2018/05/06

【国家一般職になるための7STEP】ゼロから合格までを僕が徹底的にサポート!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

1年で公務員に一発合格した24才

周りの人みたいに真面目に就活できる気がしなくて公務員を志望。

公務員試験に関する情報を知ってるだけで難易度が一気に下がることを実感しました。

見て下さるみなさんが簡単に合格できるよう貴重な情報を拡散していきたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

国家一般職を目指すって決めたとしても何から始めていいのか、何を勉強すればいいのか全然わかりませんよね。

・受験先を決める。

・何を勉強しなければいけないのかを把握する。

・試験日までに教養・専門(択一式・記述式)を勉強しきちんと対策をする。

・一次試験合格後、面接の対策を行う。

・合格後に官庁訪問をする。

なんとなくこんな感じ(↑)だろうと思っている人が多いと思います。

もちろんこれでOKですが、これ以外にも合格により近づくためにやった方がいいこともあります!

今回は国家一般職を目指すにあたって絶対にやらなければいけないことを順番にまとめて紹介していきたいと思います!

国家一般職は俺の中で第2志望なんだ!

ゼロから合格までのやらなきゃいけないことをわかりやすく教えてくれよ!

ネコ23歳

もちろんわかりやすく教えてくれると思うが、面接のときは第2志望ということは言っちゃだめだぞ!

絶対第1志望と伝えるようにな。

せんせい

国家一般職へのSTEP1:まずは受験先を決めよう!

「国家一般職 受験案内」と検索して出てくるPDFの受験案内のページを開きます。

試験の区分をまとめてみました。

大別すると行政と技術系にわけられます。

H29年度の採用人数を例にまとめてみました。国家一般職になるために、まずは試験区分を決めよう!

この中から興味があるものなどから、自分の受験先を決めましょう

行政は地域で分けてあるだけです。

そして受験日もチェックしておきましょう!

平成30年度の受験予定はこのようになります!国家一般職になるために試験日程をマスターしよう

俺は勉強が嫌いだし倍率も低いから「土木」で受けるよ!

ネコ23歳

国家一般職へのSTEP2:次に何を勉強すればいいのか明確にさせましょう!

先ほどと同じく「国家一般職 受験案内」と検索して出てくるPDFの受験案内のページを開きます。

3ページ目に試験の種類や試験の時間、試験内容などが記載されているのでチェックしておきましょう!

細かい出題範囲などは9ページ(別表)に記載されているので、こちらもチェックしておきましょう。

基礎能力(教養)試験の内訳のページを僕が作っているので、こちらも参考にしてください。

国家公務員の教養試験編

※教養試験は区分に関係なく同じ試験です。

土木のみですが専門試験の内訳のページも作っているので、こちらも参考にしてください。

国家公務員試験の専門試験の出題科目

勉強しなければいけない科目はわかったぞ!

次はなにすればいいんだ?

ネコ23歳

そりゃ勉強をしなきゃいけないだろう!

だけどその前に過去問を入手しておこう!

せんせい

いきなり過去問?

ネコ23歳

昔の過去問を勉強してみたかったり、記述式の対策がしたくても本屋などでは手に入りにくいんだ。

そんな過去問、申請してから手元にくるまでに1カ月半くらいかかっちゃうんだ。

本屋で手に入る場合はそれでOKだ。

これから申請方法を先輩に紹介してもらうよ!

せんせい

国家一般職へのSTEP3:勉強を始める前に過去問を請求しておきましょう!

「いきなり過去問??」と感じる方も多いと思いますが、合格するために過去問を解くことは必須といっても過言ではないくらい重要です。

効率よく合格を目指すなら過去問を解くことは必須です。

本屋などで入手できる場合はそれでOKです。

ですが昔の過去問を勉強してみたかったり、記述式の対策がしたいと思っても本屋にはほぼ売ってないです。

そんな過去問、人事院に申請すれば入手可能なんですが、申請してから手元に届くまでに1か月半もかかってしまうんです。

ギリギリの時期に対策すればいいか、なんて思っていると間に合わないこともあります。

なので過去問はなるべく早めに入手しておきましょう。

基礎能力(教養)・専門(多岐・記述)がセットになっていてすべて手に入ります。

申請方法を詳しく説明したページはこちらです。

国家公務員試験の過去問入手方法

※僕と同じ作業をしてもらえればOKです。

本屋に売ってる過去問も最新2,3年分の過去問とかしか売ってないもんな~

俺は申請しとくよ!

ネコ23歳

やる気があっていいね!

やればやるだけ合格に近づくからな。

せんせい

国家一般職へのSTEP4:国家一般職の試験対策・勉強方法

国家一般職になりたいなら、面接や作文よりも勉強で点を稼ぐことが何より合格に近づきます

勉強面で一般職の試験に合格するための目標は平均点を取ることです!

特に専門試験は超重要です。

専門試験だけで全体の評価点の約44%を占めています。

専門試験で高得点を狙えるように勉強していくのが効率のいい勉強の仕方であって、合格への近道です。

教養試験と専門試験をあわせると、これだけで全体の評価点の約66%を占めます。

目安はこれくらい(↓)ですね。

[教養試験]と[専門多岐]

だいたい4~5割とれれば合格

[専門記述]

だいたい4~5割とれれば合格

もちろん試験の難易に左右されますがだいたいこんな感じですね。

8月から勉強を開始したとして、試験日までの勉強プランを教養・専門多岐・専門記述の3つにわけて紹介したいと思います。

平均点をとれればいいのか!

少しやる気でてきたぞ!

ネコ23歳

私の友人で教養15点、専門12点で合格している人もいるんだ。

足切り点を超えていればなんとかなるかもしれんな。

せんせい

教養試験の試験対策 勉強プラン

国家一般職になるために教養試験の内訳を把握しよう!

効率よく合格を目指すなら教養科目はこの4つに絞って勉強していくことをオススメします。

オススメ科目
  • 現代文
  • 判断・数的推理
  • 資料解釈
  • 時事

この4つだけで25/40点もあります!

これ以外の科目は過去問で勉強したり、高校の時の教科書を使って勉強したりと簡単に勉強しておけばOKです。

ちなみに僕は上の4つ以外は物理と化学以外全く勉強しませんでした。英語すら勉強していません。

その分、数的推理や判断推理といった重要度の高い科目はきちんと勉強していました。

イメージとしては教養試験で5割くらいとって専門試験で6割以上とるといった感じでした。

もう一度教養試験の試験科目の内訳のページ(↓)を貼っておきます!オススメの参考書などもこのページで紹介しています。

国家公務員の教養試験編

では勉強プランを紹介していきますね!

参考にしていただく程度でみていただけたらかと思います。

まずは数的推理、判断推理からいきます!

国家一般職になるための勉強プランはコレ1

 

次は時事問題、現代文、資料解釈のプランについて紹介します。

国家一般職になるための勉強プランはコレ2

過去問は市販の市役所や国家一般職のものを購入して勉強すればOKです。

これ以外は得意なものだけ勉強しましょう!

苦手な教科は思い切って捨てましょう。無理に勉強するのは非効率的です。

そのかわり重要度が高い数的・判断推理は絶対に力を入れて勉強しなければいけません

俺はとくいな教科なんてないから重要な科目はきちんと勉強するぜ!

専門科目に力をいれて勉強していくつもり!

ネコ23歳

良い作戦だが、足切り点には引っかからないようにな。

最低でも先輩が紹介してくれている4つは勉強するようにな。

せんせい

専門多岐の試験対策 勉強プラン

国家一般職になるために専門試験の内訳を把握しよう!

今回は土木で受験する場合の勉強プランの例を紹介していきたいと思います。

もう一度、土木で受験する場合の出題科目のページ(↓)貼っておきます。オススメの参考書などもこのページで紹介しています。

国家公務員試験の専門試験の出題科目

勉強しなければいけない科目をまとめると

専門科目
  • 数学・物理
  • 土木ハード系(3力など)
  • 土木ソフト系
  • 記述式の対策(論文・作文など)

この4種類にわけられます。

一番重要なのはやはり土木ハード系の3力です!

国家一般職の場合同じくらい数学・物理が大事です。

専門試験では20問ずつ出題されます。

勉強プランを紹介していきます。

国家一般職になるための勉強プランはコレ3国家一般職になるための勉強プランはコレ4

国家一般職の数学・物理、そして3力に関しては基礎的な問題や過去問と類似した問題が多く出題されています。

なので基礎をきちんと理解してから過去問を解いて勉強していくことが一番タメになります!

数学・物理の勉強を毎日かかさず行うとともに、3力の基礎も完璧に理解できるように教科書を何回も解いて勉強しましょう。

教科書を最低3周はまわしてください。

いまいち基礎が理解できない」、「効率よく勉強したい」、そんな方のために僕がわかりやすく解説したページをいろいろ作ってみました。(↓)

教科書の重要度をまとめたページはこちら

専門試験をさらに効率よく勉強するために項目別の重要度を把握しましょう!

構造力学・水理学・土質力学を本気で徹底解説したページはこちら

構造力学 教科書まるまる徹底解説!

水理学 教科書まるまる徹底解説!

土質力学 教科書まるまる徹底解説!

国家一般職だけでなく市役所の問題なんかもかなり参考になるので、過去問はどんどん解いていきましょう!

専門記述(小論文など)の試験対策 勉強プラン

記述式といっても、計算や暗記問題ではなく論作文形式の問題です。

本格的に準備し始めるのは試験の一か月前くらいで大丈夫です。

配点もめちゃくちゃ低いです。

足切りにならないようにだけ注意して勉強しましょう。

とはいっても僕もほとんど対策はしませんでした。

とりあえず記述式の試験に臨むに当たって重要だと思うことをまとめてみました。

ポイント
  • 文章を書くので、正しい文章の書き方
  • 土木系の知識があるか(水害や地震など)
  • 自分の意見をきちんともつこと

この3つだけあれば大丈夫だと思います。

「実際に災害が来た時に公務員としてあなたならどうしますか」といった感じの問題が多いです。

H29の過去問を用意できたので紹介していきますね。(図は省略)

H29 過去問

(1) A市は現在「災害に強いまちづくり」を方針として掲げ、今後、中長期的なスパンでインフラの整備を行っていく。

A市において、あなたが行政に携わる土木技術者として防災・減災により水害から守るべきであると考えられるものを自由に述べよ。

(2) 今後A市が「災害に強いまちづくり」を実現していく中で、(1)で挙げたものを守るために有効であると考える対策について、我が国の行政に携わる土木技術者の観点からあなたの考えを自由に述べよ。

なお、必要に応じて以下のキーワードを用いてもよい

[ キーワード: ネットワーク、土地利用計画、ソフト対策、ICT、資産価値 ]

図を省略しているのでわかりずらいとは思いますが、なんとなく適当にでも文章は書けそうな気がしませんか?

がつがつ勉強する必要はありませんが土木に関するニュースを見て自分ならどうするかなど、自分の意見を持つように日ごろから心がけていきましょう!

”俺はしっかり対策がしたいんだ”って人は過去問を申請して実際に記述式の問題を解いてみましょう。

国家公務員試験の過去問入手方法はこちら

勉強プランのまとめ

教養試験と専門試験の対策についてのまとめをしていきたいと思います。

教養・専門多岐・専門記述とそれぞれ対策をしていかなければならないのですが、一日当たりどのくらい勉強すればいいのか、どのくらいのペースでやっていけばいいのかをまとめて載せていきたいとおもいます。

勉強は最初が一番つらいです!

ポイントなのは勉強する時間を決めるのではなく、勉強する量を決めて取り組むという事です!

[8~翌年1月の6カ月間]

1日の勉強量
  • 数的・判断推理を参考書10ページずつ
  • 数学、物理を参考書1章ずつ
  • 土木の教科書10ページ

これを集中してやるだけでも6時間くらいかかってしまうと思います。

まぁ8月から勉強するプランで組んでいるので一日の勉強量も多くなっていますが、1年前、2年前から対策をすればこの半分以下で大丈夫です!

余裕がある人は教養科目の中で自分の得意なものなどを勉強しましょう!

土木の緑の教科書[ソフト系]も暇なとき(隙間時間など)に読んでおくといいです。

[2~6月の5カ月間]

ここからは過去問中心の勉強方法になります。

1日の勉強量
  • 過去問を通して数的・判断推理の問題を解く(1年分)
  • 過去問を通して現代文・資料解釈の問題を解く(1年分)(他の教養科目もついでに勉強しておくと良いです。)
  • 時事問題を参考書を使って勉強する。(1日1章完璧に)
  • 市役所・国家一般職の過去問を通して土木[ハード系・ソフト系]を勉強する。(1年分)

慣れてくると勉強時間も少なくなってきます。

一次試験が終わり、二次試験である面接の日までは、面接カードを書くことや面接練習など、面接対策を徹底して行いましょう。

俺は専門試験の勉強に力をいれるようにするわ!

ここが勝負所なんだろ?

ネコ23歳

そうだな!

正直、教養試験や記述式の試験で思うように点が取れなくても、専門試験である程度点が取れていれば余裕で合格でるんだ。

足切り点には注意しなきゃいけないけどね!

せんせい

国家一般職へのSTEP5:申込受付期間に注意しましょう!

平成30年度国家公務員採用一般職試験は申込が4月6日(金)9:00~4月18日(水)となっています。

13日間しかないので注意してください!

国家総合職を受けた人は国家一般職もやりかたが同じだからわかると思うけど、なるべく早めに申し込むようにな。

せんせい

OK!初日に申し込むわ!

ネコ23歳

国家一般職へのSTEP6:勉強が終わったら次は面接対策だ!

国家一般職の場合、国家公務員としての面接が1回と官庁訪問と呼ばれる就職面接が1回以上の合計2回以上面接があります。

官庁訪問に関しては希望する省庁を決めて、省庁ごとに何回か面接を行います。

国家一般職の2次試験で課されている面接試験は採点割合が2/9 (約22%)と比較的低いですが、できなければ落ちてしまいますよね!

A~Eの5段階評価でE評価は不合格確定となってしまいます。

スムーズに面接試験をこなしていくためにも、対策をきちんとしていきたいところですよね!

2次試験で課される面接試験と官庁訪問の2つにわけて説明していきたいと思います。

まずは2次試験の面接対策について紹介します!

官庁訪問については後ほど説明していきたいと思います。

絶対にやらなきゃいけないこと、それは”合同説明会に参加すること”だ!

せんせい

自由参加だろ?

そんなに重要なのか?

ネコ23歳

勉強で高得点をとるより大事だといっても過言ではない。

今から先輩にそれを説明してもらうよ。

せんせい

国家一般職 2次試験の面接対策 ①説明会に参加する

合格するために絶対にやらなければいけないこと、それは

国家公務員採用総合職試験第1次試験合格者等対象の

官庁合同業務説明会

に参加することです!

詳しい情報は人事院のHPに載っています。国家一般職の説明会の日程を把握すれば合格できる

この説明会も最終合格発表の変な時期に開催されています。

そして合同説明会に参加して絶対にやらなければいけないことがもう一つあります!

”個別業務説明会に参加する予約をする”

ということです。

これに参加するかしないかで合否に大きく影響してきます!

ここからの話は大きい声では言えませんが・・・

参加不参加が採用面接に影響を与えないものとするとHPに書かれていますが、そんなわけはありませんよね。

これには理由があるんですね。

昔は今の合同説明会が開催されている時期に官庁訪問を行っていたんです。

最終合格していないのに官庁訪問を行う、という非効率的なやり方をしていたんですね。

さすがにこれはよくないという事もあってか、名目上は個別業務説明会で実は採用面接という形で今は進められています。

なので個別業務説明会なのに何故かエントリーシートのようなものも書かされます。

もちろん質問されたりそれに答えたりと面接のようなこともします。

だらだらと書いてしまいましたが、国家一般職に合格したいなら絶対に参加してくださいね。

現場見学会は無理に参加しなくてもOKです。

僕の合同業務説明会と個別企業説明会の体験談はこちら

僕が国家一般職の説明会に参加した感想

どれだけ重要かわかったよ!

めんどくさがらずに絶対参加するよ!

ネコ23歳

これも大きい声では言えないが・・・

官庁訪問前に合格の・・・ゴホン(咳)

内々定なんて話があったり・・・なかったり・・・ゴホン(咳)

せんせい

国家一般職 2次試験の面接対策 ②面接カードをうまく作る

もうひとつやらなければいけないことがあります。

それは”面接カードを上手に作ること”です!

完璧や丁寧に作るのではなく”うまく” 作るのがポイントです!

面接カードの書き方を詳しく説明したページを作ったのでこちらを見てみて下さい。

面接カードの書き方を徹底解説! 国家一般職編

注意しなければいけないのは国家公務員としての面接ということだ。

技術系で受験したとしても面接官は文系の方が多いんだ。

せんせい

なるほど。だれが見てもわかるように作らなきゃだめなんだな。

ネコ23歳

そういうことだ!

それと米粒みたいな字で書くのはあまりよくないから注意してな。

面接官の方も面接カードを見るだけで疲れちゃうからな。

せんせい

国家一般職 2次試験の面接対策 ③実践的な面接の練習をする

面接カードの作成が完成したらどんどん実践してください。

公務員講座にも入ってないし一人じゃできないよって人はハローワークにいきましょう!

予約が必要な場合もあるので近くのハローワークのHPを見るか、電話をかけるかをしてください。

「面接カードを一生懸命作ったから面接練習はしなくていいかな」なんて思っている人もいると思います。

ぶっつけ本番はキケンですし、経験がなにより大事です!

場数を踏めば面接もうまくなっていきますし、徐々にしゃべれるようになってきます。

面接本番までにできるだけたくさん面接練習を行うようにしましょう!

僕が作った国家一般職でされる質問集を練習の一部で使っていただけたらかと思います。

印刷して練習してくださるハローワークの人に渡すとよりスムーズに面接練習ができると思います。

面接がうまくなる一番の近道はやはり”実際に面接をしてみる”ということだ。

国家総合職や労働基準監督官の一次試験を突破することができたら、めんどくさくても面接まで経験してこよう!

せんせい

正直俺、労働基準監督官の試験を突破できても面接受けに行くか迷ってたわ!

ネコ23歳

だめだぞ!

絶対に受けてくるようにな。

せんせい

国家一般職へのSTEP7:最後は官庁訪問だけだ!

最終合格=内定ではないので注意が必要です!

最終合格の通知は国家一般職の資格をもらいましたよって意味なんですね。

国家一般職としての資格を持っている人だけが各省庁で面接を受ける権利があります!

そして官庁訪問と呼ばれる面接試験を乗り越えてやっと就職することができます!国家一般職の合格するごとのイメージイメージとしてはこんな感じ(↑)です。

ちなみに国家一般職の合格者名簿の有効期限は3年です。

一度最終合格してしまえば3年間は試験を受けなくてすみます。

官庁訪問の部分からスタートということですね。

官庁訪問の対策とポイントをまとめたページを作ったので詳しく知りたい方はこちらのページを見てみてください。

国家一般職の官庁訪問の対策とポイントまとめ

このページを見てもわからないことがあれば私に聞いてください(^^)

こちら(↓)が私の連絡先です!

友だち追加

せんせい

この記事を書いている人 - WRITER -