待ち時間 ⇨ 今日のために今まで努力してきた自分の姿を思い返し、自分に自信をつけていました。

このように、第一志望であることをアピールするのがベストかと思います。

第一志望じゃなくても、絶対に第一志望と答えるようにしましょう!

これは嘘などではなく、面接のマナーです。

面接官も「第三志望です」とか言われたら面接をする気力もなくなるだろ?

絶対に第一志望と答えるようにな!

せんせい

たしかにな!

了解了解!

ネコ23歳

【公務員の質問③】[併願状況]に関する質問内容と回答方法

公務員試験の面接では毎回と言っていい程、併願状況について質問されます。

個人的にこの質問に対するベストな回答は2つです。多くても3つです。

  • 併願状況は?
  • 民間企業は受けてる?

このように聞かれることが多いんですね。

これに対する回答は少し注意しなければいけない点があります。

国家総合職の面接試験を行うときの場合を例として説明していきます!

[併願先が多すぎる場合]

「公務員試験もすべて受けていて、それに加えて民間企業もいくつも受けている。」

大袈裟ですがこのように(↑)答えてしまうと、志望度が伝わりませんよね?

「うち(国家公務員)もたくさん受けているうちのひとつなのか~。ジャンルが全然違うんだけどな。もっとやる気のあるやつが欲しいな」と面接官も思うはずです。

[併願先が無い場合]

「私は国家総合職だけ受けています。」

このように答えると、国家総合職として働いていきたいという志望度の強さは明確に伝わりますが、

「ここ落ちたらどうするんだ?人生プラン的に大丈夫なのか?」と面接官が思ってしまいます。

大事なことは一貫性がある回答をするということです。

「国家総合職が第一志望で、国家一般職の試験も受ける予定です。民間企業は受けていません。」

もちろん本当のことを言うのが一番いいですが、このように答えるのがベストかと思います。

良くないことではありますが、民間企業に対する質問がくると少しやっかいなので、受けていないことにするのがいいと思います。

※あくまで僕の個人的な意見なので、不安な人は受けた民間企業や他の公務員試験に関して素直に答えてください。

【公務員の質問④】[長所と短所]についての質問内容と回答方法

自覚している性格についてはうまくしゃべるテクニックがあります。

長所と短所はどちらも、それを裏付けるエピソードを用意しなければいけません。

長所と短所にわけて細かく説明していきます!

長所をしゃべるポイント

長所に関するポイントとしては、

長所のポイント
  • 私の強み
  • やめたくなるほど大変だったこと
  • それをどう工夫して乗り切ってきたのか
  • 乗り切った自分についた力
  • それを今後どう活かしていきたいか

このようなリズムでしゃべっていくのがいいかと思います。

僕が実際に使った回答はこちらです。

「私の強みは物事に粘り強く取り組むことができるところです。研究活動において、測定をするのに1回12時間かかる研究を毎日続けていました。毎日続くとつらくて、投げ出したくなる時もありましたが、○○という目標を達成するために、粘り強く研究と向き合ってきました。その結果、○○という成果が得られ、学会で賞をいただくことができました。この経験から身に着けた私の粘り強さを今後も活かして活躍していきたいです。」

なるべく具体的にしゃべっていくのがベストですが、時間も限られているので、この程度でまとめておくのがいいかと思います。

短所をしゃべるポイント

短所に関するポイントを説明する前に、まずは短所の選び方を簡単に説明しておきます。

選び方としてはネガティブなだけの短所を選ばないということがあげられます。

「集中力がない」「忘れっぽい」「自分勝手」

このようなマイナスのイメージしかない短所を選択してはいけません!

面接官に「それ長所でもあるよね?」と思わせるような短所を選びましょう!

簡単な言い回しだと”~すぎる”という使い方がオススメです。

「集中しすぎる」⇨「集中力が高い」

「責任感が強すぎる」⇨「責任感が強い」

このような長所につながる短所をしゃべるのがベストです。

では短所のポイントを説明しますね!

短所のポイント

私の短所として○○がある

なので~(工夫している点)をしている

このようなリズムで話せばOKです。

とくに、”短所を克服するために工夫していること”はエピソードまできちんと準備しておきましょう!

僕が実際に使った回答はこちらです。

「短所として、ひとつの事に集中しすぎてしまうところがあるので、他人の意見を聞き、視野を広げるよう常に心掛けています。」

僕はこのようにさくっと答えて、突っ込まれたら答えられるように準備しておきました。

短所についての質問が来たときは毎回のようにエピソードについてきかれました。

短所についても問題があったことや、それをどう乗り越えてきたのか、という細かいエピソードを用意しておきましょう!

【公務員の質問⑤】[関心のあるニュース]についての質問内容と回答方法

明るい話題のニュースについてしゃべるのがベストです。

まずはニュースを選ぶポイントから紹介しますね!

ニュース選びのポイント
  • ①必ずしも労働関係のニュースを選ぶ必要はない
  • ②面接官が知っているようなニュースを選ぶ
  • ③政治経済系のニュースは書いてはいけない
  • ④賛否両論があるニュースは書いてはいけない

①、②、③関しては言葉通りの意味です。④だけ簡単に補足説明しますね。

例えば、広島カープが優勝したことをネタにしたとします。

単純に面接官が熱狂的な阪神ファンだったら困りますよね。

それだけのことですので、こういったネタは選ばないようにしましょう!

参考程度に僕のものを回答例として載せておきます。

僕は”パリ協定”についてしゃべりました。

「CO2排出国世界第2位となるアメリカが参加しないパリ協定は効率が悪く、パリ協定自体のモチベーションを下げてしまっていると感じています。日本は先進国として2030年までに2013年度比でCO2を26%削減するという目標に向かって今の調子でパリ協定をリードしていけばいいと思いますが、地球温暖化につながるCO2の排出問題は世界が一丸となって取り組まなければいけない課題であると思います。地球を守るためにもアメリカにはぜひ参加してもらいたいと考えています。」

アメリカの動向については僕がどうこう言える問題ではないので、考えた結果これが限界でした。

僕はニュースにあまり関心が無く、出身が環境系の学科ということでニュースはパリ協定をチョイスして逃げ切りました。

とりあえず明るいニュースを探して、それについて深く聞かれても答えられるように準備しておけば大丈夫だと思います。

平成29年度の場合は「将棋の藤井4段の29連勝」や「プレミアムフライデー」がニュースの中では人気でした。

毎年2月に速攻の時事という時事問題対策本が発売されるので、その中から明るいニュースを探すのもひとつの手です。

余裕がある人は常にニュースをチェックしておくと良いと思います。

関心があるニュースについては2個目も用意しておくように!

「今しゃべったこと以外で何かありますか?」と聞かれることもあるからな。

せんせい

1個を完璧にしておけばいいのかと思ってたわ!

オッケー!

ネコ23歳

【公務員の質問⑥】[専攻分野]に関する質問内容と回答方法

専攻分野に関しては次のような質問があります。

  • 専攻分野を簡単に教えて
  • 専攻分野を公務員の仕事でどう活かすか

このような質問が多いです。

とくに「専攻分野を公務員の仕事でどう活かすか」というような質問がよくあります。

”専攻分野を簡単に教えて”という質問に対する回答で注意する点は1つだけあります。

それは、”中学生でも理解できるように簡潔に話す”という事です。

面接官は専攻分野についての予備知識なんてひとつもありません。

いきなり詳しい内容の説明をしてもチンプンカンプンですよね。

「~という目的で、~という観点から、~という事をしています」くらいの簡単な説明だけでOKです。

例えばですが、理系の受験生の場合の回答として

「空気をきれいにするために、工場の排ガスに着目しました。この工場の排ガスを減らすために必要なデータを実験で集めています。」

本当にこれくらいの超簡単な内容でOKなので、考えすぎて難しくしゃべりすぎないようにしましょう!

”専攻分野を公務員の仕事でどう活かすか”は質問されることが多いです。

正直、専門的な分野を公務員で活かすなんてほぼ無理に等しいですよね!

ここで性格に逃げるというテクニックを紹介したいと思います。

僕がオススメする回答方法はこれです。

「私の研究は○○に関することなので、公務員の仕事に直接活かすことは難しいかもしれませんが、研究を行う上で培った私の「粘り強さ」は今後も活かせると考えています。」

こんな感じで逃げておけば大丈夫です。

実際に労働基準監督官と市役所の面接はこれで逃げ切れました。

深く聞かれても自己PRのエピソードを答えておけば大丈夫です。

もちろん、なにか公務員の仕事と関連付けられるならば、それでOKです。

実際に私も市役所の面接のときに質問されたよ。

私も似たような回答をしたが全然オッケーだったな。

せんせい

なるほどね~

実際、公務員の仕事で活かせることってあまりないもんな。

俺も性格に逃げるわ!

ネコ23歳

【公務員の質問⑦】[ストレス解消方法]に関する質問内容と回答方法

ストレス解消方法については趣味やスポーツにつなげていきましょう。

ストレスをコントロールできる人間であるかをチェックするだけなのでを見るだけなので、気楽に回答しましょう!

注意する点は4つだけあります。

  • 迷惑をかけるものはNG
  • 仕事に影響があるものもNG
  • ギャンブル系もNG
  • なるべく日常的に行えるものを選ぶ

この4つです。

上の2つに関しては

「他人に愚痴を言うことがストレス解消です」「お酒をたくさん飲むことがストレス解消です」

このような回答はやめましょうってことです。

3つ目は言わずもがなです。

金銭トラブルに発展しそうな人はアウトです。

4つ目に関しては

「旅行をすることが私のストレス解消方法です。」

旅行ってたまにしかできませんよね?

それじゃあたまにしかストレスが発散できないの?と面接官が思ってしまいます。

なのでなるべく日常的に行えるものを選びましょう。

回答例としては

「ジョギングをすることが、私のストレス解消方法です」

「音楽を聴くことが、私のストレス解消方法です」

こういった毎日でも行える趣味などを選んで回答していくのがいいかと思います。

それに”ストレスがたまりません”なんていうのもダメだぞ!

基本的に面接官はストレス耐性が見たいんだからな。

せんせい

そんな人間いないもんな。

それじゃあストレス耐性が無いですって言ってるようなもんだもんな。

ネコ23歳

【公務員の質問⑧】[大学を選んだ理由]についての質問内容と回答方法

国家公務員の面接試験では絶対に聞かれることはありませんが、市役所などでは意外にこの質問をされることが多いんですね。

  • なんで今の大学を選んだの?
  • なんで今の学部を選んだの?

急に答えようとするとうまくでてきませんよね?

まわりに流されて”なんとなく”大学に進学している人も多いと思います。

この質問に対する回答も用意していなければいけないんでね。

面接官がこの質問で「学生が目的意識を持って行動してきた人か」という事がしりたいので聞いているんですね。

無理やりでいいので目的を作ってしまいましょう!

「○○大学では~の勉強ができるから選んだ。」

「将来~なことがしたくて、~を学べる○○大学の△△学部を選んだ。」

このようになにか目的を作っておきましょう。

もちろん「金銭的な問題」や「地元の大学を選んだ」という正直な回答でも大丈夫です。

ですが「ちゃんとした目的をもってこの大学・学部を選んだんだ!」という答えをなるべく用意するようにしましょう!

では”なんとなく大学に入った”僕の回答を例として紹介しますね。

「私は高校時代「化学」という教科が得意で、この知識を使って人の役に立ちたいと考えていました。いろいろ調べた結果、化学という科目が環境という分野で活躍できることがわかりました。私はこの環境について深く勉強していくために今の大学と学部を選びました。」

少しリズムは悪いですが、”大学に入ってみて気づいたことを高校時代の大学選びの目的だった”という風に言い換えてしゃべりました。

参考程度にしてみてくださいね。

これで頻出質問の説明は終わりです。

おつかれさまでした!

どうしても目的を見つけられないなら、大学のHPをチェックしてみたり、友人に聞いたりしてみよう!

せんせい

大学のHPを見てみたけど、特色なんかが書いてあって参考になったよ!

ネコ23歳

この記事を書いている人 - WRITER -
公務員合格を応援・サポートする現役公務員