2018/05/06

【国家一般職の体験記】国の闇を暴露!?官庁訪問の真実を俺が教える!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

1年で公務員に一発合格した24才

周りの人みたいに真面目に就活できる気がしなくて公務員を志望。

公務員試験に関する情報を知ってるだけで難易度が一気に下がることを実感しました。

見て下さるみなさんが簡単に合格できるよう貴重な情報を拡散していきたいと思います。

公務員試験面接対策

この記事を書いている人 - WRITER -
公務員合格を応援・サポートする現役公務員

国家一般職の試験に関する僕の体験記を

「筆記試験(1次)」「説明会(2回)」「人物(面接・性格)試験」「官庁訪問

この4パートに分けて書いていきたいと思います。

クリックすれば読みたい部分の体験記が見れます!

1次(筆記)試験に関する記事では、実際の試験日の雰囲気や僕が受験した感想などを紹介していけたらかと思います。

「人物(面接・性格)試験」に関する記事では、面接試験と性格検査の雰囲気や僕の体験談・感想を書いていけたらかと思います。

官庁訪問に関する記事では、実際に僕が受けた「○○地方整備局」の官庁訪問の雰囲気や感想などを体験談として書いていきたいと思います。

説明会」に関する記事では、国家一般職で合格を勝ち取るために重要な「官庁合同業務説明会」の雰囲気について紹介していきますね!

このページでは「赤文字の部分である”官庁訪問に関する体験談”」について紹介していきたいと思います!

国家一般職の官庁訪問に関する情報が調べてもあまり詳しく出てこなくてさ!

どんな感じでやるんだ官庁訪問って?

ネコ23歳

このページを見れば雰囲気がつかめると思うぞ!

ちゃんと読むようにな!

せんせい

【国家一般職の体験記】官庁訪問(8月の終わり)の雰囲気と僕の感想

面接試験日までの前置き

国家一般職は2次面接を突破した最終合格が採用というわけではありません。

官庁訪問と呼ばれる採用面接を突破してようやく就職先がきまります。

8月の頭くらいに官庁訪問の予約が始まります。

そう、この官庁訪問は自分で希望する官庁にアポイントメントをとって面接を受けるんですね!

自分の第一志望の官庁に一番最初に電話するのが一般的なやり方です。

そして官庁訪問は8月の20日過ぎくらいから開始となっています。

この官庁訪問解禁日に採用面接のアポが取れるか取れないかが合格へもかなり影響します。

僕は○○地方整備局以外は興味が無くて受けるつもりがなかったので、○○地方整備局の面接のアポを取りました。

そして僕はその初日のアポが取れたってわけです。

官庁訪問のポイントについて徹底的にまとめたページも用意しているので、官庁訪問のポイントを知りたい方はチャックしてみてくださいね!

【国家一般職の官庁訪問】合格率を大幅にUPさせるポイントはコレ!

私は官庁の採用担当から初日に面接に来てくださいって逆にアポをとられたぞ。

大きい声では言えないがね。

せんせい

そんなこともあるんだな~

意外と優秀なんだな。せんせいも。

ネコ23歳

官庁訪問初日の雰囲気と感想

僕は実家の近くの○○地方整備局を受けようと思ったわけですが、田舎に住んでいるのでその整備局まで新幹線で1時間くらいかかりました。

あんまり都会が好きではないので、新幹線や駅のホームなどの人の多さに試験前から疲れました。

説明会に続き今回も余裕をもって40分くらい前に官庁についてしまったわけですが、階段を上っていると、たまたま個別業務説明会の時にお世話になったお姉さんと再会しました。

このお姉さんのおかげで合格することができたという意外に重要な話をしたので、気になる方は個別業務説明会の体験談のページも読んでみてください。

ありがたいことに軽く雑談をしながら待機室まで案内してくれました。

それでも予定時間まであと30分くらい時間があったので、採用担当の方に連絡してみてくれたみたいで、時間を変更してもらって到着してすぐに面接試験が始まりました。

面接の部屋は個別業務説明会の時と同じでした。

国家一般職の官庁訪問の雰囲気1

個別業務説明会の時にかなり僕のことを高く評価してくれてたみたいで、初めの数分くらい志望動機などを聞かれただけであとは雑談をして1人目の面接(道路)は終わりました。

次に河川関係の担当をしている方との面接が始まりました。

こちらも個別業務説明会の時と一緒の方で、簡単に面接試験をした後は雑談をしただけでした。

この2人の面接で採用試験は終わりました。

正確な時間はわかりませんが、1人あたりだいたい10~15分程度だったと思います。

そして無事、この官庁訪問の日に内定をいただくことができました。

あまり大きい声では言えませんが、実は官庁訪問前に内々定の電話があったり・・・なかったり・・・

何が言いたいのかというと、僕は能天気に個別業務説明会に参加しましたが、”個別業務説明会で内定が決まる”と言っても過言ではないくらい説明会への参加が重要ということです。

実際に終わった後の感想ですが、個別業務説明会が第1の官庁訪問で、今回のこの記事で書いている本来の官庁訪問は第2の官庁訪問だと思いました。

もちろん、個別業務説明会であまりうまくアピールできなくても、官庁訪問でうまく話せればOKです。

むしろそれが一般的ですよね!

あまり参考にならないかもしれないですけど、僕の官庁訪問体験談は以上です。

ありがとうございました!

 

余談だけど重要な話

官庁訪問の倍率は一般的に約2.5倍と言われています。

最終合格者の中から5人に2人くらいが採用されるってことです!

この官庁訪問と呼ばれる試験を乗り越えるためには、根気も重要なんですね!

ひとつやふたつ受けてみて受からなかったら諦める、なんてのはせっかく最終合格をしたのにもったいないと思います。

実際に僕の友人も粘りに粘ってようやく合格をもらうことができた人がいます。

その合格をもらった理由が、「前に内定を出していた人が5人ほどその内定を蹴ったから」とのこと。

官庁側も人が欲しくて採用面接をしているわけですから、内定を出した人に辞退されてはこまりますよね!

例えば、もともと10人採用を予定している官庁なら、人が足りないから10人くらい一緒に働いてくれる人がほしいということです。

先に採用した人が来てくれないという事は、新たに官庁訪問に来る受験生の中から選ばなければいけないということになりますよね!

それで今まで何個も落ちたけど諦めずに官庁訪問をしていた受験生が合格できたりもするんです。

諦める=合格できるチャンスを捨てている」という事ですよ!

逆に言えば官庁訪問なんて自分でアポが取れるんだから、どれだけ官庁訪問での採用面接というチャンスを作れるかというのがポイントなわけです。

官庁の方から電話がかかってきて、「○○省ですけど~といった仕事に興味はありませんか?」などと官庁訪問の予約を催促されることもあります。

実際に僕もまったく知らない官庁から2~3回そういった電話がかかってきました。

こういった状況を見越して、いくつか採用枠のある官庁の説明会に参加しておくのもよいかもしれませんね。

「諦めたらそこで試合終了」

これが言いたかったために書いた余談でした。

内定をもらうまでの辛抱ですから、それまでは諦めずに官庁訪問がんばっていきましょう!

長々と呼んでいただきありがとうございました。

簡単に諦めたらマジで怒るからな!

わかったかネコ君!

せんせい

何言ってんだよ!

根気だけが俺の取り柄だわ!

がんばってくるわ!

ネコ23歳

この記事を書いている人 - WRITER -
公務員合格を応援・サポートする現役公務員
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Comment

  1. みみこ より:

    いつも参考にさせて頂いております(^^)
    大学四年の女子です。

    本日、地方整備局の内定を頂きました。わたしは地方上級の合格も頂いており、まだどちらか決意できていない状況です。ただ、その場で承諾するという条件での内定で、期間を頂くことができなかったため、押印し提出してしまいました。
    承諾書を提出した後の辞退は、相当怒られるであろう覚悟をしていますが、そもそも可能なのでしょうか。

    また、どの機関に勤めるのかの基準は個人によって異ならと思いますが、せんせいは何を決め手にしたのか宜しければ教えて下さい

    • koumuinyarou より:

      いつもブログ見てくださってありがとうございます!
      内定おめでとうございます(^^)
      とりあえず内定は確保しておくのが定石なので、押印をするのは当然のことです。
      内定を辞退することはもちろん可能です!
      基本的には10月からでないと本採用できないようになっているので、今の段階では内定といっても言葉だけなんですね。
      自分も内定もらって、押印して承諾しましたが、整備局は電話でお断りさせていただきました。
      ちなみに全然怒られませんでしたが、せっかく内定をいただいたのにそれを蹴るのは少し胸が痛かったですね。
      でも自分の未来ですから自分で決めていいのは当然のことだと思います。
      自体する際は緊張するとは思いますが、落ち着いて電話してみてください。

      自分の場合、元々地元で働きたい、転勤したくないという思いがあったので、試験が終わって色々考えたんですが、やはり地方上級に決めましたね。
      住み慣れた土地で今も暮らしていますが、やはり自分が求めていたのはコレだって思えます。
      みみこさんもゆっくり考えて決めてみてください。

  2. みみこ より:

    お返事ありがとうございます!
    辞退することが可能だと知り安心しました◎

    来週地方上級の職員の方ともう一度会う機会があり、それから決断したいと思うのですが、1週間延ばしても大丈夫でしょうか。またその場合、辞退する可能性があることは伝えておいた方がよろしいでしょうか

    難しい質問ばかりですみません、、、

    • koumuinyarou より:

      全然大丈夫ですよ!
      なんでも気軽に聞いてみてください(^^)

      辞退する可能性は伝えない方が良いと思います。
      どちらもほんとに行きたいんだけど、いろいろ考えた結果○○になった。って感じでいいんじゃないでしょうか。
      言い方悪いですけど、何も言わずにキープしておけばいいんです。
      せっかく勝ち取った内定ですからね、自信をもって大丈夫です。
      自分がどこに行くか決意したら、その時辞退しますと連絡すればオッケーですよ!

  3. よー より:

    説明会に行かなかったんですが、行かなかった人は落ちますか?

    • koumuinyarou より:

      コメントありがとうございます!
      説明会に行かないから落ちるというわけではありません。
      官庁訪問の際に他の受験者より多少不利になるという話です。
      面接官と顔見知りってだけで合格できる可能性がかわりますから、少しでも合格率を上げるために説明会には絶対に参加しておけよって私は謳ってます。
      説明会に行かなくても官庁訪問できちんと面接をこなせれば合格できますし、説明会に行ったとしても官庁訪問でうまくしゃべれなかったら落ちますからね~。
      合格できる可能性は当たり前ですが普通にあります!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です