2018/05/06

【国家公務員試験の過去問入手方法】5分で申請終わる!国家一般職・国家総合職・労働基準監督官について紹介!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

1年で公務員に一発合格した24才

周りの人みたいに真面目に就活できる気がしなくて公務員を志望。

公務員試験に関する情報を知ってるだけで難易度が一気に下がることを実感しました。

見て下さるみなさんが簡単に合格できるよう貴重な情報を拡散していきたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

今回は”国家一般職・国家総合職・労働基準監督官の過去問は入手方法”を紹介していきたいと思います。

やっぱり参考書を勉強するより、過去問を解くことは合格への一番の近道です。

効率よく勉強していくためにも

絶対に過去問を入手してください!!

ですがとくに理系の過去問は入手するのが非常に困難です。

とくに独学で勉強している人は、過去問の入方法がわからなくて諦めてしまう人も多いと思います。

そんな方たちにむけて【5分で終わる】過去問の申請方法紹介していきます。

ネコ君も独学だから過去問を早めに申請しとけよ!

申請してから家に届くまでだいたい1か月半くらいかかっちゃうからな。

せんせい

わかってるよ!

俺も過去問欲しいけど手続きめんどくさいから先輩のマネするわ!

同じ手順でやるからわかりやすく教えてくれよ!!

ネコ23歳

必要金額や所要時間、手順まとめ

国家公務員試験の過去問入手方法を教えます1まずはポイントから簡単に説明していきます。

手順まとめ

1.  人事院開示請求電子申請システム窓口から申請。

人事院に「過去問もらえませんか~?」て話しかける段階。

2. 「開示決定通知書と実施方法等申出書」を手に入れる。

人事院の方が「OKですよ~」と返事してくれたところ。

反応がもらえるまで30日程度かかります。

3. 印紙を貼った行政文書の開示の実施方法申出書をもう一度人事院に送る。

「許可もらったので過去問を送ってください!」って段階。

4. 過去問入手!

3の過去問送ってください!ってところから2週間程かかります。

必要金額まとめ

[収入印紙]

①~区分の過去問(基礎能力・専門・記述ワンセット)= 200円 です。

例えば、

総合職 工学区分 H24~H28

一般職 土木区分 H24~H28の場合

200×2区分で400円です。

”区分ごとに200円”かかります。

②手数料(CD代)100円

[郵便代]

上の手順の1と3で2回郵便を利用するので、郵便代 82円×2=164円

[切手]

CDを送ってもらうためのお金 140円

所要時間 (※要注意)

申請をしてから過去問を手に入れるまでにかかる時間は一か月半くらいです。

国家総合職や一般職の一次試験に受かってから申請すると間に合わないので注意が必要です。

私も総合職の一次試験に受かってから申請しようとして間に合わなかったんだ。

早め早めに申請するようにな!

せんせい

俺は今すぐにやるよ!

ほんとバカだな~せんせいは。

ネコ23歳

細かい手順まとめ 【マネしてください】

先輩が教えてくれる手順に従っておけば大丈夫だ!

せんせい

よっしゃ!たのむぜ!!

ネコ23歳

1. まずは人事院開示請求電子申請システム窓口にアクセスしてください。

同意を押すと(↓)このページになると思います。

国家公務員試験の過去問入手方法を教えます2

①[開示請求の宛先]のところは”人事院事務総局人材局長”を選択してください。

②[氏名][住所][電話番号]は自分のものを打ち込んでください。

③[請求する行政文書の名称等]のところは”国家公務員採用試験の過去の問題”を選んでください。

そして次のページ(↓)にいきます。

国家公務員試験の過去問入手方法を教えます3 国家公務員試験の過去問入手方法を教えます4国家公務員試験の過去問入手方法を教えます5

①で選択した試験が[請求する行政文書の名称等]の試験名のところに自動で記入されます。

②は僕と同じ書き方で記入してください。

僕の場合は国家総合職 工学区分、国家一般職 土木区分、労働基準監督官B(理系区分)の3つの試験区分で平成24~29年度の5年分の過去問を請求しています。

[求める開示の実施の方法等]は記入しなくてOKです。

確認をクリックするとこのような(↓)確認画面に進みます。

国家公務員試験の過去問入手方法を教えます6

間違いがなければ「送信する」をクリックしてください。

送信ボタンを押した後に出てくるこのページ(↓)を印刷して赤枠で囲った部分に収入印紙(開示請求手数料)を貼ります

国家公務員試験の過去問入手方法を教えます7

1区分につき200円です。例えば、総合職工学区分・一般職土木区分・労働基準監督官B区分の3区分なら600円となります。

印刷した紙にに収入印紙を貼ったものを以下の宛先に送りましょう!

国家公務員試験の過去問入手方法を教えます8

〒100-8913
東京都千代田区霞が関1-2-3
人事院人事行政情報センター

これでインターネットでの申請は終わりです。

収入印紙ってどうやったら手に入るんだ?

ネコ23歳

普通に郵便局で手に入るぞ!気軽に局員さんにきいてみるといいぞ。

せんせい

2. 「開示決定通知書と実施方法等申出書」を手に入れる。

郵便局に持って行って送ります。

だいたい1か月くらいすると人事院の方から「開示決定通知書と実施方法等申出書」が送られてきます。

送られてきた行政文書の開示の実施方法申出書に、[日付]・[氏名]・[住所]・[連絡先]を記入した後、[CD-Rに複写したもの全部]のチェック、[写しの送付希望の有無]のチェック、[CD-Rを送ってもらうための切手額] 140円をと[開示手数料]を記入します。

3. 印紙を貼った行政文書の開示の実施方法申出書をもう一度人事院に送る。

この紙に印紙を貼りつけてもう一度郵便局に行って以下の宛先に送りましょう!(前回と同じ)

国家公務員試験の過去問入手方法を教えます9

〒100-8913
東京都千代田区霞が関1-2-3
人事院人事行政情報センター

140円切手を同封させるのを忘れないようにしてください。

4. 過去問入手!

行政文書の開示の実施方法申出書を送ってからだいたい2週間くらいで過去問のデータが入っているCD-Rを手に入れることができます!

どうしてもやり方がイマイチわからなかったら、直接人事院に電話をかけて聞いてみるといいぞ!

優しく対応してくれるからね。

せんせい

なんでせんせいがそんなこと知ってるの?

ネコ23歳

実はわかんなくて人事院に電話したんだよ。

ものすごく丁寧に教えてくれたぞ!

せんせい

 

この記事を書いている人 - WRITER -