2018/06/05

【地方公務員の年収・給料】都道府県庁・政令指定都市・市について本気でまとめてみた!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

1年で公務員に一発合格した24才

周りの人みたいに真面目に就活できる気がしなくて公務員を志望。

公務員試験に関する情報を知ってるだけで難易度が一気に下がることを実感しました。

見て下さるみなさんが簡単に合格できるよう貴重な情報を拡散していきたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

今回はH29、30年度の給与を参考に”地方公務員”の給料・年収・ボーナスについて書いていきたいと思います。

地方公務員

  • 都道府県庁
  • 政令指定都市
  • 政令指定都市以外の市(以下 市)

地方公務員はこの3つにわけて紹介していきたいと思います。

解説していくのはこの4項目です!

  • 初任給
  • 月給
  • ボーナス
  • 年収

細かい数字を書いても見にくくなるだけだと思いますので、ざっくり紹介していきますね!

 

【地方公務員の年収・給料】都道府県庁・政令指定都市・市の給料関連をまとめて紹介!

地方公務員の初任給はいくら?

公務員の給料って(棒給 + 手当)で構成されているんですね。

一般的に大卒の地方公務員の初任給の平均値は

棒給が約17万5000円 + 手当 となります。

手当には以下のようなものがあるんですね。

  • 地域手当
  • 扶養手当
  • 住居手当
  • 通勤手当
  • 期末手当+勤勉手当(ボーナス)…など

「○○市役所 受験案内」と検索して出てくるPDFに記載されている初任給の数値は

(棒給 + 地域手当)の合計値を表している場合が多いです。

わかりにくいと思いますので、平均値を例として紹介しますね!

棒給17万5000円 + 手当の合計25000円だとします。

すると額面の初任給は20万円ということになりますね。

例として紹介しましたがこれが平均値くらいです。

では気になる手取りはいくらかというと、だいたい0.8倍くらいが手元に残るので

20×約0.8で、手取り額としてはだいたい16万円くらいになります。

もちろん地域手当や超過通勤手当などによってことなりますので、参考程度ということでお願いいたします。

 

地方公務員のボーナスはいくら?

地方公共団体すべて(町村なども含む)のボーナスの平均額は約141万円です。

次にこの平均値と比べた都道府県庁、政令指定都市、市の平均値を紹介しますね。

都道府県庁 約165万円

政令指定都市 約160万円

市 約150万円

だいたいこのくらいですね!

国家公務員に比べると多いように見えますが、国家公務員の場合は官僚を加味していないので実際のところ大差はないと思います。

 

地方公務員の給料はいくら?

地方公共団体すべて(町村なども含む)の給料の平均は月額約40万円です。

次にこの平均値と比べた都道府県庁、政令指定都市、市の平均値を紹介しますね。

都道府県庁 約41.5万円

政令指定都市 約43万円

市 約39.5万円

おまけに東京都特別区は約43万円です。

やはり、地域手当の大きさによって差が出てしまうようですね。

地域によって生活水準も異なりますので多少差がありますが、トータル的に考えてみると大差ないと思います。

とくに地域の差というのは大きいんだ。

例えば東京都特別区だと地域手当として、基本給×20%が加算されるんだ。

このパーセンテージが地域によって違うんだ。

せんせい

なるほど!

俺が受ける予定の政令指定都市の市役所は6%だったわ!

ネコ23歳

もちろんこの地域手当がないところも多いからな。

その場合は地域手当というのは無しだ。

せんせい

地方公務員の年収はいくら?

地方公共団体すべて(町村なども含む)の年収の平均額はだいたい600万円くらいです。

次にこの平均値と比べた都道府県庁、政令指定都市、市の平均値を紹介しますね。

都道府県庁 約665万円

政令指定都市 約695万円

市 約600~620万円

だいたいこのくらいです。

こちらも国家公務員と比べると多いと感じるかもしれませんが、国家公務員の方は官僚などを加味していない値なので、結局のところ同じくらいの年収となると思います。

 

【地方公務員の年収・給料】まとめ

これまでの情報をおさらいして、まとめて紹介しますね!

初任給は大卒で20万円(手取り16万円前後)

夏と冬のボーナスの合計

都道府県庁 約165万円

政令指定都市 約160万円

市 約150万円

平均給与額

都道府県庁 約41.5万円

政令指定都市 約43万円

市 約39.5万円

平均年収

都道府県庁 約665万円

政令指定都市 約695万円

市 約600~620万円

トータル的に見ても国家公務員とは大差ない結果となりました。

僕が算出してみただけの値ですが、徹底的に調査してまとめたものなのでぜひ参考にしてみてくださいね!

 

この記事を書いている人 - WRITER -