2018/05/06

現役公務員が教える国家公務員の仕事内容とは?職種・役割がまるわかり!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

1年で公務員に一発合格した24才

周りの人みたいに真面目に就活できる気がしなくて公務員を志望。

公務員試験に関する情報を知ってるだけで難易度が一気に下がることを実感しました。

見て下さるみなさんが簡単に合格できるよう貴重な情報を拡散していきたいと思います。

公務員試験面接対策

この記事を書いている人 - WRITER -
公務員合格を応援・サポートする現役公務員

「国家公務員」といっても

・何をしてるんだ?

・どんな役割があるんだ?

・そもそも国家公務員ってなんだ?

など疑問がたくさんあると思います。

そんな国家公務員に関する疑問を解決していきたいと思います。

国家公務員って名前だけでエリートな感じがするよな。

ネコ23歳

どのような仕事をしているのか、それくらいは調べておく必要があるぞ。

せんせい

国家公務員とは?

「国家公務員」とは、国の行政機関(財務省、外務省、国土交通省など)に所属し、国の公式行事や国民全体にかかわる仕事を行う人々のことをいいます。

国家公務員はおおまかに2つに分類されます。

・裁判官や国会議員などは特別職

・国土交通省や経済産業省などの行政機関で働く一般職

みなさんが基本的に受験するのは一般職のほうですね。

なんで今回は一般職についていろいろ説明していきたいと思います。

国家公務員の種類について解説!

国家公務員に種類を大きく分けるとこの3つ!

国家公務員といっても種類がたくさんあるんです。

まずはおおまかに3つに分けたいと思います。

・国家総合職

・国家一般職

・専門職(国税専門官や労働基準監督官など)

国家総合職は採用時から幹部候補生として責任のある仕事を任され、官僚と呼ばれています。

国民のための政策を企画したり、法律にかかわる重要な任務を任され、日本という国にかかわる大きなスケールの仕事をします。

国家一般職はどの省庁に勤務するかによっても異なりますが、大規模な仕事を任されることに変わりはありません。

企画された政策などを実現するために動きます。

とくに出先機関では、本省庁で企画立案された事項を、現場で実際に行う事務が仕事の中心となります。

本人の努力次第で幹部になることももちろん可能です。

専門職は言葉の通り専門的な業務を行います。

例えば労働基準監督官の場合、労働問題や労働災害など労働関係に関するエキスパートとして仕事を行うことができます。

 

国家公務員は国家機関のスペシャリストと呼ばれていて、国民が安心して豊かに暮らせるように仕事を行うんですね。

一般的な事務ばかり任される人もいれば、さまざまな場所でいろんな業務を経験する人もいます。

簡単に説明しましたが国家公務員の種類は国のあらゆる仕事全般にわたるため、多種多様となんですね。

国家公務員の適性!どういった人が国家公務員にむいているの?

これは僕の考えになってしまいそうですが

・国民のために働こうと考えられる正義感の強い人

・スケールの大きい仕事がしたい人

・人間関係をスムーズに行える協調性がある人

・自分の力をを試してみたい、成長していきたいと向上心が高い人

・目標に対してコツコツ頑張れる人

・転勤が大丈夫だと考えている人

このような人が向いていると思います。1個くらいはあてはまる項目がありますでしょうか?

ですが公務員の中にもいろいろな種類があるので

その種類によってもまた適正は違うと思います。

国家公務員になるにはどうすればいい?

国家公務員になるためには人事院が実施している国家公務員試験に合格し、官庁訪問と呼ばれる面接試験をクリアする必要があります。

国家公務員に試験日程はこれです。

基本的に一次試験で筆記試験、二次試験で面接試験を行います。

その二つの山を乗り越えて国家公務員としての最終合格をもらうことができるんですね。

ですが最終合格が採用ではないので注意ですね。

ではその後にある官庁訪問って何なんでしょうか?

なんだよ官庁訪問って!最終合格したら採用じゃないのかよ!

ネコ23歳

まぁまぁ。今から先輩が説明してくれるからちゃんと読みなさい。

せんせい

官庁訪問ってなに?

国家公務員の最終合格をした人が受ける面接試験の事ですね。

「合格してるのにまた面接を受けるの?」

そう思う方も多いと思います。

ではその理由をわかりやすく説明したいと思います。

国家公務員の最終合格をもらうということが「国家公務員としての資格をもらう」と思ってください。

資格をもらっただけでは内定はもらえませんよね?

その資格をGETする事でようやく自分が努めたい省庁に面接を受けに行くことが許されるんですね。

国家公務員の行政機関(経済産業省や国土交通省など)で働くためには国家公務員の資格が必要なんですね。

「国土交通省で僕を雇ってください!」「私は経済産業省で働きたいんです!」など

自分がやりたい仕事がある省庁に面接しにいくんですね。

その面接のことを「官庁訪問」というんですね。

逆に官庁訪問をするための条件に「国家公務員の最終合格の資格が必要」といった感じです。

なるほどね!それで合格した後に面接があるのか。

ネコ23歳

二次試験の時にある面接試験は国家公務員になるための面接で、官庁訪問は自分が働きたい省庁で内定をもらうための面接なんだ。

せんせい

国家公務員の土木職ってどんな仕事内容なの?

労働基準監督官ってどういった仕事をしているの?

地方公務員とは

この記事を書いている人 - WRITER -
公務員合格を応援・サポートする現役公務員