2018/03/19

【国家一般職の質問集】俺が面接でされた質問に俺が回答!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

1年で公務員に一発合格した24才

周りの人みたいに真面目に就活できる気がしなくて公務員を志望。

公務員試験に関する情報を知ってるだけで難易度が一気に下がることを実感しました。

見て下さるみなさんが簡単に合格できるよう貴重な情報を拡散していきたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

今回は国家一般職の2次試験で課されている面接試験の頻出質問をまとめて紹介したいと思います。

質問集というだけでは雰囲気だけしかつかめないと思うので、回答方法(質問の意図)も併せて紹介していきますね!

公務員試験に共通してよくある質問集もまとめて紹介してるので、こちらも併せてお読みください。

公務員の面接試験でよくある質問集

頻出質問の説明する前に大事なポイントがひとつだけあります。

それは

「コンピテンシー型の面接試験が行われる」

という事です。

このコンピテンシー型の面接方式について理解することが面接攻略の第一歩です。

なのでまずはコンピテンシー型の面接方式について説明しますね!

他の試験の頻出質問集はこちらです。

国家総合職の質問集

労働基準監督官の質問集

市役所の質問集

【国家一般職の質問集】コンピテンシー型の面接試験とは?

最近は行動特性を見られるコンピテンシー型の面接方式が採用されています。

コンピテンシー型面接とは

ぺらぺら話すだけではなく、受験者がある壁にぶつかったときどのように考え、どのように行動してきたのか、また、どのように改善することができたのかなどを聞かれる受験者の行動特性を見られる面接試験の事です。

例えば、

「部活でキャプテンをしていた」というひとつの発言に対して

面接官が

「なぜキャプテンになったの?自主的に?それとも回りの人から推薦されたのか?」

「なにかつらいことはあった?」

「その壁をどう乗り越えた?」

このように行動特性を深く突っ込まれる面接方式のことをコンピテンシー型面接といいます。

要は面接カードに書いてある内容を深堀していき、どんな行動をしてきたのかというエピソードを聞かれるんですね!

では国家一般職の面接カードに触れてから、頻出質問集の説明に移りたいと思うので、簡単に面接カードの項目をチェックしていきましょう!

過去にしてきたエピソードについて深く突っ込まれるから、嘘は絶対にダメだぞ!

せんせい

なるほどね~!

自分が本当にやってきたことを書くのがベストってことだな。

ネコ23歳

【国家一般職の質問集】面接カードの記入事項とは?

今回は簡単に項目だけチェックしておきましょう。

面接もこの項目に沿って行われるということです。

とくに[これまでに取り組んだ活動や体験]のところで、質問がバンバン飛んでくるのできちんと準備する必要があります。

国家一般職の面接カードの書き方について知りたい方はこちらのページ(↓)を見てください!

【国家一般職の面接カード】これが俺の面接カードだ!『書き方・コツ』を知りたいヤツ全員集合!

だらだらと説明をしてしまいましたが、本題はここからです!

国家一般職の面接試験ではどんな質問がされるのか?

試験官はあらかじめ受験者が書いた面接カードをチェックするための時間が用意されているんですね。

ということで、面接カードに書いてある内容をそのまま話すような質問はしてきません!

例えば、

「学業や職務で頑張ったことは何ですか?」

「趣味や特技は何かありますか?」

このように面接カードに書いてある内容は質問してきません。

面接カードを見ればわかりますからね!

じゃあ何を聞かれるのかというと、基本的には”書いてある内容について深く突っ込まれる”という事です。

例えば、

「面接カードに~を工夫したと書かれていますが、これ以外に工夫した点はありますか?」

このように”面接カードに~と書かれていますが”という突っ込み質問がかなり多いです!

もちろん「長所と短所」「周りの人にどのような人と言われるか」「ストレス解消法は?」などの頻出質問もされることがあります。

公務員試験全般の面接質問集はこちら

【公務員の質問集】俺が面接でされた質問に俺が回答!

頻出質問というより、”頻出な質問のされ方といった方”がいいかもな。

実は質問のされ方に特徴があるんだ!

せんせい

それは気になるな!

早く教えてくれ!

ネコ23歳

国家一般職の面接でよくある質問と回答方法

一概に頻出質問というものを作ることはできませんが、

試験ごとに質問され方に特徴があります。

とくに国家一般職は面接カードからあまり脱線せずに面接をしてくれることが多いです。

今回はそれを踏まえて、

面接カードの項目

  • 志望動機
  • 学業や職務において
  • 社会的活動や学生生活において
  • 関心事項
  • 趣味・特技など
  • 自己PR

国家一般職の面接カードの記入事項(↑)に沿った頻出質問を紹介したいと思います。

ではさっそくいきますね!

【国家一般職の質問①】[志望動機]についての頻出質問

国家一般職の面接カードの志望動機は書くことができる文字数が限られているため、きっかけ程度しか書けないんですね。

なので志望動機に関しては簡単な質問が多いです。

  • なんで国家公務員を選んだの?
  • 志望動機についてもう少し詳しく教えて
  • なんで○○整備局を志望してるの?

このような簡単な質問からはじまることが多いです。

国家総合職の記事にも書きましたが、2次試験の面接では志望動機に関しては深く突っ込まれないことが多いんですね。

志望動機に関する細かい質問は2次面接に合格した後にある官庁訪問の時に行われます。

回答方法としては、

「説明会に参加してみて、○○という仕事・政策に興味を持った。」

「国民のためにはたらいていける○○という仕事内容にとても魅力を感じた。」

このような興味や魅力を感じた点に加えて

「今後は私も国家公務員として○○という仕事に携わり、国民が安心・安全に生活できるように活躍していきたい」

貢献していきたい、活躍していきたい、などのアピールもしておきましょう!

”なんで国家公務員なの?”という質問に対するキーワードはこの2つだ。

「大きな規模で働くことができる」

「様々な業務を体験できるから、自分が成長できる」

ネコ君も面接のときに活用してみてな!

せんせい

せんせいもたまにだけどいいこと言うんだよな!

使わせてもらうぜ!!

ネコ23歳

【国家一般職の質問②】[学業や職務において力を入れた体験]についての頻出質問

面接カードのこの項目は卒業研究など、何か目標を立ててそれを達成するために頑張ってきたことを書くのがが一般的です。

なので

質問ポイント

  • どのような目標を立てていたか(Plan)
  • 目標を達成するために工夫した点(Do)
  • 工夫した結果どうだったか(Check)
  • 何か改善する点はあるか(Action)
  • その経験から身に付いた力は
  • その力を今後どう活かせるか

この6点が主に質問されるポイントです。

PDCAサイクルに加えて、身に付いた力を今後どう活かしていけるのかといったところをきちんと準備しておく必要があります。

国家一般職の面接試験でも国家総合職の試験と同じようにこのPCDAサイクルに関する質問が多いです。

PDCAサイクルとは

行政政策や企業の事業活動にあたって計画から見直しまでを一貫して行い、さらにそれを次の計画・事業にいかそうという考え方ことで、

  • Plan(計画)
  • Do(実行)
  • Check(評価)
  • Action(改善)

この頭文字をとったものです。

なぜこのような質問が多いのかというと、理由は2つあります。

ひとつ目は”自己分析がきちんとできているのかを見抜くため”です。

そしてもうひとつは、”今後、公務員として活躍していけそうな行動特性があるかを見抜くため”です。

自分が面接カードに書いた体験についてはPDCAサイクルのエピソードをすべて用意しておくことが大事です。

また、それに加えて「どのような力が身に付いたのか」「それをどう活かしていけるのか」も頻出質問なので用意しておきましょう。

とくに工夫した点とその結果なんかはよく質問されているな。

きちんと準備しておく必要があるぞ!

せんせい

オッケー!

しっかりと準備しておくよ!

ネコ23歳

【国家一般職の質問③】[社会的活動や学生生活において力を入れた経験]についての頻出質問

面接カードのこの項目に書く内容はアルバイトや部活、サークルやボランティア活動などが一般的です。

どれもグループ活動ですよね。

この項目ではグループにおける受験者の立ち位置や行動特性を見られるんですね!

なので質問ポイントとしては、アルバイトやサークル活動を例にすると

質問ポイント

  • サークル内で何か意見が対立したことはあるか
  • サークル活動で大変だったこと、またそれをどう乗り越えてきたか
  • アルバイトで失敗した経験、またそれをどう乗り越えてきたか
  • アルバイトの経験から身に付いた力また、それを今後どう活かしていくか
  • サークル・アルバイト内での立ち位置
  • 周りの人に自分はどのような人と言われるか

このような質問が多くされています。

大変だったことや失敗したことをどのように乗り越えてきたというエピソードを聞かれることが多いです。

大変だったことや失敗したことに関してはPDCAサイクルのエピソードをすべて用意しておきましょう!

また、グループ活動における立ち位置や役職を聞かれることも多いです。

周りの人から見た自分の姿というものがきちんと把握できているのかというような”自分を客観視できるのか”というのも大事なポイントとなっています。

余裕がある人は友人などに聞いてみるといいと思います。

【国家一般職の質問④】[関心事項]についての頻出質問

この項目に関しては幅広い内容を書くことができるので、質問も幅広いです。

個人的には日頃興味を持って取り組んでいることを面接カードに書き、それについてしゃべるのがベストかと思います。

毎日続けているようなことならなんでもいいという事です!

スポーツでもいいですし、趣味でもいいってわけです。

日頃興味を持って取り組んでいることを選べば、エピソードを簡単に用意することができるので面接で話しやすくなりますよね!

もちろん、ニュースなどについてしゃべるひとはそのニュースについての自分の意見をしゃべればOKです。

とりあえず、ニュースに関する質問をまとめてみました。

質問ポイント

  • なにか関心があるニュースはありますか?(面接カードに書いてない場合)
  • なんでそのニュースに興味を持ってるか
  • そのニュースにどのような考えを持っているのか

このような質問ばかりなので、単純に興味があるニュースを用意して、それに対する自分の意見を用意しておけばいいだけです!

政治や経済、暗い話題のニュースは選んではいけないということだけ注意しておきましょう!

日頃興味を持って取り組んでいることに関する質問は、面接カードに書いてある内容について、単純に突っ込まれるという事です。

書いてあることによって質問も異なるので、頻出質問というものは用意することができませんが、趣味や特技に関することなら自分のフィールドなので、うまく受け答えができると思います。

かたく考えすぎずに、趣味や特技で今まで頑張ってきたことを思い出し、エピソードを用意しておきましょう!

まぁ日頃興味を持って取り組んでいることについて書いたからニュースについては聞かれないってわけじゃあないからな!

普通に「最近関心があるニュースは何かありますか?」って聞かれるからちゃんと用意しておくように!

せんせい

あぶねー!

そっちは用意しなくていいのかと思ってたよ。

ネコ23歳

【国家一般職の質問④】[趣味・特技など]についての頻出質問

日頃興味を持って取り組んでいることと少し被る部分もありますが、再度説明していきますね!

趣味や特技などに関しては面接官と会話のような感じになることが多いです。

例えば面接カードに「特技はバスケットボール」と書いたとします。

  • いつからやってるの?
  • どんなことを目標にやってたの?
  • なにか大変だったことはある?
  • 最近はどのくらいの頻度でやるの?
  • バスケットボールの魅力を説明してもらえる?

このような感じでポンポン質問がくるので、簡単に答えていけばオッケーです!

面接官も息抜きが必要ですからね!

”ちゃんと説明できるか”というものが見られているだけだと思います。

とりあえずスポーツ、趣味についての頻出質問をまとめてみました。

質問ポイント

  • ○○(スポーツ)の魅力は何か
  • ○○(スポーツ)部活内での立ち位置
  • ○○(スポーツ)を続けるモチベーション
  • ○○(スポーツ)で大変だったこと
  • 趣味はどの頻度で誰と楽しむのか
  • △△(趣味や特技)をはじめたきっかけ
  • △△(趣味や特技)をしたことで身に付いた力

自分が普段やっていることや、過去に力を入れていた部活のことならエピソードなんかも話やすいですよね!

自分が話しやすい趣味や特技を選んで気楽に回答していきましょう!

 

【国家一般職の質問⑥】[自己PR]についての頻出質問

自己PRも面接カードだけでは説明不足となってしまいますよね。

「1分間で自己PRしてください」

これって民間企業の面接でよくある質問のひとつですよね!

公務員の面接ではこのような質問をされる可能性は低いですが、1分間でしゃべれる内容のエピソードを用意しておけば、面接で突っ込まれたときでも対応できます。

1分間くらいでしゃべれる内容のエピソードは絶対に用意しておきましょう。

自己PRのポイント
  • 私の強み
  • やめたくなるほど大変だったこと
  • それをどう工夫して乗り切ってきたのか
  • 乗り切った自分についた力
  • それを今後どう活かしていきたいか

このようなリズムでしゃべっていくのがいいかと思います。

僕が実際に使った回答はこちらです。

「私の強みは物事に粘り強く取り組むことができるところです。研究活動において、測定をするのに1回12時間かかる研究を毎日続けていました。毎日続くとつらくて、投げ出したくなる時もありましたが、○○という目標を達成するために、粘り強く研究と向き合ってきました。その結果、○○という成果が得られ、学会で賞をいただくことができました。この経験から身に着けた私の粘り強さを今後も活かして活躍していきたいです。」

少し省略して書きましたが、口でしゃべるときはこれくらいの内容をしゃべりました。

質問ポイントとしては

質問ポイント

  • 具体的なエピソードはあるか
  • 今後その力をどのように仕事で活かしていけるのか
  • エピソードについての突っ込み

このような点があげられます。

面接カードに簡単なものしかかけていないので、具体的なエピソードを聞かれることが多いです。

そして、そのエピソードについていろいろ細かい突っ込みをされることもありますが、簡単に会話する感じで回答すればOKです。

公務員試験全般の面接質問集もあわせて読んでみてください!

【公務員の質問集】俺が面接でされた質問に俺が回答!

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です