2018/05/06

【国家一般職の体験記】狙い通りだったぜ!完璧な作戦で試験突破!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

1年で公務員に一発合格した24才

周りの人みたいに真面目に就活できる気がしなくて公務員を志望。

公務員試験に関する情報を知ってるだけで難易度が一気に下がることを実感しました。

見て下さるみなさんが簡単に合格できるよう貴重な情報を拡散していきたいと思います。

公務員試験面接対策

この記事を書いている人 - WRITER -
公務員合格を応援・サポートする現役公務員

国家一般職の試験に関する僕の体験記を

筆記試験(1次)」「説明会(2回)」「人物(面接・性格)試験」「官庁訪問」

この4パートに分けて書いていきたいと思います。

クリックすれば読みたい部分の体験記が見れます!

1次(筆記)試験」に関する記事では、実際の試験日の雰囲気や僕が受験した感想などを紹介していけたらかと思います。

「人物(面接・性格)試験」に関する記事では、面接試験と性格検査の雰囲気や僕の体験談・感想を書いていけたらかと思います。

「官庁訪問」に関する記事では、実際に僕が受けた「○○地方整備局」の官庁訪問の雰囲気や感想などを体験談として書いていきたいと思います。

「説明会」に関する記事では、国家一般職で合格を勝ち取るために重要な「官庁合同業務説明会」の雰囲気について紹介していきますね!

このページでは「赤文字の部分である”筆記試験(1次)に関する体験談”」について紹介していきたいと思います!

実際の試験日の雰囲気って気になってたんだよな!

ネコ23歳

この記事を読めばなんとなく当日の雰囲気がつかめると思うぞ!

せんせい

【国家一般職の体験記】1次試験日(6月の第3日曜日)の雰囲気と僕の感想

国家一般職の筆記試験の日程はコレ

試験開始前の出来事

国家一般職の試験は近くの大学が試験会場となっていたので、車で30分の場所にある大学で受験することができました。

今回は僕も国家一般職を志望している友人と一緒に会場に向かいました。

朝7時20分くらいに車で家を出発してだいたい8時前に試験会場の大学に到着しました。

周りの人は友人などと一緒に来ている人が多く、緊張していない人が意外に多かったように感じました。

ただ人気の試験というだけあって人はめちゃくちゃ多かったです。

受付は受験区分関係なしで行われるので、受付までに人がすごいたくさん並んでいましたね。

そんな僕はというと「土木区分」でこの国家一般職を受験しました。

試験会場は技術系で受験者がまとめられているようでした。

上から目線的な言い方で申し訳ないんですが、国家一般職は落とすわけにはいかない試験だと思っていたので、気合いが入っていました。

ここまでに試験を2つ受けているので、このときやっと試験会場の雰囲気に慣れてきていましたね。

ここまでは注意する点はありませんが

国家一般職の日程は午前中が教養試験、午後の最初が専門試験記述式(※小論文)、午後の最後が専門試験多肢式となっているので、試験科目の順番だけ注意ですね!

では次に実際受けてみた感想を書いていきたいと思います。

 

教養試験の感想と反省点

もともと教養が身についていない僕にとっては教養試験が一番難しい試験でしたw

教養試験に関しては総合職や労働基準監督官の時と同じような感想でした。

総合職は30問で対策もしやすかったのですが、一般職の教養試験は2時間20分(140分)で40問を解くといったシステムなんですね。

この40問の中の世界史や地理、政治経済などの一般知識と呼ばれる問題は時事以外一切対策していません。

13問分はすべて適当にマークしました。

専門試験の多肢式で点を取る算段だったので、教養試験の目標は5割でした。

今回も総合職の試験と同様、時間ごと決め打ちして問題を解いていきました。

教養試験のプラン

開始~50分 現代文の6問

50~60分 時事の3問

2.3分で勉強してない科目を適当にマーク

63~80分 資料解釈3問

60~140分 数的・判断推理

50問も「現代文」に使うなんて馬鹿じゃねえか!と思われる方も多いかもしれませんが、一般知識が身についていない上に国語ができない僕にはこれが国家一般職の教養試験を攻略するために残された最後の選択肢でした。

この「現代文」って実は中学生レベルの問題なんです!

なので焦らずに時間を使えば確実に正解の選択肢にたどり着けるんですね!

文章をすべて読んで僕は50分くらいかけて6点を取りに行きましたw

国語が得意な人なら30分もかからずに全問正解できると思います。

結果的に現代文では6点きっちり取ることができましたw

そして簡単に時事問題に手を付けた後、勉強していない問題をすべて適当にマークしていきました。

勉強してないからどうせ読んでも読まなくても一緒ですからね。

そしてもう一つ確実に点が取れるのが「資料解釈」という科目です。

これも選択肢をチェックしていくだけなので確実に点が取れるんですね!

資料解釈に関しては選択肢⑤から④、③、②、①と順番にチェックしていくことが早く解くコツです。

計算は好きなので15分くらいかけて確実に3問をとりにいきました。

これも確か3問当てることができたと思います。

そして残りは得意の数的・判断推理に時間をすべてつかいました。

時間配分を少しだけミスったので数的・判断推理に関しては7割くらいしかできませんでした。

適当にマークしていたところが全然当たっていませんでしたが、結果的に目標の5割は取ることができました。

大学の入試などで真面目に勉強してきた人にとっては参考にならないかもしれませんが、ゼロからスタートした僕のような人には参考になるんじゃないかな~と思いますw

ちなみに鉛筆を使う必要はなく、すべてシャープペンでOKです!

教養試験は時間配分が非常に重要なんだ!

得意な科目から攻めてもいいし、時間がかかりそうな科目から解くのもOKだ。

自分なりの戦略を立てて試験に臨もう!

せんせい

なるほどな!

俺は合格しているこの記事を参考に攻めていくぜ!

ネコ23歳

専門試験[記述式]の感想と反省点

僕は土木区分で受験したので、土木系に関する問題でした。

小論文のようなものを1時間(60分)かけて書いていくといったシステムです。

文章系は苦手なんですが、文章よりも自分の考えを書くだけでOKの問題なので、ほぼ対策なしで何とかなりました。

なんとかなるというよりも、そこそこうまく書けた自信があります。

画像までは載せられませんがH29の問題はこんな感じでした。

[H29記述式(土木)]

(1) A市は現在「災害に強いまちづくり」を方針として掲げ、今後、中長期的なスパンでインフラの整備を行っていく。

A市において、あなたが行政に携わる土木技術者として防災・減災により水害から守るべきであると考えられるものを自由に述べよ。

(2) 今後A市が「災害に強いまちづくり」を実現していく中で、(1)で挙げたものを守るために有効であると考える対策について、我が国の行政に携わる土木技術者の観点からあなたの考えを自由に述べよ。

なお、必要に応じて以下のキーワードを用いてもよい

[ キーワード: ネットワーク、土地利用計画、ソフト対策、ICT、資産価値 ]

受けてみて思ったのは、「日頃の土木系に関するニュースなどに対して自分の意見をもっているか?」というようなものを問われている感じでしたね。

そして「自分が公務員となったらどのように行動するのか」といった問題が多いように感じます。

僕は総合職の試験の対策の時に説明会や資料、インターネットなどを通して土木に関してはかなり詳しくなっていたので、思っていたよりもスラスラかけました。

小論文の書き方を勉強するというよりも”土木に関する知識を身に着ける”という方が大事だと感じました。

不安な人は過去問を申請して解いてみるのがいいかもしれませんね!

過去問の申請方法はこちらです。

【国家公務員試験の過去問入手方法】5分で申請終わる!国家一般職・国家総合職・労働基準監督官について紹介!

では次は一番重要な専門試験多肢式の試験についての感想や反省点を書いていきたいと思います!

 

専門試験[多肢式]の感想

専門試験多肢式は3時間(180分)で40問を解くといったシステムです。

この専門試験多肢式で高得点をとることが国家一般職合格への近道です。

なので気合いを入れて試験に臨みました!

時間はたっぷりあるので、普通に1番から順に解いていきました。

僕は土木区分での受験なので数学・物理(20問)からのスタートでした。

僕はもともと数学は得意だったので数学では点を稼げるよう頑張りました。

国家総合職の時の専門試験多肢式における失敗を糧に、見直しもきちんとしましたw

物理は高校でも大学でもほぼ習っていないので、取れる問題を確実に解くといったスタンスで臨みました。

少しミスはしていたものの結果的に数学と物理併せて6割くらい取れたので、まぁまぁのできでした。

ミスったのは土木(20問)です。

僕は3力と呼ばれる「構造力学」「水理学」「土質力学」はめちゃくちゃ勉強していて得意でした。

いわゆるハード系と呼ばれるこれらの3力の問題10点中、わからない問題が1問だけの9点をとることができました。

ここまではOKなんですけど、ソフト系(知識問題)の問題10問で、最後の選択肢が切ることができなくて、2点くらいしか取れませんでした・・・w

模試とか過去問などの本番形式の試験でもこんなにひどい点を取ったことが無かったのに、完全に本番でやらかしました。

確実に取れた問題が2問あって、それ以外の問題もすべて2択まで絞れていたのに、すべて外しましたw

まぁこれも最後まで選択肢を絞り切れない僕の実力不足なんですが、あまりにもセンスがなさ過ぎましたね。

このソフト系(知識問題)に関しては過去問だけですがかなり勉強していたので、そこそこはできると思っていたんですが、やはりそれだけでは選択肢を絞ることしかできませんでした。

結果的にトータルで6割くらいとれたのでまぁまぁなんですが、最低でも7割は取りたかったので残念でした。

読んでくださる皆さんは詰めが甘い僕のようにならないように気を付けてくださいね(笑)

こちらも鉛筆を使う必要はなく、すべてシャープペンでOKです!

今回もダラダラ書いてしまってすみませんでした!

これにて1次試験の雰囲気や感想については終わりにしたいと思います。

ありがとうございました!

こうやって失敗談を語ってくれるのがありがたいな(笑)

俺がその失敗を糧にさらに高みを目指すぜ!!

ネコ23歳

生意気だな!

だが、ぜひともその調子で頑張ってくれ!

せんせい

この記事を書いている人 - WRITER -
公務員合格を応援・サポートする現役公務員