2018/03/19

【国家一般職の試験に関する質問】気になる疑問を僕が解決します!公務員の知恵袋 Q&A

 

この記事を書いている人 - WRITER -

1年で公務員に一発合格した24才

周りの人みたいに真面目に就活できる気がしなくて公務員を志望。

公務員試験に関する情報を知ってるだけで難易度が一気に下がることを実感しました。

見て下さるみなさんが簡単に合格できるよう貴重な情報を拡散していきたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

国家一般職を目指すって人は世の中にたくさんいると思います。

でも国家一般職の試験について知らないと他の受験生よりも不利になってしまうこともあるんですね!

なので僕がこの記事を通して国家一般職の試験に関する気になることや疑問を解決していけたら!と思いまして

今回は国家一般職の試験に関する疑問をならべて、質問コーナーとして公務員試験に合格した僕が回答していきたいと思います!

俺も受験するつもりなんだけどわかんないこといっぱいあってさ!

教えてくれよな!

ネコ23歳

ちょうどいい機会だな。

今日はそんな国家一般職の試験に関する疑問を解決してもらおう!

せんせい

国家一般職の試験とはどんな試験か?

国家一般職の試験は1次試験、2次試験、官庁訪問の3段階で構成されています。

[1次(筆記)試験]

①教養多肢式試験

②専門多肢式試験

③専門記述(※小論文)試験

[2次(人物)試験]

④人物(面接)試験

[官庁訪問]

⑤省庁ごとの面接試験

この2次試験を突破した段階で国家公務員としての名簿に載ります。

でも名簿に載っただけでは採用ではないので注意が必要です。

最終的には官庁訪問と呼ばれる面接試験をクリアして、ようやく就職先がきまるってわけですね!

官庁訪問について詳しく知りたかったらこのページを見ておくんだな。

国家一般職の官庁訪問の対策方法とポイントまとめ

せんせい

この記事読み終わったらみてみるわ!

ネコ23歳

国家総合職と国家一般職の違いは?

僕が考える違いという点は2つあります。

1番の違いは”待遇の差”です。

やはり出世スピードに差が出てしまいますね。

そのせいで給料や年収といった点にも差が生じてしまいます。

もうひとつは”転勤地の差”ですかね。

基本的に国家総合職では転勤が全国区ですが、国家一般職の場合はそうでもありません。

国家一般職では全国を9ブロックに分けていて、基本的にはそのブロック内で転勤があるといった感じです。

例えば四国地域で受験した場合、転勤先はその四国のうちのどれかという事になります。

一般職の人はノンキャリアと言われていて、課長まで出世することがやっとだといわれているんだ。

せんせい

じゃあ将来は課長どまりなのか?

ネコ23歳

実はそういうわけでもないんだ。

就職したら実力の世界だから、実力がある人はちゃんと出世することができるぞ!

せんせい

国家一般職の試験では学歴は関係あるか?

多少関係がありますが、ほぼ関係ありません!

官庁訪問までは学歴を評価される機会は一切ないんですね。

官庁訪問と呼ばれる面接試験は、簡単に言えば○○省という名前の会社面接みたいなものです。

その官庁訪問(面接)の際に学歴をチェックされることがあります。

省庁ごとによって学歴の重要度は異なりますが、見られてないことはないと思います。

とはいっても公務員試験は実力の世界です。

学歴が低いからと言って、それだけで優秀な人材を切るようなことはしません!

よく「○○大学ですが国家一般職に合格できますか?」などの質問がありますが、もちろん合格できます!

受験者全員に平等なチャンスが与えられています。

どんな大学からでも関係なく合格できるので頑張って勉強していきましょう!

結局は実力が高い人が合格しているんだ!

せんせい

その実力が高い人っていうのが単純に学歴が高いだけってわけか!

俺も勉強頑張って実力をつけるぜ!

ネコ23歳

国家一般職の筆記試験の難易度はどれくらいか?

先ほども簡単に説明しましたが、筆記試験は次の3つがあります。

[1次(筆記)試験]

①教養多肢式試験

②専門多肢式試験

③専門記述試験

国家一般職の試験は基礎的な問題から出題されるので難易度はそこまで高くありません。

教養試験の難易度としては大学のセンター試験レベルです。

中には難しい問題もありますが、そんな問題は解けなくてもいいんです!

他の受験生もほとんど解けませんからね。

確実に解ける基礎的な問題をいかに落とさないか、これがポイントってわけです。

専門試験の多肢式・記述式(小論文)に関しても、過去問だけやっておけば大丈夫です。

それでも合格するためには勉強はある程度きちんとやらなければいけませんが、問題自体のレベルは決して高くはありません。

専門試験の難易度としては大学の授業の基礎の問題って感じのレベルです。

ですが勉強し始めのころはどうしても難しく感じてしまうものです。

確実に合格したいなら最低でも試験日の1年前からは勉強を始めることをオススメします。

国家一般職の試験は独学でも大丈夫か?

独学でも大丈夫です!

試験ごとにきちんと対策をしていくことができれば全く問題ないです。

そのために大事なのは「国家一般職の試験に関する情報」を入手することです。

「科目の中でも何を勉強して、何を捨てればいいのか」

「面接でどんな質問がされるのか」

「官庁訪問の対策方法は?」

これらもすべて”国家一般職の試験に関する情報”です。

情報を”知っているか・知らないか”、これだけで有利・不利がでてきてしまうんですね!

「自分じゃあ勉強のペースもわからないし、情報も講師に聞いた方が早い」って思い方は公務員講座に加入することをオススメしますし、

「自分で情報を集めて勉強していけそうだな」って思う方は独学が向いています。

僕も国家一般職の試験に関する情報をできるだけ記事にしているのでチェックしてみてくださいね!

国家一般職に関する記事

勉強方法に関する記事

このサイトの記事をすべて読んだけで公務員試験に関する情報がかなり手に入ったわ!

ネコ23歳

よかったな!

これでネコ君は他の人よりは有利ってことになるな!

せんせい

国家一般職と地方上級に両方受かった場合どちらを選ぶか?

この質問はよくありますね!

結局選ぶのは自分なので今回は特徴をそれぞれ紹介していこうと思います。

国家一般職の特徴

転勤がある

地上に比べて大規模な仕事ができる

国土交通省や経済産業省などと名前にかっこいいイメージがある

地方上級の特徴

地元(ひとつの土地)で働くことができる

国家公務員と比較して残業が少ない

給料も安定している

このような特徴があります。

公務員を目指す人は「やりがい」を求めている人よりも「地元で働いていきたい」と思っている人が多く、僕もその一人でした。

転勤が嫌な人は絶対に地方上級の自治体で働くべきだと思います。

逆にがつがつ働いていきたいって人は国家一般職の方が向いていると思います。

 

国家一般職で最終合格をもらった後の官庁訪問の倍率はどれくらいか?

これもよくある質問のひとつですね。

最終合格をもらった人は採用者名簿というものに記載されます。

官庁訪問の予約をしていない人を考慮すると倍率はだいたい2.0~2.5倍くらいとなります。

ですがこの値は行政職と技術職を合わせて割った値なので、それぞれ分けた値を紹介すると

官庁訪問の倍率

[行政職]

だいたい2.5~3.0倍くらい

[技術職]

だいたい1.5~2.0倍くらい

このような値となります。

行政職なら5人に2人くらい、技術職なら5人に3人くらい内定をもらえるといった感じです。

倍率について僕が詳しく書いているページがあるので、こちらも参考にしてみてくださいね!

国家一般職の倍率を徹底解説!

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です