2018/05/06

【国家一般職の体験記】聞かれたことはすべて○○からだった!?3回目の面接で俺に死角はないぜ!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

1年で公務員に一発合格した24才

周りの人みたいに真面目に就活できる気がしなくて公務員を志望。

公務員試験に関する情報を知ってるだけで難易度が一気に下がることを実感しました。

見て下さるみなさんが簡単に合格できるよう貴重な情報を拡散していきたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

国家一般職の試験に関する僕の体験記を

「筆記試験(1次)」「説明会(2回)」「人物(面接・性格)試験」「官庁訪問」

この4パートに分けて書いていきたいと思います。

クリックすれば読みたい部分の体験記が見れます!

1次(筆記)試験に関する記事では、実際の試験日の雰囲気や僕が受験した感想などを紹介していけたらかと思います。

人物(面接・性格)試験に関する記事では、面接試験と性格検査の雰囲気や僕の体験談・感想を書いていけたらかと思います。

「官庁訪問」に関する記事では、実際に僕が受けた「○○地方整備局」の官庁訪問の雰囲気や感想などを体験談として書いていきたいと思います。

説明会」に関する記事では、国家一般職で合格を勝ち取るために重要な「官庁合同業務説明会」の雰囲気について紹介していきますね!

このページでは「赤文字の部分である”人物(面接・性格)試験に関する体験談”」について紹介していきたいと思います!

国家一般職の面接の雰囲気が気になってたんだよ!

俺も落ち着いて面接したいから、雰囲気をわかりやすく教えてくれ!

ネコ23歳

それじゃあこのページを参考にしてみよう!

せんせい

【国家一般職の体験記】面接試験(7月の終わり~8月の頭)の雰囲気と僕の感想

面接試験日までの前置き

国家一般職の面接試験は7月の終わり~8月の頭くらいで行われるんですね。

1次試験を合格した人に合格通知(ハガキ)が届くのですが、その合格通知に面接試験の日程・会場が記載されています。

一般的には行政区分の受験者から始まって、終わり次第技術区分の面接に移っていくシステムとなっています。

僕も技術(土木)区分の受験だったので、7月の後半でした。

 

面接試験の概要や服装、持ち物など

面接試験を始める前に、まずは性格検査が行われます。

これは単純に人間として正常な考え方をしているか、といっただけの試験ですので気楽に受けて大丈夫です。

性格検査とは

試験時間 15分

質問数 100問(全問必須回答)

内容は性格を判断するもの

不安な方は僕が練習問題なども用意していますので性格検査についてまとめたページ(↓)を見てみてください!

【公務員試験の性格検査とは】実際の問題をあつめてみました!

まずは面接試験の概要について簡単にまとめて紹介します。

面接試験の概要

一人の持ち時間は約15分

面接官は3人

面接カードに沿って面接が行われる

次に簡単に服装と持ち物についてまとめておきます。

服装と持ち物まとめ

[服装]

スーツ(夏服でOK)

[持ち物]

1次試験合格通知書

面接カードや採用志望カードなど指定された書類

カバン

シャープペン(又は鉛筆)

とくに持ち物や服装で注意する点はないです。

夏なのでタオルやハンカチに加えてうちわなんかを持っていくといいかもしれませんね。

それではこれから実際の試験日の雰囲気を僕の体験談として書いていきたいと思います。

面接試験配点は2/9、筆記試験の配点は7/9だから、

筆記試験で点がとれていれば面接試験は普通にこなすだけでも合格することができるんだ。

せんせい

国家一般職は面接より勉強の方が重要なんだよね!

俺も筆記試験の方でアドバンテージをとれるように頑張るよ!

ネコ23歳

面接試験日の雰囲気と感想

僕の面接開始時間は2時半くらいで、集合は1時でした。

集合が12時のグループ、集合が2時のグループなど、グループごとに性格検査や面接試験の説明の時間がわけられているようです。

面接試験の会場も車で約2時間半くらいかかる場所にあったため、余裕をもって会場(庁舎)に足を運びました。

到着して待機室的な部屋(↓)に向かいました。

 

国家一般職の試験会場の雰囲気1

他の受験生もいたのですが、9割以上の方が夏服のスーツでしたね。

そして時間がきて、まずは性格検査の説明から始まりました。

本番の性格検査もサクっと終わらせ、次は面接についての説明が始まりました。

面接を行う部屋の場所やルールについての細かい説明をしてもらい、面接試験が始まりました。

同じ机の6人がグループとなっていて、左の人から順に面接を行うシステムでした。

僕は1番左の席だったので面接が1番だったんですね。

まぁ早めに終わらせてしまった方が気楽でいいですよね!

終わった人から帰宅してOKだったのでさらにありがたかったです。

面接を行った部屋はこんな感じでした。

国家一般職の面接会場の雰囲気2

先ほど説明を受けた部屋にカバンを置いてもよいとのことだったので、カバンはその待機室的な部屋においておきました。

カバンは面接の部屋にもっていかない方がいいと思います。

僕は筆記試験の方がそこそこできていたので、面接試験は普通にこなせば受かると思い、少しは気楽に受けることができました。

国家総合職と労働基準監督官の本番面接をすでにこなしているので、少しだけ面接に慣れている感覚もありました。

そして質問内容に関してですが、ほとんどの質問が面接カードに書いたことでした。

面接カードに書いたこと以外では

「最近読んだ本は?」

「家族以外で尊敬できる人はいる?」

このような質問をされました。

尊敬できる人は「野球選手のイチローです。努力がなんちゃら~で~だからです。」みたいな感じで答えましたw

本に関しては「昔はよく読んでいたのですが、最近は忙しくて本を読めていません。」と普通に答えてしまいました。

僕はこういった想定外の質問にうまく対応することができないようです。

落ち着いて考えればうまい答えなんていくらでも出てきそうなもんですが、本番では少し焦ってしまいますからね~。

国家一般職の面接の質問集というページを作っているので、面接の答え方や頻出の質問が気になる方はそちらもチェックしてみてください!

【国家一般職の質問集】俺が面接でされた質問に俺が回答!

国家総合職や労働基準監督官の試験を受けていれば、3つ目の面接試験という事になるんだ。

ようやく面接に慣れてくる時期だな。

せんせい

なるほどな!

参考になったよ!

言い方悪いけど、総合職と労基で練習してくるわ!

ネコ23歳

この記事を書いている人 - WRITER -