2018/03/19

【公務員試験に関する質問】気になる疑問を僕が解決します!公務員の知恵袋 Q&A

 

この記事を書いている人 - WRITER -

1年で公務員に一発合格した24才

周りの人みたいに真面目に就活できる気がしなくて公務員を志望。

公務員試験に関する情報を知ってるだけで難易度が一気に下がることを実感しました。

見て下さるみなさんが簡単に合格できるよう貴重な情報を拡散していきたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

公務員になりたいと思ってもわからないことがいっぱいありますよね!

とりあえずは公務員試験を突破しないといけません。

でも公務員試験についての情報って、さまざまなものが飛び交っていて何を参考にすればいいのか全然わかりませんよね。

そんな疑問を少しでも解決していけたら!と思いまして

今回は公務員試験全般に関する疑問をならべて、質問コーナーとして公務員試験に合格した僕が回答していきたいと思います!

そうなんだよ。

サイトによって書いてあることが違ったりするからどっちを信じたらいいのかわかんないんだよな~

ネコ23歳

そうだな。

どれか自分の信頼できるページを見つけることが大事だ。

私はこのページがものすごく参考になったぞ!

せんせい

公務員試験とはどんな試験か?

公務員試験とは公務員になるための採用試験のことで、一般的には次のような種類の試験ががあります。

[筆記試験]

①教養多肢式試験

②専門多肢式試験

③専門記述試験

④小論文

[人物評価試験]

⑤集団討論試験

⑥人物(面接)試験

ほとんどの自治体などは、この6つの種類の試験からいくつか選んで試験科目として課しています。

重要なのは受ける自治体や職種・試験区分によって試験科目が異なるということです!

例えば

一般的な市役所の試験

”①教養+②専門多肢式+(④or⑤)+⑥人物試験”

で構成されています。

国家公務員一般職の試験

”①教養+②専門多肢式+④専門記述式(※小論文)+⑥人物試験”

で構成されています。

これらの試験を通して総合点の高い人が合格できるってわけですね!

国家公務員になりたかったら国家公務員の採用試験を

地方公務員になりたかったら地方公務員の採用試験を受けるってことだな!

ネコ23歳

そうだ!

自治体によっては教養試験がなかったり、集団面接があったりもするから自分が希望する自治体などのHPをチェックしておくことが大事だ。

「○○市役所 受験案内」などで検索するとPDFファイルが出てくるからチェックしておこう!

せんせい

公務員試験に学歴は関係あるか?

基本的には公務員試験で学歴は関係ありません。

でも全く関係ないかといわれてもそうでもないんですね。

今回は僕が実際に受験してみて学歴が関係があったと思う事をいくつか紹介していきたいと思います!

[国家総合職] 学歴関係あり

やはり官庁訪問と呼ばれる面接試験の際に学歴も見られます。

[国家一般職] 多少学歴関係あり

総合職と同じく、官庁訪問と呼ばれる面接試験の際に学歴を見られる傾向にあります。

[労働基準監督官] 学歴一切関係なし

試験でも面接でも学歴が見られる機会がまったくないです。

[市役所] 学歴ほぼ関係なし

面接の際に大学の内容について話をしたりするので多少は関係ありますが

学歴は関係なく、きちんとしゃべれるかの方がよっぽど大事です。

とはいっても公務員試験は実力の世界です。

国家公務員系は関係あるといいましたが、実力が高い人が単純に高学歴というだけだとも思います。

労働基準監督官や市役所などでは関係なと思いますので実力をつけて勝負していってください!

学歴よりも学部・学科の方が大事だと私は思う。

面接のときに聞かれるのはこっちだからな!

せんせい

まぁ理系の土木学科出身で土木職を受験したら面接のときにしゃべりやすいもんな!

こういうことだろ?

ネコ23歳

そうだ

だが有利不利っていうことではないんだ。

自分の学部・学科と関係ない受験生の方が多いからな。

結局はきちんと準備しているかしていないかの差ってことだ!

せんせい

公務員試験の難易度はどれくらいか?

難易度というのは受験する自治体などによって異なります。

「専門試験無し」という自治体を受験すれば勉強難易度は格段に落ちますし

「受験先の倍率が低い」というだけでも面接の難易度が低くなると思います。

”勉強はどれくらい難しいのか”という質問の答えはその人次第としか答えることができません。

ちなみに僕は数学や理科以外は全くと言っていい程できません。

中学校の時の問題すら解けないレベルだと思います。

そんな僕ですが、教養試験が難しかったかと言われるとそうでもありませんでした。

教養試験はたくさん勉強した人が点を取りやすいシステムになっているんです!

そのポイントが”数的推理・判断推理”ってわけですね!

専門試験に関しても、ほとんどの方が同じスタートラインから勉強していくので、’’やるかやらないか”というだけの違いだと思います。

国立大学に行ってようが、いい大学に行ってようがあまり関係ないです。

公務員試験の科目の中で大学の授業と被っているものなんてほとんどありませんからね。

大学受験でセンター試験の勉強をきちんとしてた人は多少教養試験の難易度が下がるかもしれませんが大差ないと思います。

では僕が受けた試験をトータル的に見て、難しいものから順に紹介してみようと思います。

  1. 国家総合職
  2. 国家一般職=労働基準監督官
  3. 地方上級

このような感じでした。

やはり国家系の公務員試験は勉強しなければいけない科目も多く、合格するために高得点をとらなければいけないので、勉強の面でいうならやはり国家公務員は難易度が高いと思います。

とくに国家総合職は勉強の面ではかなり難しかったです。

結局、難易度って人によって違うってことになっちゃいますよね。

僕なんかは面接が超苦手でめちゃくちゃ苦労しました。

でも公務員試験は対策していったら絶対合格にたどり着けると僕は思いますので、みなさんもまずは勉強頑張っていきましょう!

難易度は人それぞれってことだ!

勉強が得意な人は勉強の部分では難易度が低く感じるだろうし、

面接が得意な人は面接の部分では難易度が低く感じるってことだ。

せんせい

なるほどな。

結局その人次第ってことだな。

ネコ23歳

面接が得意な人は市役所の試験に合格しやすい!

逆に勉強が得意な人は国家公務員の試験に合格しやすいってことだ。

せんせい

公務員試験の対策はいつから始めればいいか?

この質問も目指す公務員の試験次第です。

公務員を目指そうと思ったらまずは試験科目に何があるのかをチェックする必要があります。

例えば市役所の試験であれば

教養試験+面接のみという市役所であれば試験日の3~6カ月前でも間に合いますし

国家一般職の試験であれば

教養試験+専門試験+面接があるので試験日の6カ月~1年前に対策しておいたほうがいいですね。

とくにポイントとなるのは教養試験の中の”数的推理・判断推理”という科目です

この数的推理・判断推理という科目は出題数が非常に多く、謎解きパズルのような問題となっていて習得するのに時間がかかります。

専門試験や面接試験の対策は最低3カ月もあればなんとかなりますが、教養試験の科目、とくに数的推理・判断推理なんかは勉強に時間がかかってしまうことが多いです。

なのでできるだけ早めに開始していくことをオススメします!

具体的にいうなら試験日の1年前には勉強を開始しておくことが好ましいですね。

公務員の勉強や対策って早めにやったもん勝ちなんです。

公務員になりたいと思ったらどんどん行動に移していきましょう!

どうせやらなきゃならない勉強なんだから早めにやっておくようにな!

せんせい

オッケー!

俺は試験日の1年前から始めているぜ!

ネコ23歳

公務員試験に合格するためには1日どれくらい勉強すればいいか?

個人的な意見ですが、時間で決めるより量を決めてやった方が効率よく集中して勉強できます。

「今日はこれだけおわらせるぞ!」と決めてその自分の目標を終わらせるように毎日勉強していくことをオススメします。

公務員試験に合格するために必要な勉強時間は一般的に1000時間と言われていますが、効率よく勉強していったらこんなに必要ないと思います

集中してやった1時間とダラダラやった2時間じゃあだんぜん集中してやった1時間の方が価値があります。

なので時間ではなく量で表して僕の勉強量を紹介すると

  • 数的推理・判断推理どちらか10ページ
  • 専門試験の参考書を10ページ
  • 専門試験の教科書を1章

このように毎日目標を決めて反復して勉強していきました。

初めの方はこれをこなすだけでも5時間くらいかかってしまいますが、慣れてくると3時間もあればできるようになります。

時間でスケジュールを分けるのではなく、このように量できめて勉強していくことをオススメします!

勉強する量は公務員試験の対策を早く始めるほど少なくなります!

公務員試験を受けると決めたらどんどん勉強に本腰を入れていきましょう!

例えば一冊300ページの参考書があるとするだろ?

30日で割ったら1日なんページだ?

せんせい

そりゃあ10ページだろうよ!

ネコ23歳

じゃあ1日あたりその10ページを終わらせるように勉強するんだ!

このように1か月で参考書を終わらせるって考え方が大事だ!

あとは割り算して1日当たりやらなければいけない量を自分で決めていこう!

せんせい

公務員試験は独学でも大丈夫か?

独学でも大丈夫です!

通信講座や公務員講座が必須というわけではありません。

まずは講座のメリットを簡単に紹介したいと思います。

[講座のメリット]

勉強のスケジュールを管理してくれる

勉強のわからないところを講師に質問できる

面接や集団討論などの練習ができる

公務員試験に関する情報が手に入る

次に独学のメリット・デメリットを紹介します。

[独学のメリット]

自分のペースで勉強できる

自分の好きな参考書で勉強ができる

[独学のデメリット]

公務員試験に関する情報が手に入りにくい

わからない部分を解決するのに手間がかかる

面接系の練習がしにくい

このようなメリット・デメリットがあるんですね!

僕はこの中でもとくに「公務員試験に関する情報」というものが重要だと考えています。

「科目の中でも何を勉強して、何を捨てればいいのか」

「どうやって勉強すればいいのか」

「面接でどんな質問がされるのか」

これらはすべて公務員試験に関する情報なんです!

情報を”知っているか・知らないか”、これだけで有利・不利がでてきてしまうんですね!

なので僕がこのサイトを通して講座のメリットを補っていきつつ、独学のデメリットを解消していけたらと思っています!

独学でも大丈夫そうなら無駄にお金を払う必要もありませんし、公務員講座に入った方が俺には向いているかもって思う人はそれでいいと思います。

私は集団行動があまり得意でなくてな。

自分のペースで勉強したいタイプだ。

独学に向いている人・そうでない人がいるんだ。

せんせい

なるどね!

俺もこのサイトを信じて独学でいくつもりだ!

ネコ23歳

公務員と民間企業の併願は可能か?

もちろん可能ですが、公務員試験はやる気があれば絶対に受かる試験です。

もし公務員が本命で民間企業が滑り止めみたいな感じなのであれば、公務員一本でいくことをおすすめします。

公務員試験の中で併願をたくさんしていきましょう!

というのも、民間企業の就職活動の時期と公務員試験の時期が重なっているんですね。

忙しくなってしまって、本命である公務員試験の対策をしている時間がないという声をよく耳にするので、どちらも中途半端にやるならどちらか片方を!というのが僕の意見です。

ですがデメリットだけではなくメリットもあります。

それは「本番の面接の雰囲気を知ることができる」という点です。

やはり面接には慣れが必要なので、民間企業で面接を経験している人の方が公務員試験でも面接がうまくいきやすいです。

自分の将来の事なので、真剣にどうするかをきちんと考えていきましょう!

公務員試験でも国家公務員試験で面接の練習をする人が多いんだ。

市役所の試験の前に国家系の試験があるからな!

市役所が第一志望の人なら絶対に受けたほうがいいぞ!

せんせい

わかってるよ!

俺も市役所第一志望だけど国家系の試験は全部受けるつもりだ!

ネコ23歳

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です