2018/05/06

【国家総合職の面接カード】これが俺の面接カードだ!『書き方・コツ』を知りたいヤツ全員集合!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

1年で公務員に一発合格した24才

周りの人みたいに真面目に就活できる気がしなくて公務員を志望。

公務員試験に関する情報を知ってるだけで難易度が一気に下がることを実感しました。

見て下さるみなさんが簡単に合格できるよう貴重な情報を拡散していきたいと思います。

公務員試験面接対策

この記事を書いている人 - WRITER -
公務員合格を応援・サポートする現役公務員

今回は国家公務員総合職の2次試験の人物試験の際に使用する面接カードについて詳しく紹介していきたいと思います。

まぁいきなり面接カードといわれてもわけがわかりませんよね。

このページだけで面接カードの概要からポイントまで徹底的に解説していきたいと思います。

面接カードを書く際の注意点をはじめに言っておきます。

それは

”自己分析をきちんとしてから面接カードを書くこと”

です!

ちなみに面接カードの内容は国家総合職、国家一般職、労働基準監督官、市役所などの自治体ごとに異なります。

なので試験ごとに面接カードに沿って書き方やポイントを詳しく説明していきたいと思います。

今回は【国家総合職編】です!

国家一般職の面接カードの書き方

労働基準監督官の面接カードの書き方

市役所の面接カードの書き方

面接カードとは自己紹介カードのようなものだ。

面接試験をスムーズに進めるために利用されるんだよ。

せんせい

なるほどな。

これをうまくつくっていくことがポイントなわけだな。

ネコ23歳

国家総合職の面接カードとは?

公務員志望の人は数えきれないほどいます。

そんな公務員志望の人全員を対象に面接試験を行うためには効率よく面接する必要がありますよね。

なのであらかじめ面接カードというものを書かせておいて、それに沿って面接試験が行われるんですね!

志望動機、自己PR、今まで頑張ってきたことなどを書いた紙を提出しておいて、それに対して面接官が気になったことをズバズバ質問していくといった感じです。

もちろん面接カードに書いたこと以外のことも質問されますが、基本的には面接カードに沿って面接が行われます。

なのでこの面接カードをいかにうまく作ることができるかが重要になってくるわけです。

ちなみに国家公務員の面接時間はひとり当たり約15分となっています。

市役所の場合は面接が重要視されているのでひとり当たり20~40分で行われるのが一般的です。

では国家総合職の面接カードを見てみましょう!

大事なことだから繰り返して言うが

自己分析をきちんとしてから面接カードを書くようにな!

せんせい

わかってるよ!

順番を間違えると二度手間になるってことだろ!

ネコ23歳

国家総合職の面接カードはコレ!

国家総合職の面接カードを極めようこれ(↑)が国家総合職の面接カードとなります。

専攻・得意分野までが自分のプロフィールとなりますので、ここは自分のものを書けばOKです。

主な内容はここからです!

  • [これまでに取り組んだ活動や体験] 
  • [志望動機]
  • [志望官庁]

総合職の面接カードはこの3段落構成となっています。

少し字が小さくて見にくいと思うので補足説明からいきます。

[これまでに取り組んだ活動や体験]

達成感があったと感じたり、力を入れてきたりした経験について、どうのような状況で(いつ頃、どこで、誰と等)、どのようなことをしたのか、簡潔に記入してください。

①学業や業務において [3行]

②社会的活動や学生生活において [3行]

③日常生活その他(資格、特技、趣味、社会事情などで関心があること等)において [3行]

[志望動機]

これまでの体験や自分の長所などを踏まえ、国家公務員としてどのような貢献ができるのか、具体的に記入してください。[5行]

[志望官庁]

志望官庁を記入するだけです。(例 | 環境省、文部科学省)

補足説明は以上です。

なんとなくイメージはつかめましたか?

ではさっそく面接カードを書くポイントについて解説していきますね!

出身大学は書かないんだね?

なんか意外だな~!

ネコ23歳

そうなんだ。

国家公務員の人物試験は公平のため学歴をみないで行われるんだ。

もし東京大学の人が受験したとしても、それを面接官に伝えてはいけないからね!

出身大学は秘密のまま面接が行われるんだ。

せんせい

学歴が関係ないってことだね!

なんか少しやる気が出てきたよ。

ネコ23歳

国家総合職の面接カードを書くポイント『記入例あり』

面接カードを書くポイント
  1. 字は大きく
  2. 具体的に書きすぎない
  3. 結論を最初に書く
  4. 項目ごとにしっかりとエピソードを用意する

ポイントはこの4つだけです!

1”字は大きく”というのも、米粒みたいな字で書く人が非常に多いんですね。

面接官も何十人もの受験生の面接カードを見るので、目が疲れてしまいますよね!

目安としては1行あたり30字くらいがベストです。多くても35字くらいが好ましいです。

面接カードは大きな文字でなるべく丁寧に書くようにしましょう!

2”具体的に書きすぎない”ということがふたつ目のポイントです。

数字などを用いて具体的に書くことももちろん大事ですが、すべて具体的に書いていたらきりがありません。

また、細かく書きすぎてしまうと面接官が質問することが無くなってしまいますしね!

ある程度抽象的に書いて足りない部分は言葉で説明しましょう!

3”結論を最初に書く”ということがみっつ目のポイントです。

例えば自己PRで

①「私は運動部で部長を任されるという経験をして、リーダーシップ力が身に付きました。」

②「私にはリーダーシップ力があります。それは運動部で部長を任された経験から身に付きました。」

この2つの文は同じ意味ですが、先にだらだらと説明を書いている①よりも、ビシっと最初に結論を持ってきている後者②の方がすっきりした文章になります。

”エピソードについてはどんな質問がきても説明できるようにしておくこと”がよっつ目のポイントです。

面接カードに書いてあることについて、面接官からいくつも質問されるので、自分が頑張ったことや自己PRなどすべての項目で、それを裏付けるエピソードをきちんと用意しておきましょう!

その分面接カードに書く内容は簡潔に要点だけ書いておけばいいという事です。

それではこの4つのポイントを踏まえて、国家総合職の面接カードに沿った細かい説明をしていきたいと思います。

一般的な就活で使うES(エントリーシート)は具体的に具体的に書かなければいけないけど、公務員の場合は書くスペースが少ないからね。

ある程度抽象的なままでいいんだ!

これを勘違いしてしまうとほんとに米粒みたいな字になっちゃうからな!

せんせい

なるほどな!

了解了解!

ネコ23歳

国家総合職の面接カード [これまでに取り組んだ活動や体験] 記入例あり

この項目3つについては質問攻めにあうこと間違いなしです。

最近は行動特性を見られるコンピテンシー型の面接方式が採用されています。

コンピテンシー型面接とは

ぺらぺら話すだけではなく、受験者がある壁にぶつかったときどのように考え、どのように行動してきたのか、また、どのように改善することができたのかなどを聞かれる受験者の行動特性を見られる面接試験の事です。

例えば、

「部活でキャプテンをしていた」というひとつの発言に対して

面接官が

「なぜキャプテンになったの?自主的に?それとも回りの人から推薦されたのか?」

「なにかつらいことはあった?」

「その壁をどう乗り越えた?」

このように行動特性を深く突っ込まれる面接方式のことをコンピテンシー型面接といいます。

嘘をつく必要はないので、自分がほんとうに頑張ったことを書いていきましょう!

また、いつ頃、どこで、誰と、何を、どのようにしたのか、という事を意識して書きましょう!

①学業や業務において [3行]

無理に盛ってしゃべりにくい内容を書いてしまうと面接は失敗してしまいます。

「僕は海外留学に1年間いってました」なんてかっこつけて嘘を言った瞬間不合格だと思ってください。

内容はどんなにしょぼいことでも構わないので、自分が学業(職務)の面で頑張ってきたことを書きましょう。

  • 「自分が頑張ったこと」
  • 「工夫したこと」
  • 「結果(数字で具体的に)」

僕はPDCAサイクルを意識して、この3つを順番を考えて書きました。

改善できたと思う点に関しては口で説明しました。

参考までに実際に僕の書いたものを記入例として文章構成だけ紹介したいと思います。

内容は卒業論文と学会発表についてで、

「学会発表で~という成果(数字)を出すことができました。僕が研究グループのリーダーだったので、○○という目標(数字)を設定して、スケジュールを組み、目標(数字)を達成するために~という工夫をしました。この工夫により目標を超える~という成果をだすことができました。」

数字で具体的に、文章自体は具体的に書きすぎないように意識して書きました。

内容は学業や職務に関することならなんでもいいので、しゃべりやすい内容を選んで書きましょう!

②社会的活動や学生生活において [3行]

この欄は学生生活で行ったアルバイトについて書く人が多いですね。

アルバイトをしていなかった人も、サークルやスポーツ、趣味など学生生活の間に何か頑張ったものがあるはずです。

僕はアルバイトから自己PRにつなげて書きました。

僕が実際に書いたものを記入例として紹介したいと思います。

「私には~という力があります。○○というアルバイトで~という仕事をしていました。~という問題点を解決するために、○○という工夫をしました。その結果~という成果を得るとともに自分に~という力が身に付きました。」

こんな感じ(↑)の文章構成でした。

今後どういかしていくかは口で説明しました。

そもそもこの面接カードって書くスペースが少ないので、普通の就活のESのようにだらだら書くことができないんですね。

ある程度抽象的で全然オッケーなので、自分が頑張ったことを整理して書いていきましょう!

③日常生活その他(資格、特技、趣味、社会事情などで関心があること等)において [3行]

この欄はチャンスの部分です。

ドライブが好き、読書が好き、変な事でなければなんでもオッケーです。

特技として大学まで続けていたスポーツの事なんかを書くと突っ込まれたときにも話しやすいと思います。

僕的にオススメの書き方を紹介します。

それは3行の中に資格と趣味、特技と趣味など、話題を2つ選んで書く方法です。

ひとつのことについて詳しく書く方法が一般的ですが、2つ書く方法にはメリットがたくさんあるんですね。

  • 話題が増えるので面接官が突っ込みやすくなる。
  • 細かい説明を口でしゃべればよくなる。
  • 面接カードが書きやすくなる。

メリットとしてこのような点が挙げられます。

ちなみに僕は特技として小学校から高校まで続けていたスポーツの話と趣味のドライブの話をしました。

何か特別な資格などを持っている人はそれを書いたら面白いと思います。

とにかくこの欄は自由に書けるので自分が話しやすい内容を気楽に書いていきましょう!

かたい話題ばかりだと面接官も疲れるからな。

ここは明るい話題をもっていこう!

せんせい

国家総合職の面接カード [志望動機] 記入例あり

きちんとした志望動機を書くポイントは”この省庁で○○という事がしたい”という強い意志を書くこと!

とくに志望先の省庁でしかできないことを書くのがベストです。

そのために仕事内容や政策についてあらかじめ勉強しておくことが大事です。

「~という政策に興味があり、私の○○という強みを活かして、日本を~このように変えていきたい」

イメージとしてはこんな感じ(↑)です。

参考までに僕の志望動機を記入例として文書構成だけ載せておきます。

「私は現在も行われている未来型の生産性革命プロジェクトにとても魅力を感じています。とくにリニア新幹線などの最先端の技術を使ったプロジェクトは今後の日本のインフラを支えていくための革命的な施策だと感じます。もちまえのリーダーシップ力を活かして、インフラの効果を最大限に発揮できるようにつとめ、大きなプロジェクトをまとめていきたいと思っています。また、日本の強みである「質の高いインフラ」を武器に、海外展開していくような大きなプロジェクトを企画していきたい。このような理由で国家公務員として国の経済に貢献していきたいと思ったので志望しました。(268文字)」

保存してあった僕の面接カードが紛失してしまいまして、少し変な文章かもしれませんが、こんな感じ(↑)です。

参考程度にしていただけたらと思います。

国家公務員に興味がなかったとしても、志望先の省庁が現在進行しているプロジェクトは何個か調べておきましょう!

補足ですが、まずは国家公務員としての面接試験なので、面接官の方が志望先の省庁の方ではないことが多いです。

細かい内容で書きすぎると質問されない可能性があります。

それはそれでオッケーだと思いますので、ここは強い思いを書きましょう!

私も志望動機に関しては一切質問されなかったな。

せんせい

時間も限られてるし、全部の項目から質問するってわけでもないんだな!

ネコ23歳

国家総合職の面接カード [志望官庁] 記入例あり

志望官庁の欄は志望官庁を書けば大丈夫です。

複数可となっているので、志望官庁をいくつか書いてもOKです。

最大3個までが好ましいと思います。

僕の個人的な意見ですが、志望官庁はひとつだけにした方がいいと思います。

理由は単純で、その方が志望動機などで強い意志を伝えやすいと思うからです。

「私は○○省で、持ち味のリーダーシップ力を発揮して、△△というプロジェクトを通して、~がしたいんだ!」と志望官庁がひとつの方が体験から志望動機、志望官庁まで一貫性があると思いませんか?

もちろん、○○省と□□省のどちらも志望しているんだ、という場合は2つでも構いません。

できるだけひとつにすることをオススメします!

一応、記入例を載せておきます。

「国土交通省」

とまぁこれだけです!

これで国家総合職の面接カードの説明は終わりです。

おつかれさまでした!

項目ごとに書き方を説明してくれたから

なんとなく俺もかけそうな気がしてきたよ。

ネコ23歳

良かったな。

まずは仕事内容や政策についてしっかり調べないとな!

せんせい

この記事を書いている人 - WRITER -
公務員合格を応援・サポートする現役公務員