2018/05/06

【国家公務員の専門試験】俺が公務員試験を乗り越えた効率の良い勉強方法を教えます!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

1年で公務員に一発合格した24才

周りの人みたいに真面目に就活できる気がしなくて公務員を志望。

公務員試験に関する情報を知ってるだけで難易度が一気に下がることを実感しました。

見て下さるみなさんが簡単に合格できるよう貴重な情報を拡散していきたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

国家公務員の専門試験の出題範囲をチェックしてみよう!

効率良く勉強するために出題範囲をチェックすることは必要不可欠です。

国家総合職・一般職、労働基準監督官、それぞれの専門試験の出題範囲を細かく説明したページがあるのでそちらをチェックしてみてください。こちら

国家公務員の専門試験を効率よく勉強をするには?

「ゼロからのスタートで本当に効率よく勉強したい」

そう思う方は国家総合職の問題をすべて捨てましょう!

そして国家一般職と労働基準監督官、この2つに勉強範囲を絞ると効率よく勉強できます。

国家総合職を目指す方はもちろんすべて勉強するべきですが、ゼロからのスタートでは国家総合職の問題は難易度が高すぎるんですね。

国家総合職の問題は理解するのに時間がかかる上に、勉強しなければならない量もかなり増えます。思い切って捨てましょう。

国家系の専門試験は工学の基礎の出題が多い上に、工学の基礎(特に物理)が土木系(構造力学や水理学、土質力学など)の勉強の基礎になります。

なので効率良く勉強したいなら、まずは工学の基礎から勉強をスタートしましょう。

勉強嫌いな方必見!専門科目さらに効率良く

俺もさっき専門試験の出題範囲のページを見たけど、工学の基礎が一般職では20問、労働基準監督官では38問もあるんだもんな~。

ネコ23歳

ネコ君もまずは工学の基礎を勉強するといいよ。問題集を一周してみてから3力(構造力学・水理学・土質力学)の勉強をやってみよう。ネコ君!勉強嫌いならこのページ「専門科目さらに効率よく」は見たほうが良いぞ

せんせい

専門科目の中で重要な科目は?

簡単に公務員になりたいなら工学の基礎から始めよう!

みなさんもうある程度分かっていらっしゃると思いますが、ズバリ重要な科目はこちらです!

[重要な科目]

工学の基礎(物理と数学)

構造力学、水理学、土質力学(これらを3力といい土木の中心となります。)

 

上の科目だけで40点中30点分もあるんですね。いける気がしてきませんか?

時間に余裕ができらた残りの10点分もサラッと勉強して40点中20点を取ることを目標に頑張りましょう!

まずは工学の基礎から勉強を始めて、そのあとに3力と呼ばれている構造力学、水理学、土質力学を中心に勉強を進めていきましょう。

その中で特に構造力学は3力のすべての基礎になっているので、しっかりと勉強して身に着ける必要があります。

物理系の科目は初めて見た時に解けない?

構造力学や水理学、土質力学などの科目、名前を見ただけで頭が痛くなりますよね。

ですが、実際に出題されている問題は基本的な問題が多いんですね。3問中2問基礎問が出題される、といったイメージでいいと思います。

そんな基本的な問題にもかかわらず、出来なくて心が折れそうになります。ですが安心してください。どんなエリートでも初めて見たときには絶対解けないんですね。

物理という科目、初めて見た時はものすごく難しい問題だったのに、答えを知ってから同じ問題を解くとスラスラ解けちゃうんですね。

なので焦らずに、コツコツ勉強していくことが一番効率が良いと言えます。

実際に問題を解いてみて、わからなすぎて絶望しないでな。何回も解いて解き方を覚えるんだ。基礎的な問題が多いからね。

せんせい

俺も問題を見てみたけど、それだけで絶望してたよ。それが当たり前なんだな。ここは諦めてコツコツやるか!

ネコ23歳

国家公務員の専門試験の足切りって何点?

国家総合職の専門試験(多肢選択式)は、40点中12点

国家総合職の専門試験(記述式)は、私も細かくはわかりませんが、240点満点中84点と国家公務員のHPに記載されています。

国家一般職の専門試験(多肢選択式)は、40点中12点

国家一般職の専門試験(記述式)は、私も細かくわかりませんが、8点満点中3点と国家公務員のHPに記載されています。

労働基準監督官Bの専門試験(多肢選択式)は、40点中12点

労働基準監督官Bの専門試験(記述式)は、200点満点中60点

基本的にはどの試験も3割前後で足切り点が設定されているみたいですね。

専門試験ばかり勉強しすぎて、教養試験の足切りに引っかかった、なんてことが無いように気をつけましょう。

国家公務員を目指すなら使うべき参考書はコレ!

数学と物理の基礎から重要な問題まですべて学べる1冊。

技術系公務員 工学の基礎 攻略問題集 重要度★★★★★

技術系公務員 工学の基礎 攻略問題集

新品価格
¥2,592から
(2017/10/15 20:45時点)

構造力学・水理学・土質力学、いわゆる3力の基礎がこの1冊ですべて身につきます。

この教科書を買わないわけにはいきません。

土木職公務員試験 専門問題と解答[必修科目編] 重要度★★★★★

土木職公務員試験 専門問題と解答[必修科目編]

新品価格
¥3,348から
(2017/10/15 20:46時点)

3力以外の土木の出題分野がまとめてある教科書、余裕がある人は買いましょう。

土木職公務員試験 専門問題と解答[選択科目編]  重要度★★★☆☆

土木職公務員試験 専門問題と解答[選択科目編]

新品価格
¥3,024から
(2017/10/15 20:47時点)

実際の公務員試験の土木系の科目の過去問になります。

公務員試験 技術系 <最新>過去問 土木 重要度★★★★★

公務員試験 技術系〈最新〉過去問 土木

新品価格
¥2,592から
(2017/10/15 20:48時点)

実際の公務員試験の工学の基礎の部分の過去問になります。

公務員試験 技術系 <最新>過去問 工学の基礎 重要度★★★★★

公務員試験 技術系〈最新〉過去問 工学に関する基礎(数学・物理) 2018年度

新品価格
¥2,592から
(2017/10/15 20:50時点)


土木区分の公務員を目指す場合、基本的にはこの参考書全部買いましょう。

この参考書だけきちんとやっておけば間違いなく筆記試験は通過できます

実際に私もこの参考書しか勉強したことはないが、試験で7~8割とれたぞ。

せんせい

これだけ集中してやればいいんだな。まかせとけ!

ネコ23歳

この記事を書いている人 - WRITER -