2018/07/15

教養科目は10個以上捨ててOK!公務員試験の対策は実はこんなに簡単!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

1年で公務員に一発合格した24才

周りの人みたいに真面目に就活できる気がしなくて公務員を志望。

公務員試験に関する情報を知ってるだけで難易度が一気に下がることを実感しました。

見て下さるみなさんが簡単に合格できるよう貴重な情報を拡散していきたいと思います。

公務員試験面接対策

この記事を書いている人 - WRITER -
公務員合格を応援・サポートする現役公務員

公務員試験を乗り越えた僕が本当に伝えたいこと!

地方上級の教養試験は捨て科目を作るだけでこんなに簡単になります!

せんせい!やっと机とイス、それにスタンドライト届いたよ!でもなるべく勉強したくないんだ!よろしくたのむよ。

ネコ23歳

わかっておる。ではまず出題範囲からきちんと確認しよう!

せんせい

公務員合格のために!教養科目の内訳を細かくチェックしてみよう(地方上級)

教養試験の捨て科目を解説!公務員試験突破の近道!1

地方上級(市役所など)の教養試験は一般的に上のような内訳で試験問題が出題されます。

自治体ごとに試験科目の振り分けや問題数が違う場合があるので、確認してみてください。

出題科目だけみると、もう逃げ出したくなりますよね。

ですが取るところだけきちんと点を取れればいいんです。

次の項目でそれを紹介します。

かなり科目が多いな。見ただけでやる気が失せるな。どれから勉強していいかわからないぞ。

ネコ23歳

だが実は勉強しなければならない科目はかなり少ないんだ。効率の悪い問題バサバサ切ってくぞ。

せんせい

教養科目を効率良く勉強するコツとは?(地方上級)

はじめに言っておくと地方上級の教養試験と呼ばれるもの、そもそも重要度がかなり低いんですね。

教養科目を効率良く勉強するコツ、それは思い切って嫌いな科目や苦手な科目を捨てること、それに数的推理・判断推理を勉強するということです。

40点満点で実力だけで12点(50点満点なら実力で15点。)取れるようになれば合格ラインだと思っていいです。

ちなみに私は、英文、古文、法律、社会、日本史、世界史、地理、文学・芸術、生物、地学は捨てたよ。全部適当にマークしたよ。それでも筆記試験は全部通過したんだよ。

せんせい

えー!?教養科目ってそんなにたくさん捨てても大丈夫なんだな。

ネコ23歳

うん。その分、数的推理や判断推理、現代文や時事問題はちゃんと勉強したからね。

せんせい

そもそもこの教養試験、解く問題は40問もあるのに試験時間が120分しかないんですね。(自治体ごとに問題数も試験時間も異なる。)

単純に1問あたり3分だけしか使えないという事になります。ゼロからスタートしている人間が全問解こうなんてそもそも無理に等しいんですね。

そう、教養試験は時間との勝負なんですね。解けそうな問題に時間を費やし、解けない問題だと判断したら適当にマークしておけばいいんです。

すべて5択なんだから5回に1回は適当にマークしても当たりますしね。

教養試験でズバリおさえるべき科目はコレ!

教養試験はこんなに捨てても大丈夫!公務員試験突破への近道2

1.判断推理、数的推理、資料解釈 13問前後

2.現代文 3問

3.時事問題2~3問 (時事問題の出題がない場合もありますが、勉強しておくと国家公務員の教養試験や面接などでも使えるので便利です。)

4.物理 計1問 (工学の基礎を勉強していると、自然と点が取れる。)

5.おまけに好きな科目や得意な科目が一つあったら文句なしですね。英語が好きな人は英語をやればいいし、歴史が好きな人は日本史を勉強するといいでしょう。

そしてアンダーラインの引いてある科目は、基本的には時間を使えば答えが導ける問題なんですね。

この1~5までの中で、実力で12点取れる勉強の仕方をすれば、筆記は余裕で通過できます。

これだけで十分なんです。とりあえずは、判断推理、数的推理、資料解釈をきちんと勉強しましょう。

数的推理、判断推理、資料解釈は何故こんなに出題数が多いの?

判断推理、数的推理、資料解釈、これらは絶対に勉強しなければならない科目だといえます。

その理由は、公務員試験は頑張った人が報われる試験だからです。

おもしろいことに、この判断推理と数的推理、それに資料解釈という科目は東京大学在学だけど勉強してないA君より、頭の悪いけど必死に勉強したB君の方が点が取れるんですね。

頑張って勉強して16問前後あったとしたら実力で10点くらいは取れるようにしたいですね。

数的・判断・資料で10点、現代文で2点、時事問題で1点、物理で1点、得意な科目で1点 合わせて15点。これくらい実力でとれるようにイメージしていきましょう。

なるほどね。判断推理と数的推理、それに資料解釈を主に勉強すればいいわけね。

ネコ23歳

うむ。それらは習得に時間がかかるからな、1日10ページと決めて毎日勉強したほうがいいぞ。

せんせい

教養試験の重要度って?

教養試験自体の重要度がどれくらいなのかわかりやすく図で解説してみます。

市役所の配点表!採点比率を紹介!

このように地方上級の試験は基本的に教養、専門、論作文それに面接試験に分かれていますが

イメージで書くと、 面接>>> 専門 ≒ 論作文 > 教養

とまぁこんな感じの重要度になってしまうんですね。

それに市役所の場合は、人物重視型の試験がかなり増えていまして、

40点満点で40点取る人と12点取る人、どちらも合格は合格という考え方で、そこから同じ立場での面接試験への切符がもらえる「リセット方式」というのが流行っていますので、意気込み過ぎないように注意が必要です。

地方上級の教養試験での足切りって何点?

40点満点の試験なら12点が足切り点となります。(50点満点なら15点)

では足切りとは何なのか。具体例を挙げて説明してみますね。

まず教養試験を課しているということは、受験生に最低限の教養が身についているか知りたいということになります。

仮にどれだけ専門試験に自信があって、論作文もうまく書ける。さらに面接試験も得意だ、という人が受験しても教養試験が合格点に満たしていなければその人は不合格が確定してしまうんです。

例えば、教養試験試験が40点中0点、専門試験が40点中40点満点、論文試験も満点のAさんでも教養試験のボーダーを超えられていないので、不合格となってしまいます。

教養試験が40点満点中20点、専門試験が40点満点中20点、論文試験も普通評価のBさんは合格となります。

簡単に言うと、足切り=ボーダー という解釈でいいと思います。どれか一つでもボーダーを超えられなかったらその時点で不合格になってしまうということです。

でも安心してください。5択の試験にもかかわらず足切りは一般的に30%とかなり低い設定にされています。

教養科目でおすすめの参考書

どの教養試験においても一番重要とされる数的推理と判断推理。

この2教科はこの2冊でなんとかなります。

「畑中敦子の数的推理ザ・ベストプラス」 重要度 ★★★★★

畑中敦子の数的推理ザ・ベストプラス【第2版】

新品価格
¥1,944から
(2018/7/15 22:09時点)

「畑中敦子の判断推理ザ・ベストプラス」 重要度 ★★★★★

畑中敦子の判断推理ザ・ベストプラス【第2版】

新品価格
¥1,944から
(2018/7/15 22:10時点)

そして、抑えたい科目でも上位に入る「現代文」と「資料解釈」はこの1冊。

「新スーパー過去問ゼミ5 文章理解・資料解釈」  重要度★★★☆☆

公務員試験 新スーパー過去問ゼミ5 文章理解・資料解釈 (公務員試験新スーパー過去問ゼミ)

新品価格
¥1,944から
(2017/10/15 20:36時点)

実際に過去に出題された問題を勉強することができる。重要度★★★★★

⇧の新スーパー過去問ゼミ5 文章理解・資料解釈を買わなくてもこれさえあれば何とかなる、そんな一冊

地方上級 教養試験 過去問500 2019年度 [大卒用] (公務員試験 合格の500シリーズ6)

新品価格
¥2,808から
(2018/7/15 22:14時点)

時事問題も重要度★★★★★ですが、対策本は毎年2月頃に販売されるので、その際更新します。

※本格的な時事問題の対策は2月から行えばOKです。

それまではニュースを見ておく程度で大丈夫です。

★5こばかりですが、要はすべて重要ということです。これだけは最低でも全部買っておきたい参考書ですね。

逆に言えばこれ以外の参考書はいらないということです。(あくまで私の偏見ですが。)

まとめ 教養科目で毎日やるのは3つだけ!

結局毎日勉強したほうが良いのは、数的推理、判断推理、資料解釈だけですね。

1日10ページと決めて、毎日解くのが好ましいです。

例えば、月~金は数的推理・判断推理などを、土日は現代文や得意科目などを勉強すると良いですね。

現代文や得意科目などは、過去問を解くのが効果的です。

そして時事問題の勉強方法はニュースを見るのが一番です。ニュースをチェックする習慣をつけましょう。

国家公務員編とほとんど同じですが合格するための教養試験の重要度だけが異なります。

国家系の教養試験のページもチェックしてみてください。

地方上級の試験はやっぱり面接が大事だから、ある程度安定して点が取れるようになったら、論文や面接試験の対策に時間を使うようにしよう。

せんせい

 

この記事を書いている人 - WRITER -
公務員合格を応援・サポートする現役公務員
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Comment

  1. 通りすがり より:

    知能(数処)ができるのであれば苦労はいらない。
    たいていが中学受験経験者とも聞く。
    そのような経験もない人が、上記のやり方でやれば撃沈する。
    何度やっても数的が得意になれず、苦手で終わってる人も実際に出てきている。そういう人は、数的少々+知識でできそうなところでカバーするしかない。
    上記のやり方をまったくの素人がやるのは危険行為&突破不可能。
    内容が極端すぎる。

    • koumuinyarou より:

      コメントありがとうございます。
      数的処理という科目は’’解法を覚える”科目です。
      「何度やっても」の「何度も」という部分が人それぞれ異なるのは確かですが、苦手だという人の多くは参考書を5週も回していないような人に多く共通しているものだと思います。
      もともとセンスがある人もいれば、センスがない人もいるのはもちろんのことです。
      ですが数的処理という科目が勉強したら勉強した分だけ実力に結びつくのは確かな事です。
      もちろん、自分の意見がすべてではないですし、参考程度にしていただけたらかと思いますが、
      問題集を20周もやったのに数的処理の問題は苦手で、問題を見るだけで吐き気がする、というような方は自分でボーダーラインを超える戦略を考えるしかありませんね。
      そもそも数的処理をある程度捨てる覚悟で臨むのであれば、通りすがりさんの言うように、数的少々+知識で点を稼ぐのももちろん素晴らしい意見だと思います。
      そこら辺の判断は自分でしていただけたらかと思います。
      それと地頭のことに関して言うならば、中学受験を経験している人は、”その時に一生懸命勉強していたから公務員試験の時にもその知識が使える”のであって経験がないから撃沈するというようなことは一切ありません。
      中卒で合格している人もいれば院卒で合格できない人もいます。
      自分が知っている合格者のほとんどは中学受験者ではありませんし、公務員試験自体実力勝負の世界です。
      中学受験したから受かりやすい、なんてことはありません。
      もちろんその時に勉強しているので、多少有利であることには変わりはありませんが。
      長々と書いてしまってすみません。

  2. 坂本・龍馬 より:

    覚えたら取れる部分を取らないのはかなり勿体ないし、貴殿の場合はかなり極端な成功例だと思います。なぜなら教養科目は先ほども言いましたが、覚えれば取れる科目だからです。つまり教養科目暗記した取れる=合格する可能性が上がるということです。しかも、貴殿みたいに数処を完璧に仕上げる人はかなり少ないと思いますし、なぜなら、数処や教養科目を比べた場合明らかに難易度が違うためです。そのため貴殿のその方法はかなりごく一部の人向けとしか捉えざるを得ませんでした。長文失礼しました。

    • koumuinyarou より:

      コメントありがとうございます(^^)
      自分の記事が多少極端なのは承知の上です。
      万人受けしないような記事で申し訳なく思います。
      この記事は実力で12/40点取れるように勉強してもらうために作った記事です。
      最近の地方上級試験は人物を重視し、筆記試験の配点は低い傾向ににあります。
      その上『リセット方式』などを採用している自治体も多くあるので、重要度が高い部分だけ勉強していれば筆記は通過できるよ、というのを紹介したくてこの記事をつくりました。
      もちろん点を取る方法が人それぞれ異なるのも承知しています。
      坂本さんのように自分の考えをもって勉強できている人はそれでOKだと思います!
      この記事自体、私自身の意見を多く取り入れすぎているので、良くない点も多いかと思いますが、参考程度という事でご了承していただけたら幸いです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です