2018/03/19

【小論文・集団討論の頻出テーマ】一発合格の俺が教える本当に大切な3つのテーマ!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

1年で公務員に一発合格した24才

周りの人みたいに真面目に就活できる気がしなくて公務員を志望。

公務員試験に関する情報を知ってるだけで難易度が一気に下がることを実感しました。

見て下さるみなさんが簡単に合格できるよう貴重な情報を拡散していきたいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

今回は集団討論と小論文の頻出テーマについて詳しく解説していきたいと思います。

集団討論と小論文は採点方法も似ているのでテーマが同じようなものなんですね。

そんな集団討論と小論文の対策方法として”頻出テーマで練習する”というやり方があります。

過去問として頻出テーマを利用するということですね。

実際の出題も頻出テーマから少しだけずらして出題されることが多いので、頻出テーマで練習するやり方が一番効率のよい対策方法なんですね!

最近、市役所などの地方上級試験では、実際にある市役所の問題に対して、「あなたの考えを述べなさい」という自己作文型の論作文方式を採用している自治体が多いです!

市役所の集団討論や小論文なので、公務員としての素質をみていかなければならないので、このようなテーマが多いんですね。

では頻出テーマについてまとめたものを紹介していきます!

行政区分と技術区分では集団討論や小論文のテーマが異なる場合があるので、今回は行政区分と技術区分に分けて頻出テーマを抜粋して紹介していきたいと思います。

基本的には公務員の小論文ということでテーマのジャンルは似たようなものなので行政と技術どちらもチェックしてくださいね!

集団討論の小論文のポイントについてはこの(↓)ページにまとめてあります。

集団討論のポイント

小論文のポイント

公務員試験の小論文なんて大したことないよ。

ジャンルごとに解決策を用意しておけばいいだけなんだからね!

せんせい

決め打ち作戦ってことだな!

じゃあジャンルごとにどんなテーマが出題されているのかチェックしないとな。

ネコ23歳

市役所の小論文・集団討論の頻出テーマまとめ 行政

まずは頻出テーマをジャンル別に分けるとこのようになります。

頻出テーマ 行政
  1. 公務員・行政一般
  2. 地域復興・地域活性化
  3. 土木・交通対策
  4. 産業・労働
  5. 福祉・保険
  6. 子育て
  7. 教育
  8. 環境問題
  9. 防災
  10. 生活

行政職の頻出ジャンルは1公務員・行政一般、2地域復興・地域活性化、9防災です。

ではいきます!

頻出ジャンル 公務員・行政一般の過去問

自分の強みや弱み、経験、また、理想の公務員像や公務員倫理などの公務員全般の分野です。

①理想の公務員像とは。あなたの考えを述べよ。

②あなたの将来の目標について自由に述べよ。

③チームワークについて、あなたの考えを述べよ。

頻出ジャンル 地域復興・地域活性化の過去問

この分野は市や県の魅力、観光を地域復興・地域活性化にどういかしていくかといった出題が多いです。

①地域の活性化を図るために、県が取り組むべき施策について、あなたの考えを述べなさい。

②本県には他地域に誇るべき地域資源が数多く存在している。そうした地域の宝を地域の活性化につなげていくためにはどうしたら良いか、具体的な例をあげ、あなたの考えを述べなさい。

③地域の魅力発信方法の1つとして、「地域ブランド」に係る取組みが全国の自治体で盛んになっており、数多くの「地域ブランド」が存在するようになってきている。このような状況の中、ブランドとしての価値をより高めるにはどのようにしたらよいか、あなたの考えを論じなさい。

頻出ジャンル 防災の過去問

危機管理、災害対策、安心安全のまちづくりなどの防災に関する分野です。

①安全で災害に強い地域づくりについてあなたの考えを述べよ。

②東日本大震災で被災した地域のために市としてできることはないか。

③県民に「安全・安心」を実感してもらうため、あなたが県職員となったとき、何を目指し、どのような取組をしたいか、行政職の公務員の立場からあなたの考えを述べなさい。

市役所の小論文・集団討論の頻出テーマまとめ 技術

まずは頻出テーマをジャンル別に分けるとこのようになります。

頻出テーマ 技術
  1. 公務員・行政一般
  2. 地域復興・地域活性化
  3. 土木・交通対策
  4. 産業・労働
  5. 福祉・保険
  6. 子育て
  7. 教育
  8. 環境問題
  9. 防災
  10. 生活

技術職の頻出ジャンルは1公務員・行政一般、3土木・交通対策、9防災です。

ではいきます!

頻出ジャンル 公務員・行政一般の過去問

自分の強みや弱み、経験、また、理想の公務員像や公務員倫理などの公務員全般の分野です。

①これから挑戦したいことについて、あなたの考えを述べよ。

②地方自治体が直面している課題を一つ挙げ、その背景や対応策について論じなさい。

③あなたの強みと、それを今後市の職員としてどのように活かしていけるのか、自由に述べよ。

頻出ジャンル 土木・交通対策の過去問

道路や鉄道といったインフラ設備全般の分野です。

①市民にとって望ましいインフラの整備とはどうあるべきか、あなたの考えを述べなさい。

②コンパクトシティを実現するための課題とその対応策についてあなたの考えを述べなさい。

③近年、公共インフラの老朽化が問題になっている。自治体の予算が厳しい中、市職員としてどのようにしていくべきか書け。

頻出ジャンル 防災の過去問

危機管理、災害対策、安心安全のまちづくりなどの防災に関する分野です。

①近い将来、高い確率で予想されている大規模地震の被害を最小限に抑えることが重要である。そのために今取り組むべきことについて、あなたの考えを論じなさい。

②東日本大震災後の本県の現状を踏まえ、復興に向けて優先的に取り組むべき課題とその対応策について、あなたの考えを述べなさい。

③県民の安全・安心な暮らしを実現するために県が取り組むべき課題を1つ挙げ、受験する職種の観点から、その解決のための施策について、あなたの考えを述べなさい。

市役所の小論文・集団討論 重要ポイントまとめ

作文テーマは自治体の抱えている問題をそのまま問題として出題するパターンが多いです。

僕が受験したときも市役所が現在進行しているの政策がテーマでした。

地域ごとに抱えている問題も違うので、そういった問題に今後公務員としてどのように行動してくのか、こういった点が見られるのだと思います。

ジャンルごとになにか一つ自分の武器となる解決策を用意しておいて、それをテーマの解決策としてうまく結びつける書き方が非常に書きやすいと思います。

例えば、

ジャンルが地域復興・地域活性化 ⇨ 地域のよさを伝えるために①都市に移住支援センターを設ける。②移住の支援金に力を入れる。

ジャンルが土木・交通対策 ⇨ インフラ施設を効率よく点検するために①予防保全と事後保全とに区分して保全を行う。②ドローンなどの最新技術をつかって点検の効率化をはかる。

このように答えをあらかじめ用意していれば、似たようなテーマだった時に書きやすいですよね!

実際にどのジャンルが出題されるかわからないので、ジャンルごとに解決策を用意しておけば絶対に小論文は乗り切れると思います。

その情報収集のためにも市役所のホームページにある「市政情報」のところは、すみからすみまでチェックしておきましょう!

また、技術職の場合は仕事内容に関するこまかい内容がテーマとなって出題されることもありますので、ホームページから過去問のPDFを見て出題傾向をチェックしておきましょう。

これで小論文・集団討論の頻出テーマの説明はおわりです。

おつかれさまでした!

なんか国語苦手な俺でもできる気がしてきたよ!

ネコ23歳

結局は準備したか準備していないかの差だけだからな。

ネコ君はちゃんと準備して試験に臨むようにな!

せんせい

この記事を書いている人 - WRITER -