【公務員試験の直前対策】コレを知っているだけで得点が上がる?!専門試験のコツについて紹介!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

1年で公務員に一発合格した24才

周りの人みたいに真面目に就活できる気がしなくて公務員を志望。

公務員試験に関する情報を知ってるだけで難易度が一気に下がることを実感しました。

見て下さるみなさんが簡単に合格できるよう貴重な情報を拡散していきたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

公務員の筆記試験で高得点を取るためのコツについて紹介していきたいと思います!

本番の試験では100%の力を発揮することは非常に難しいことなんですね!

実力の80%を出せれば優秀だといわれています。

なので

”いかにミスを減らして効率よく問題を解いていけるか”

これが重要なわけです。

実はこんな面白い話があるんですね!

実力で100点取れるA君と実力だけでは90点しか取れないB君がいたんです。

本番の試験の結果は、A君が70点、B君が80点とB君の方が点が高かったんですね!

でもA君は普通に試験を受けていただけなんです。

ではなぜB君の方が点が高かったと思いますか?

その理由は簡単で、B君は受験のコツを知っていたからなんですね!

そんな”本番の試験で自分の持つ力をできるだけ引き出せるように工夫できること”を紹介したくてこの記事を書こうと思いました。

ではさっそくそんな筆記試験のコツを教養試験と専門試験の2つのパートに分けて紹介していきますね!

今回は「専門試験編」です。

教養試験編はこちらです。

専門試験にもコツがあるのか?

ネコ23歳

そうだ!

ポイントはいかにミスをなくせるかってことだな。

せんせい

【専門試験のコツ】

専門試験は教養試験とは異なり、時間がたくさんある場合が多いです。

とくに国家系の試験では専門試験の時間が3時間あったりもします。

時間が多いので実力で勝負しなければいけないのが専門試験なんです。

ですが時間が多いゆえに時間の使い方が大事になってくるわけです。

僕も本番の試験を受けて、時間の使い方をミスり、終わった後に後悔することがよくありました。

終わった後にガッカリしないためにも、こちら(↓)の専門試験のコツは知っておかなければいけません!

[専門試験のコツ]

①見直しをきちんとすること

②普段通りの状態で試験に臨むこと

専門試験に関しては実力で勝負しなければいけないものが多いので、コツと言ったらこの2つだけとなってしまいます。

でもコツを知っているだけで有利に慣れることに変わりはありません!

さっそくこれらの専門試験のコツについて細かく紹介していきたいと思います。

 

見直しをきちんとすること

見直しがめちゃくちゃ大事です。

「解法がパッと頭に浮かんだ問題はサクッと解いて、解法がわからない問題は後回しにする。」

もちろんそれでOKなんですが、サクッと解けた問題って基本的には自信がある問題ですよね!

このような自信がある問題って意外に計算ミス問題を読み間違えてしまっているなどのミスが多いもんなんですね!

こういった問題ってミスした時点でほぼ100%正解の選択肢を選ぶことができないんですね!

例えば「100÷0.8」という問題があったとします。

選択肢は①80、②95、③110、④125、⑤140で、この中に答えがあります。

もちろん答えは④の125ですよね!

でも問題を読み間違えていて”÷を×”だと思い、勘違いしてしまっていたら①の80を選んでしまいますよね?

もう読み間違えている時点で正解できる可能性が限りなく0に近いわけです。

でもなんの知識もない小学生が同じ問題を解いたとしても、5択のマーク試験なので5人に1人、約20%の人は正解の選択肢を選ぶことができてしまうんですね。

ミスした時点で、問題を理解できていない人にも負けてしまうわけです。

こんなの本当に悔しいですよね!

しかもそういったミスが予測されて選択肢が作られているんです

計算した答えが選択肢と一致したから、大丈夫だろ~なんて思っていると痛い目をみてしまいます。

一度解いた問題をきちんと見直し、それから手が付けられなかった問題を解いていくというやり方が高得点を取るポイントです。

難しい問題に時間を使うよりも、いかに自分のミスを減らせるかが高得点を取るカギだと僕は思います。

手が付けられなかった問題=正解できる可能性が低い問題ですから、もしわからなくても5択ですから20%で正解を選ぶことができますからね。

実際に僕も自信がある問題をいくつも落としてしまいました。

さらに見直しをしなかった時間で他の難しい問題に手をつけ、時間だけ使い間違えて、とかなり痛い思いをしてしまいました。

地方上級で専門試験の時間が2時間(120分)だったとしても、問題をパッと見て解法が頭に浮かぶ問題とそうでない問題とで分けて解いていけば、見直しに使える時間が十分にあります。

手を付けられない問題に時間を使うよりも、見直しをしてミスを減らしに行く方がよっぽど高得点につながります。

これは僕の個人的な意見でもあるので、”先輩のアドバイス程度”として参考にしてみてください!

サクッと解けた問題でも意外にミスをしていることが多いんだ。

パッと見て手が付けられなかった問題を考えてみるのは後回しだ。

「①一通り問題を解く、②サクッと解けた問題を見直し、③わからなかった問題に手を付けてみる」

このような順番で解いていくといいと思うぞ!

せんせい

なるほどね~。

ミスを減らしていくことが大事なわけね!

ネコ23歳

普段と同じ状態で試験に臨むこと

公務員を目指す人って真面目すぎる人が多いんですよね。

筆記試験の日も「鉛筆でマークしたほうがいいのかな?」「スーツで受けに行った方がいいのかな?」なんて思って普段と違う事をしてしまう人が多いと思います。

僕の個人的な意見かもしれませんが、普段通りにやったほうが落ち着けると思うんです。

そもそも慣れない鉛筆を使っていたら書きにくいですし、計算なんかでも時間がかかってしまいます。

「マークシートだけ鉛筆で書く」という人も、マークするときだけいちいち持ち替えるので大変だと思います。

スーツに関しても、スーツで試験って息苦しくないですか?

普段と同じで全然大丈夫なんです。

とにかく落ち着いて受けるようにしましょう!

俺は普段通りに受けてくるとするよ。

あんまりスーツとか好きじゃないしな。

ネコ23歳

それだけ落ち着いていたら大丈夫だろう。

頑張って来いよ!

せんせい

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です