2018/03/19

【国家一般職の倍率】本気でまとめてみた!試験倍率と官庁訪問の倍率について徹底解説!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

1年で公務員に一発合格した24才

周りの人みたいに真面目に就活できる気がしなくて公務員を志望。

公務員試験に関する情報を知ってるだけで難易度が一気に下がることを実感しました。

見て下さるみなさんが簡単に合格できるよう貴重な情報を拡散していきたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

今回は国家一般職の3年間の合格倍率を試験区分ごとに徹底解説していきたいと思います。

1次試験、2次試験の倍率に加え、官庁訪問の倍率を区分ごとに紹介しておきますね!

まずは簡単に区分について紹介していきたいと思います!

※このページはPC表示だときれいに見えます。

 

【国家一般職の倍率】まずは試験区分について解説!

国家一般職の試験区分は大きく行政職と技術職に分けられます。

行政区分は全国を10ブロックに分けて試験が行われていて、技術区分は職種ごとに分けられています。

右の数字は平成29年度の2次試験の合格予定者数を例として紹介しています。

ではさっそく行政区分と技術区分にわけで倍率を細かく解説していきますね!

【国家一般職の倍率】行政区分の合格倍率を徹底解説!

平成29年度の行政区分の倍率

かっこの中は女性の数を示しています。

試験区分 採用予定数 申込者数 受験者数 1次合格者数 1次試験倍率 2次合格者数 倍率
北海道 170 1138 (348) 893 524 (156) 1.70 375 (124) 2.38
東北 170 1826 (676) 1407 620 (233) 2.27 406 (158) 3.47
関東甲信越 700 12200 (4442) 8427 2608 (828) 3.23 1724 (637) 4.89
東海北陸 270 3056 (1192) 2457 1036 (390) 2.37 691 (295) 3.56
近畿 330 3987 (1529) 2963 965 (366) 3.07 664 (274) 4.46
中国 150 1669 (612) 1338 549 (181) 2.44 432 (156) 3.10
四国 90 1114 (459) 872 303 (121) 2.88 199 (87) 4.38
九州 240 3141 (1265) 2501 732 (274) 3.42 504 (205) 4.96
沖縄 60 921 (408) 737 187 (61) 3.94 128 (47) 5.76

 

平成28年度の行政区分の倍率

かっこの中は女性の数を示しています。

試験区分 採用予定数 申込者数 受験者数 1次合格者数 1次試験倍率 2次合格者数 倍率
北海道 140 1114 (324) 871 565 (154) 1.54 347 (106) 2.51
東北 150 2029 (759) 1617 676 (230) 2.39 461 (172) 3.51
関東甲信越 620 12233 (4384) 8838 2723 (897) 3.25 1805 (695) 4.90
東海北陸 220 3190 (1195) 2588 1164 (434) 2.22 782 (330) 3.31
近畿 300 4284 (1498) 3204 1008 (346) 3.18 709 (281) 4.52
中国 120 1674 (607) 1367 515 (189) 2.65 390 (156) 3.51
四国 80 1196 (486) 947 341 (144) 2.78 227 (107) 4.17
九州 210 3306 (1315) 2574 782 (280) 3.29 534 (209) 4.82
沖縄 60 1017 (469) 803 206 (80) 3.90 164 (70) 4.90

 

平成27年度の行政区分の倍率

かっこの中は女性の数を示しています。

試験区分 採用予定数 申込者数 受験者数 1次合格者数 1次試験倍率 2次合格者数 倍率
北海道 100 1045 (303) 796 408 (125) 1.95 295 (102) 2.70
東北 120 1908 (671) 1503 618 (197) 2.43 406 (139) 3.70
関東甲信越 970 12548 (4387) 8943 2969 (923) 3.01 1985 (710) 4.51
東海北陸 220 3090 (1115) 2454 1077 (356) 2.28 752 (278) 3.26
近畿 260 4207 (1461) 3137 913 (284) 3.44 632 (227) 4.96
中国 110 1880 (677) 1533 526 (189) 2.91 361 (144) 4.25
四国 60 1132 (463) 913 273 (106) 3.34 183 (81) 4.99
九州 150 3288 (1274) 2553 628 (209) 4.07 403 (148) 6.33
沖縄 40 909 (404) 737 178 (64) 4.14 120 (46) 6.14

 

考察とポイント

国家一般職の試験も国家総合職の試験と同じように、採用予定者数と最終合格者数を見てみるとどの区分も予定者数の平均2.5倍くらい多めに採用していることがわかります。

そして、気になった申込者数に対する受験者数の割合ですが

過去3年間の申込者数の合計が89102人、受験者数の合計が66973人ということで、割合で表すと約0.751倍という結果になりました。

簡単に説明すると、4人申し込んだら3人しか受験しに来ないということです。

1次試験の合格者の中でも辞退者や受験しに来ない人を加味すると、

行政区分のほうもやはり実際の最終倍率は赤文字の数値に0.7~0.8をかけた数値だと考えられます。

倍率にもビビらないようにしていきましょう!

女性の割合に関しては

H27 約36.5% ⇨H28 約39.2% ⇨H29 約38.7%

このような結果となりました。

やはり行政職は女性が多い傾向にありますね!

 

【国家一般職の倍率】技術区分の合格倍率を徹底解説!

平成29年度の技術区分の倍率

かっこの中は女性の数を示しています。

試験区分 採用予定数 申込者数 受験者数 1次合格者数 1次試験倍率 2次合格者数 倍率
電気・電子・情報 210 743 (69) 491 387 (31) 1.27 287 (23) 1.71
機械 110 426 (20) 285 223 (13) 1.28 161 (8) 1.77
土木 330 1693 (244) 1292 1105 (159) 1.17 758 (120) 1.70
建築 50 361 (118) 260 219 (80) 1.19 132 (55) 1.97
物理 130 394 (70) 289 218 (37) 1.33 173 (28) 1.67
化学 50 756 (239) 487 211 (51) 2.31 127 (38) 3.83
農学 80 920 (409) 703 282 (117) 2.49 181 (82) 3.88
農業農村工学 50 288 (100) 234 160 (55) 1.46 100 (37) 2.34
林学 80 509 (191) 412 253 (95) 1.63 163 (61) 2.53

 

平成28年度の技術区分の倍率

かっこの中は女性の数を示しています。

試験区分 採用予定数 申込者数 受験者数 1次合格者数 1次試験倍率 2次合格者数 倍率
電気・電子・情報 230 780 (67) 541 451 (40) 1.20 351 (32) 1.54
機械 110 396 (29) 286 250 (19) 1.14 199 (17) 1.44
土木 350 1815 (239) 1446 1137 (133) 1.27 766 (91) 1.89
建築 70 266 (107) 186 144 (54) 1.29 100 (41) 1.86
物理 130 381 (59) 280 221 (28) 1.27 174 (21) 1.61
化学 50 739 (214) 496 175 (34) 2.83 99 (23) 5.01
農学 80 854 (345) 674 283 (119) 2.38 166 (79) 4.06
農業農村工学 40 248 (68) 201 187 (56) 1.07 119 (40) 1.69
林学 70 476 (179) 376 318 (123) 1.49 190 (78) 1.98

 

平成27年度の技術区分の倍率

かっこの中は女性の数を示しています。

試験区分 採用予定数 申込者数 受験者数 1次合格者数 1次試験倍率 2次合格者数 倍率
電気・電子・情報 235 666 (54) 459 418 (32) 1.10 323 (28) 1.42
機械 105 381 (31) 261 239 (20) 1.09 187 (15) 1.40
土木 325 1727 (255) 1427 1254 (193) 1.14 892 (150) 1.60
建築 105 264 (94) 180 162 (58) 1.11 109 (43) 1.65
物理 125 338 (56) 240 226 (35) 1.06 172 (30) 1.40
化学 50 758 (234) 505 192 (49) 2.63 99 (25) 5.10
農学 75 852 (339) 678 267 (90) 2.54 177 (64) 3.83
農業農村工学 45 243 (85) 219 198 (73) 1.11 109 (42) 2.01
林学 70 404 (139) 336 258 (83) 1.30 142 (49) 2.37

 

考察とポイント

国家一般職の試験も国家総合職の試験と同じように、採用予定者数と最終合格者数を見てみるとどの区分も予定者数の平均2倍くらい多めに採用していることがわかります。

ぱっとみて感じたのは1次試験の倍率の低さですね。

受験しに来た人がほぼ1次試験を通過しているという現状にありますね。

そして、気になった申込者数に対する受験者数の割合ですが

過去3年間の申込者数の合計が17678人、受験者数の合計が13244人ということで、割合で表すと約0.749倍という結果になりました。

簡単に説明すると、4人申し込んだら3人しか受験しに来ないということです。

1次試験の合格者の中でも辞退者や受験しに来ない人を加味すると、

技術区分のほうもやはり実際の最終倍率は赤文字の数値に0.7~0.8をかけた数値だと考えられます。

倍率にもビビらないようにしていきましょう!

女性の割合に関しては

H27 約20.2% ⇨H28 約19.5% ⇨H29 約21.7%

このような結果となりました。

僕が想像していたよりは多い結果でした。

だいたい5人に1人くらいが女性ですね!

 

【官庁訪問の倍率】合格倍率を徹底解説!

官庁訪問の合格倍率って検索しても詳しく出てきませんよね。

実は公務員白書に記載されているんですね。

今回は平成27年度の試験を参考に官庁訪問の倍率をチェックしてみましょう!

平成27年度 名簿記載者数 採用者数 倍率
国家一般職 7347 (2321) 2863 (951) 2.56

名簿記載者数というのは2次試験合格の資格を持っている人の数で、簡単に言うと官庁訪問を受けることができる人のことです。

この表からもみてわかる通り、だいたい5人に2人くらいが合格できるというわけですね。

技術区分の方の倍率が平均して1.5倍前後だと考えられるので、行政区分の方が少し難しく、倍率が高くなってしまうと思います。

倍率ってだいたいこのくらいなんだな~といったイメージとして参考にしてみてくださいね!

これで国家一般職の倍率についての説明は終わりです。

おつかれさまでした!

この記事を書いている人 - WRITER -