2018/05/06

【国家一般職の面接カード】これが俺の面接カードだ!『書き方・コツ』を知りたいヤツ全員集合!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

1年で公務員に一発合格した24才

周りの人みたいに真面目に就活できる気がしなくて公務員を志望。

公務員試験に関する情報を知ってるだけで難易度が一気に下がることを実感しました。

見て下さるみなさんが簡単に合格できるよう貴重な情報を拡散していきたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

今回は国家公務員一般職の2次試験の人物試験の際に使用する面接カードについて詳しく紹介していきたいと思います。

まぁいきなり面接カードといわれてもわけがわかりませんよね。

このページだけで面接カードの概要からポイントまで徹底的に解説していきたいと思います。

面接カードを書く際の注意点をはじめに言っておきます。

それは

”自己分析をきちんとしてから面接カードを書くこと”

です!

ちなみに面接カードの内容は国家総合職、国家一般職、労働基準監督官、市役所などの自治体ごとに異なります。

なので試験ごとに面接カードに沿って書き方やポイントを詳しく説明していきたいと思います。

今回は「国家一般職編」です!

国家総合職の面接カードの書き方

労働基準監督官の面接カードの書き方

市役所の面接カードの書き方

面接カードをうまく作ることが面接攻略のポイントだ!

完璧に作るんじゃなくて”うまく”作るんだぞ!

せんせい

なるほどな。

そのやり方をこれから教えてくれるってわけか!

ネコ23歳

国家一般職の面接カードとは?

公務員志望の人は数えきれないほどいます。

そんな公務員志望の人全員を対象に面接試験を行うためには効率よく面接する必要がありますよね。

なのであらかじめ面接カードというものを書かせておいて、それに沿って面接試験が行われるんですね!

志望動機、自己PR、今まで頑張ってきたことなどを書いた紙を提出しておいて、それに対して面接官が気になったことをズバズバ質問していくといった感じです。

もちろん面接カードに書いたこと以外のことも質問されますが、基本的には面接カードに沿って面接が行われます。

なのでこの面接カードをいかにうまく作ることができるかが重要になってくるわけです。

ちなみに国家公務員の面接時間はひとり当たり約15分となっています。

市役所の場合は面接が重要視されているのでひとり当たり20~40分で行われるのが一般的です。

では国家一般職の面接カードを見てみましょう!

大事なことだから繰り返して言うが

自己分析をきちんとしてから面接カードを書くようにな!

せんせい

わかってるよ!

順番を間違えると二度手間になるってことだろ!

ネコ23歳

国家一般職の面接カードはコレ!

国家一般職の面接カードを極めようこれ(↑)が国家一般職の面接カードとなります。

専攻・得意分野までが自分のプロフィールとなりますので、ここは自分のものを書けばOKです。

主な内容はここからです!

  • [志望・受験動機] 
  • [志望官庁等]
  • [これまでに取り組んだ活動や体験]
  • [関心事項]
  • [趣味、特技など]
  • [自己PR]

一般職の面接カードはこの6段落構成となっています。

少し字が小さくて見にくいと思うので補足説明からいきます。

[志望・受験動機]

補足説明なし[2行]

[志望官庁等]

補足説明なし[2つまで書けそう]

[これまでに取り組んだ活動や体験]

達成感があったと感じたり、力を入れてきたりした経験について、簡潔に記入してください。

①学業や業務において [2行]

②社会的活動や学生生活において(ボランティア活動、サークル活動、アルバイトなど) [2行]

[関心事項]

最近関心を持った社会問題や出来事、日頃興味を持って取り組んでいることなど。[2行]

[趣味、特技など]

補足説明なし[1行]

[自己PR]

長所や人柄について。[2行]

補足説明は以上です。

なんとなくイメージはつかめましたか?

国家一般職の面接カードの特徴は、ひとつの項目に使える文字数がかなり少ないことです!

たとえば、志望動機が2行で約50~60字、自己PRも2行しか無く、約60~70字くらいでまとめて書かなければいけません。

細かく書こうとしすぎてしまって、うまく書けずに悩んでしまう人が多いと思います。

面接をスムーズにこなすためにも面接カードをうまく書いていきたいですよね!

ではさっそく面接カードを書くポイントについて解説していきたいと思います。

普通の就職活動で使うES(エントリーシート)を参考にしちゃだめだぞ!

そんなに詳しく書いてたら米粒みたいな字でもおさまらないからな!

せんせい

なるほどな!

それに気になったんだけど、国家一般職の面接カードでも出身大学は書かないんだね?

学歴が関係ないってことだな!

ネコ23歳

そうなんだ。

国家公務員の人物試験は公平のため学歴をみないで行われるんだ。

せんせい

国家一般職の面接カードを書くポイント『記入例あり』

面接カードを書くポイント
  1. 字は大きく
  2. 具体的に書きすぎない
  3. 結論を最初に書く
  4. 項目ごとにしっかりとエピソードを用意する

ポイントはこの4つだけです!

1”字は大きく”というのも、米粒みたいな字で書く人が非常に多いんですね。

面接官も何十人もの受験生の面接カードを見るので、目が疲れてしまいますよね!

目安としては1行あたり30字くらいがベストです。多くても35字くらいが好ましいです。

面接カードは大きな文字でなるべく丁寧に書くようにしましょう!

2”具体的に書きすぎない”ということがふたつ目のポイントです。

数字などを用いて具体的に書くことももちろん大事ですが、すべて具体的に書いていたらきりがありません。

また、細かく書きすぎてしまうと面接官が質問することが無くなってしまいますしね!

ある程度抽象的に書いて足りない部分は言葉で説明しましょう!

3”結論を最初に書く”ということがみっつ目のポイントです。

例えば自己PRで

①「私は運動部で部長を任されるという経験をして、リーダーシップ力が身に付きました。」

②「私にはリーダーシップ力があります。それは運動部で部長を任された経験から身に付きました。」

この2つの文は同じ意味ですが、先にだらだらと説明を書いている①よりも、ビシっと最初に結論を持ってきている後者②の方がすっきりした文章になります。

”エピソードについてはどんな質問がきても説明できるようにしておくこと”がよっつ目のポイントです。

国家一般職の面接カードはほんとに”書くスペースが少ない”です!

面接カードに書いてあることについて、面接官からいくつも質問されるので、自分が頑張ったことや自己PRなどすべての項目で、それを裏付けるエピソードをきちんと用意しておきましょう!

その分面接カードに書く内容は簡潔に要点だけ書いておけばいいという事です。

それではこの4つのポイントを踏まえて、国家一般職の面接カードに沿った細かい説明をしていきたいと思います。

国家一般職の面接カードはほんとに書くスペースが少ないんだ。

あまり深く考えすぎずに書いていこう!

せんせい

そもそもこれだけしかスペースが無いのに完璧に書くのは無理だもんな!

簡単に書いて、質問されて、口で補足説明していくといった感じよさそうだな!

ネコ23歳

国家一般職の面接カード [志望・受験動機] 記入例あり

きちんとした志望動機を書くポイントは”この省庁で○○という事がしたい”という強い意志を書くこと!

とくに志望先の省庁でしかできないことを書くのがベストです。

なんですが、国家一般職の面接カードは書くスペースが少ないので、面接カード自体は簡単にまとめて書いておいて、聞かれたら口で補足説明できるようにしておきましょう。

大事なことは仕事内容や政策についてあらかじめ勉強しておくことです。

要は受け答えさえきちんとできていればいいんです!

国土交通省志望の僕の書いた志望動機なんてひどいもんですが、記入例として紹介したいと思います。

「生活の基盤となる道路や河川の整備を通して国民が快適に生活できるようにサポートしていきたいと思ったので志望しました。(57字)」

面接カードに書く文章はこのレベルで大丈夫ってことです。

書くスペースが少なすぎてまとめるのが難しいですし、

  • 「説明会で仕事内容に興味を持った」
  • 「~という施策に興味がある」
  • 「~という不満を解決していきたい」

こういった内容で簡単に書く人が多いみたいです。

話をまとめると結局、面接カードは簡単に書いておいて、聞かれたら詳しく説明できるという姿勢で臨むのがベストかと思います。

私も面接カードは簡単に書いておいて、その分聞かれたらかなり詳しく説明できるように準備しておいたんだ。

このやり方でまったく問題なかったよ!

せんせい

その作戦がベストかもしれないな~

俺も信じて同じようにやってみるわ!

ネコ23歳

国家一般職の面接カード [志望官庁] 記入例あり

志望官庁の欄は志望官庁を書けば大丈夫です。

僕の個人的な意見ですが、志望官庁はひとつだけにした方がいいと思います。

理由は単純で、その方が志望動機などで強い意志を伝えやすいと思うからです。

仮に自己PRの欄にリーダーシップ力が強みだと書いたとすると、

「私は○○省で、持ち味のリーダーシップ力を発揮して、△△というプロジェクトを通して、~がしたいんだ!」と志望官庁がひとつの方が体験から自己PR、志望動機、志望官庁まで一貫性があると思いませんか?

もちろん、○○省と□□省のどちらも志望しているんだ、という場合は2つでも構いません。

できるだけひとつにすることをオススメします!

一応、記入例を紹介しますね。

「国土交通省 ○○地方整備局」

とまぁこれだけです!

国家一般職の面接カード [これまでに取り組んだ活動や体験] 記入例あり

この項目2つについては質問攻めにあうこと間違いなしです。

最近は行動特性を見られるコンピテンシー型の面接方式が採用されています。

コンピテンシー型面接とは

ぺらぺら話すだけではなく、受験者がある壁にぶつかったときどのように考え、どのように行動してきたのか、また、どのように改善することができたのかなどを聞かれる受験者の行動特性を見られる面接試験の事です。

例えば、

「部活でキャプテンをしていた」というひとつの発言に対して

面接官が

「なぜキャプテンになったの?自主的に?それとも回りの人から推薦されたのか?」

「なにかつらいことはあった?」

「その壁をどう乗り越えた?」

このように行動特性を深く突っ込まれる面接方式のことをコンピテンシー型面接といいます。

嘘をつく必要はないので、自分がほんとうに頑張ったことを書いていきましょう!

また、いつ頃、どこで、誰と、何を、どのようにしたのか、という事を意識して書きましょう!

①学業や業務において [2行]

無理に盛ってしゃべりにくい内容を書いてしまうと面接は失敗してしまいます。

「僕は海外留学に1年間いってました」なんてかっこつけて嘘を言った瞬間不合格だと思ってください。

内容はどんなにしょぼいことでも構わないので、自分が学業(職務)の面で頑張ってきたことを書きましょう。

ちなみに僕はこの2つのことから自己PRにつなげるような書き方で書きました。

  • 「自分が頑張ったこと」
  • 「工夫したこと」

参考程度に簡単に僕が書いたものを記入例として載せておくと

「僕が卒業研究のグループリーダーだったので、○○という目標(数字)を設定して、スケジュールを組み、目標(数字)を達成するために~という工夫をしました。」

こんな感じ(↑)の文章構成で書きました。

この経験から得られた成果や身に着けた能力、改善できたと思う点に関してなどは口で説明しました!

数字で具体的に、文章自体は具体的に書きすぎないように意識して書きました。

内容は学業や職務に関することならなんでもいいので、しゃべりやすい内容を選んで書きましょう!

②社会的活動や学生生活において [2行]

この欄は学生生活で行ったアルバイトについて書く人が多いですね。

アルバイトをしていなかった人も、サークルや部活などなんでもいいので学生生活の間に何か頑張ったものがあるはずです。

僕はアルバイトから自己PRにつなげて書きました。

僕が実際に書いたものを記入例として紹介したいと思います。

「私には~という力があります。○○というアルバイトで~という仕事をしていました。~という問題点を解決するために、○○という工夫をしました。その結果~という成果を得るとともに自分に~という力が身に付きました。」

こんな感じ(↑)の文章構成でした。

そもそもこの面接カードって書くスペースが少ないので、普通の就活のESのようにだらだら書くことができないんですね。

ある程度抽象的で全然オッケーなので、自分が頑張ったことを整理して書いていきましょう!

国家一般職の面接カード [関心事項] 記入例あり

この項目についても深く質問される可能性があります。

補足説明に最近関心を持った社会問題や出来事日頃興味を持って取り組んでいることなどと書いてあります。

ニュースについて書くなら明るい話題のものを選んで書くのがベストです。

ですがこの項目、日頃興味を持って取り組んでいることについて書くことをオススメします。

とうのも自分が興味があるものの方が質問されたときに答えやすいですし、なにより面接官と明るくしゃべることができると思います。

自分のフィールドで面接が行えるんですね。

僕はあんまり社会のニュースに興味がなかったので、もしそちらで書いていたら深く質問されたときにあたふたしてしまったと思います。

参考程度に僕のものを記入例として載せておきます。

僕は少し変わっていますが韓国語が得意なので、

「私は韓国語に興味があります。~という出来事で韓国の文化に興味をもちました。毎日韓国語の勉強1時間以上すると決めて、継続して行っています。」

文章構成はこんな感じ(↑)です。

得意な分野なら質問されたときに答えやすいですしね!

繰り返しとなりますが、この項目は日頃興味を持って取り組んでいることで自分が得意なことについて書いていきましょう!

”日頃興味を持って取り組んでいること”だから興味があることならどんなことについて書いてもOKということだ。

自分がしゃべりやすいものを選んで書くといいぞ!

せんせい

じゃあスポーツの事でも、趣味の事でもなんでもいいってことだな!

ネコ23歳

国家一般職の面接カード [趣味、特技など] 記入例あり

この項目についても深く質問される可能性があります。

趣味や特技って個性が出ると思うんですね!

なので面接官もポップな話題として話やすいんだと思います。

ドライブが好き、読書が好き、変な事でなければなんでもオッケーです。

特技として大学まで続けていたスポーツの事なんかを書くと突っ込まれたときにも話しやすいと思います。

僕的にオススメの書き方を紹介します。

趣味、特技についてどちらかひとつを詳しく説明するのではなく、特技と趣味をどちらも書く方法です。

ひとつのことについて詳しく書く方法が一般的ですが、2つ書く方法にはメリットがたくさんあるんですね。

  • 話題が増えるので面接官が突っ込みやすくなる。
  • 細かい説明を口でしゃべればよくなる。
  • 面接カードが書きやすくなる。

メリットとしてこのような点が挙げられます。

ちなみに僕は特技として小学校から高校まで続けていたスポーツの話と趣味のドライブの話をしました。

書き方としては

「趣味は~で、特技は~です。」

「[趣味] ~。[特技] ~。」

このようにきちんと伝わるように書けばどんな書き方でも大丈夫です!

僕が書いたものを記入例として紹介しますね。

「趣味は○○(スポーツ)で、特技は韓国語で会話をすることです。」

何か特別な資格などを持っている人はそれを書いたら面白いと思います。

とにかくこの欄は自由に書けるので自分が話しやすい内容を気楽に書いていきましょう!

国家一般職の面接カード [自己PR] 記入例あり

自己PRについては自分が持っている本当の強みを書くようにしましょう。

例えば、リーダーシップ力が無い人がリーダーシップ力がある、と嘘を書いたとします。

面接官から質問された時に深いエピソードや過去に自分がした行動などを説明することができなくなってしまうんですね。

どんなにしょぼいことでもいいので、自分が持っている強みを書きましょう。

ちなみに僕の書いたものを参考程度に記入例として乗せておくと

「私の強みは粘り強さです。研究活動で~(工夫したエピソード)~していました。今後はこの力を武器に活躍していきたいと思います。」

書くスペースが少ないのでこのように簡単に書くことしかできません。

何が粘り強さだって感じですよね。

ですがこんな内容でも、見栄をはって自分の強みを盛って話すのよりもよっぽど合格に近づきます。

自分がほんとに力を入れてきたことを自分の強みにつなげて書きましょう!

その方が本番の面接できちんと強みを伝えることができます。

話をまとめると、自己PRの欄は自分の強みを最初に書いて、その説明を簡単に書いておくのがベストかと思います。

要はつっこまれたときに口で説明できるように、そちらの準備をきちんとしようってことです。

僕は念のために口でしゃべる自己PRは1分間程のものを用意していました。

エピソードについては絶対に突っ込まれるので、自分の強みを裏付けられるようなエピソードをきちんと準備しておいてくださいね。

そのために自分の過去の行動を深く掘り下げておきましょう!

国家一般職の面接カードの説明は終わりです。

おつかれさまでした!

私も自己PRを書くのに苦労したんだ。

それは自己分析がきちんとできていなかったからなんだ。

このグッドポイント診断を無料で受けてみて自分の強みが明確になったよ。

せんせい

意外と自分のことについて知らないもんなんだよな。

無料なら俺も受けてみるよ!

自己PRのエピソードはどんな質問がきても返せるように準備しておくわ!

ネコ23歳

この記事を書いている人 - WRITER -